うつ病と併発しやすい睡眠障害

うつ病と併発しやすい睡眠障害

 

 

 

 

 

 

 

うつ病と睡眠障害はとても深い関係があるようです。
うつ病が発病すると睡眠障害も併発することがとても多いと
言われています。
うつ病の原因とも言われている、セロトニンというホルモンの不足と、
睡眠ホルモンのメラトニンが深く関わっているからなのです。

 

 

 

うつ病の人のセロトニン分泌を検査すると、一般の人よりとても
分泌が少なかったり、あるいはまったく分泌していないという
場合も。
セロトニンとは不安を取り除くホルモンで、不安や恐怖などを
感じるとセロトニンが分泌されて安心した気持ちになります。
そのため人を幸福な気持ちにしてくれるホルモンということから、
幸福ホルモンという別名があるほどです。

 

 

 

このセロトニンの働きはそれだけではありませんが、
とても深く精神的な部分に関わっています。
そして腸内でその半分以上が作られ、脳から分泌されるという
ものなのです。

 

 

 

セロトニンが十分分泌されていないと、ちょっとしたことでも
不安を感じます。
そしてだんだん精神を痛めていき、うつ病の原因にもなるのです。
わたしたち生活している中でも、不安を持ったらきりがありません。
しかし「なんとかなるよ」という気持ちがあるからこそ、
普通に安心して生きていけるのではないでしょうか。

 

 

 

そのためうつ病の場合、不安症なども併発することが多くなります。
そしてセロトニンが体内で生成されるときに、同時に生成されるのが
メラトニンという睡眠ホルモンなのです。

 

 

 

睡眠ホルモンの分泌がすくなくなると、眠れない、途中で起きてしまう、
朝起きられないなどのことが起こります。
そのためうつ病の発病とほぼ同時に睡眠障害が発症することや、
ある程度うつ病が発症してから睡眠障害が併発される場合もあるのです。

 

 

 

そして、この2つのトラブルはコンビのように併発することが
多いことでも知られています。

 

しかし睡眠薬はうつ病の治療にはあまり向かないので、
2つが併発した場合はうつ病から薬物治療をし、
ある程度落ち着いてから睡眠薬を服用するということに
なるようです。
そのため、睡眠サプリなどを上手に利用しているうつ病患者
なども多いと言われています。


スポンサーリンク

 

うつ病と併発しやすい睡眠障害関連ページ

不眠のタイプによって改善の方法も違う!?
”うつ”と世間と闘う記録
超簡単!バナナで”うつ”の不眠が治る?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
自分で出来る、超簡単”うつ”不眠改善法
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
不眠の種類で睡眠薬が効かない
睡眠薬の主な効果は、睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くする作用がある。 ですが睡眠薬の使用方法を一歩間違えると社会生活が通常におくれなくなります。
うつ病と睡眠障害は”1セット”
鬱による睡眠薬の副作用について

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法