うつと復職の関係は、タイミングが非常に重要

うつと復職の関係は、タイミングが非常に重要

 

 

 

 

 

 

うつになると療養の為に、長期にわ渡り休職するケースが考えられます。

 

期間は人それぞれですが、最初にうつになった場合だと大体1ヶ月程度の

 

人が多い様で1ヶ月後に復職しても、また再発をすると再度長期間に渡り

 

休職を余儀なくされるケースが多いのです。

 

 

 

 

うつの症状は人により軽かったり重かったりと様々ですが、休職と復職を

 

繰り返していきながら仕事を続けている人もかなり多い様です。

 

うつは治すのが難しい病気であり、またうつの本当の原因というものが解明

 

されていない以上、例え復職したとしてもまたいつ症状が出るかも知れない

 

という不安がストレスを生み、うつの再発の原因ともなります。

 

 

 

 

うつと復職の関係は非常に難しいものがあり、タイミングが非常に重要

 

なります。仕事をしなくて家で薬を飲んで療養していると、少なくとも仕事の

 

ストレスは感じなくて済むので、状態的には安定します。

 

 

 

 

しかしいざ復職を考えると、一気に不安は増してしまい復職をためらって

 

しまう傾向にあります。休職中でも長い期間どうすればいつでも仕事を

 

休まずに生活していけるのか、という問題に取り組まなければいけません。

 

 

 

 

その為うつの人が復職するにあたってはかなり精神的な不安が大きくなり、

 

ストレスを与え続ける事になります。

 

うつから復職後、毎日が不安になりながら仕事を続けていく訳ですが、

 

精神的に安定して仕事を続けていく自信がつくまでには、数ヶ月から半年

 

くらいかかる人もいます。

 

 

 

 

昔とは違いうつで診断書を出し、休職する事は社会的に認知されてきた

 

傾向にありますが、それでもうつに理解のない人などは本人に心ない言葉を

 

言ってしまったりする恐れもあります。

 

また言葉では言わなくても態度などで少し距離を置いた様な態度を取ったり

 

すると、復職する事に迷いが出てしまう場合もあります。

 

 

 

 

診断書を提出して休職している以上、焦って復職を考える必要はありません。

 

病院の医師と話し合いながら、うつの症状が自分の思う様な形で軽減

 

されるまで、ゆっくりと療養する方が良いと考えられます。


スポンサーリンク

 

うつと復職の関係は、タイミングが非常に重要関連ページ

休職中にも給与がでる!?うつを早期に治す為の近道を徹底活用!
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
休職はうつの特効薬!?
うつと診断されたのち、もし働いていた場合どうすればよいでしょうか。薬を飲みながらそのまま働くか、休職するか悩む人も多いと思います。私の知り合いのAさんは、うつ病と診断された後、会社と相談したところ業務を大幅に軽減してもらう事ができ、休職せずにそのまま働き続けていました
過労うつの新たな認識と根本的な対策が必要
うつ病で慰謝料を請求するケースはどんな時?
うつ病 運転に対する認識が甘すぎる件について
転職はうつ病患者にとって仕方のない選択なのか
鬱病になりやすい職種があるってホント!?
もし、うつになったら合う仕事は何か

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法