うつは予測できないのか

うつは予測できないのか

 

 

 

 

 

 

うつは確かに予測>できないことも多いようです。
実際にはうつの予兆はあります。
しかしそれを見逃してしまっていることが多く、
気付いたときにはうつがもう発症していたということも
多いのです。

 

 

 

うつは心の中で処理できないことでいっぱいいっぱいに
なってしまいますが、これ以上は無理という限界は自覚
できないことが多く、知らないうちにうつに近づいて
いきます。

 

 

 

予兆を感じたときも実はうつになりかけているか、
発症していることもあるのです。
しかし早いうちならいろいろな方法で悪化することなく
良い状態に戻すこともできると言われています。

 

 

 

まず、うつには約4段階に分けることができます。
プレうつとも言われているものは、うつの前段階とも言える状態で、
リフレッシュするだけでも改善することができます。

 

 

 

そして次に軽度うつがあります。
うつではあるものの、仕事や家事もなんとかこなすことができる
状態です。
短期の休暇やリフレッシュなどでも改善できる程度と
言われています。

 

 

 

次に中度うつというものがあります。
この辺になると仕事はできない状態になり絶望間が強く、
外にもあまり出たくなくなったりしていき人間関係も避けるように
なってくとのこと。

 

 

 

そして重度うつになりますが外に出ることもなくなり、
部屋からも出ないことも多くなります。
人間関係も避けるようになり風呂も入らなくなり歯磨きも
しなくなることも。

 

 

 

自分にも人にも興味がなくなり、ただ重い心で本人はとても辛い
気持の毎日となります。
睡眠障害もひどくなり朝まで起き、昼から寝るようになることが
多くなるとのこと。

 

 

 

回りの人は自殺なども注意しておかないと危険な状態のときも
あります。
今ならまだ間に合うという軽度までの予兆としては、
今まで楽しめていたことが楽しくなくなる。
楽しいという気持がなくなり、思考力も低下していき、
そして意欲もなくなり、目標もなくなり努力などもできなく
なります。

 

 

 

睡眠障害が出てくるので、睡眠不足にもなりやすく、
いつもボーッとする時間が増えます。
このような予兆出たら、まずリフレッシュして休暇を取るように
しましょう。
まだまだ改善できる状態です。


スポンサーリンク

 

うつは予測できないのか関連ページ

”うつ”と発達障害!90%の親御さんが知らない意外な関係とは?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
実は優等生ほど危ない?発達障害
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
危険!発達障害を見逃すと”うつ”や不登校になる
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
ブッシュマンに学ぶ ”うつ”予防!?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
"うつ”とオメガ3脂肪酸の決定的な関係とは?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
子どもが”うつ”になりやすい環境を、大人が作ってしまっている!?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
セロトニン不足と”うつ”の危険な関係とは?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
知らなかったでは済まされない!家庭環境から子どもの”うつ”が生まれる!
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
”うつ”を知り”うつ”になりやすい環境と要因に注意する!
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
”うつ”予防の特効薬はコーヒー!?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
コーラを飲むと”うつ”になる!?ダイエットコーラの危険性とは?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
”うつ”になるハンバーガーセット トランス脂肪酸の塊。
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
超簡単”うつ”予防は、幸せホルモン、セロトニンを増やすこと。
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
実は驚くほど簡単にできる!"うつ"の予防
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
イタリア人は”うつ”になりにくい!食事のオリーブオイルが予防の決め手に!?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
うつ病には飲酒は厳禁、発症前では予防効果?
目に見えない”うつ”の元凶には 見えないアロマの香りが効果絶大!?
うつ気味や頭が回らない時は、次の手をすぐに!!
鬱になりそうな時は”真面目具合”を調整する
お酒でうつ予防!?リラックス効果で緊張を緩和する
うつ病を患うきっかけは、ほんの小さなきっかけの蓄積から
鬱にならない体質を作るには
うつや他の精神病の原因のひとつに、栄養不足が考えられます。
あくびはうつ病の初期症状

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法