鬱による睡眠薬の副作用について

鬱による睡眠薬の副作用について

 

 

 

 

 

 

鬱病になると睡眠のトラブルは付いて回ります。
そんな中でどうしても眠れない場合は睡眠薬
処方されることがほとんどです。

 

 

 

しかしそれによっていろいろな副作用が起こると
言われています。
もともと睡眠薬は脳の中枢神経を強制的に眠らせるというもの。

 

 

 

しかし昔のように飲み方を間違えると命を落とすような
副作用は無いと言えます。
特によく使われるものにはハルシオンがありますが、
もちろん睡眠薬の種類はとても多いのでハルシオンだけでは
ありません。

 

 

 

特に鬱病では睡眠障害が深刻なので、どうしても睡眠薬に
頼りがちになります。
副作用として依存性がとても強いものが多く、
肝臓に負担をかけると言われています。

 

 

 

また脱力感が強くなり、余計何もやる気が起きないという
ことになりかねません。もちろん睡眠薬を飲んでも鬱病の
治療にはまったく関係ありません。

 

 

 

副作用のひどいものになると夢遊病のように寝てから、
自覚なくものを食べるという行動を起こすこともあります。
また起きても頭がボーッとしているなど、
さまざまな副作用が出ることもあるようです。

 

 

 

またいくら鬱病でももし妊娠しているときには、
医師に相談し少しでも飲まないようにしなければなりません。
また自然に改善するために、セロトニンを分泌させる
サプリを飲む方法もあります。

 

セロトニンが生成されるときに睡眠ホルモンのメラトニンも
生成されます。
セロトニンが生成されるために、その材料となるのが
トリプトファンというアミノ酸ですがこれをサプリで
摂取します。

 

それによってセロトニン生成ができればメラトニンも
生成され自然に睡眠障害は治るのです。


スポンサーリンク

 

鬱による睡眠薬の副作用について関連ページ

不眠のタイプによって改善の方法も違う!?
”うつ”と世間と闘う記録
超簡単!バナナで”うつ”の不眠が治る?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
自分で出来る、超簡単”うつ”不眠改善法
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
不眠の種類で睡眠薬が効かない
睡眠薬の主な効果は、睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くする作用がある。 ですが睡眠薬の使用方法を一歩間違えると社会生活が通常におくれなくなります。
うつ病と睡眠障害は”1セット”

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法