うつ状態の悪循環を切らなければ!

うつ状態の悪循環を切らなければ!

 

 

 

 

 

 

 

うつ状態は何も楽しくない、何もやる気が出ない、
集中力も低下し能力が出ない、自己嫌悪に落ち込む、
ますます不安で楽しくない、何もやる気が出ない……。

 

 

 

 

このようにうつ状態は悪のトライアルとも言える症状を
繰り返しながら、どんどん深みにはまっていき、
本当のうつ病になっていきます。

 

 

 

 

これは少しでも早いうちに悪循環を切る必要があります。
最近、うつ病の人には幸福物質とも言えるセロトニンが
体内に不足したり、ほとんどない状態だということが
分かってきたのです。

 

 

 

 

セロトニンとは幸せ感を感じたり、心の安定を保つ物質と
言われています。
このセロトニンが減ることでうつ病になってしまうという
関係が解明されているのです。

 

 

 

 

そこで少しでもセロトニンを体内でつくるようにしなければ
なりません。
しかしセロトニンを作るのは脳ではなく、実は腸内に
セロトニンが作られるときに欠かせない細菌が存在している

ことも分かってきたのです。

 

 

 

 

つまり脳を支配しているのは腸内だったということが解明
されてきているのです。
そのためうつ病にならないためにも、腸内環境はいつも良い
状態に保つことが大切
だったのです。

 

 

 

 

腸内環境を良くするためには乳酸菌を摂取するがとても
大切だと言われています。
そしてセロトニンが体内で作られるときに、その副産物として
メラトニンという睡眠を司る物質も作られます。

 

 

 

 

つまりセロトニンが減るとメラトニンも減るため、
うつ病やうつ状態に不眠が起こりやすいのはこんな関係が
あったからなのです。

 

 

 

 

うつ病になる前にはうつ状態が続き、そこからうつ病へと
悪化していきます。
そのため少しでも早いうちに、病院に相談に行くことも
大切ではないでしょうか。

 

 

 

 

また予防としては腸内環境を整えるための努力も大切です。
うつ病になる前にうつ状態に気付いたら、すぐに悪の
スパイラルを切るようにしましょう。

 

 

 

 

それには薬を利用したりサプリを利用することもおすすめ
です。
例えば「セントジョーンズワート」は西洋ではうつ病の処方にも
使われているハーブですが、うつ状態のスパイラルを切るために
おすすめです。


スポンサーリンク

 

うつ状態の悪循環を切らなければ!関連ページ

耳鳴りの原因がうつ!?うつの原因が耳鳴り!?
うつの症状の一つに耳鳴りがあります。夜眠ろうとするとキーンとするような音が聞こえ始め、それが原因で不眠になったり、終始耳鳴りがする事でイライラや不安を感じるといった事例がよくあります。
腹痛がうつの引き金!?
腹痛の原因はストレスなのに、腹痛がまたストレスを生むといった最悪の事態になります。これは珍しい事ではなく、腹痛が原因でうつ症状がでるといった事例もよくある事です
母親のうつが子供に与える多大なる影響とは?
母親のうつ病が子供に与える影響が大きい事はご存知でしょうか。子供は母親から安定した愛情を受ける事で、対人関係においての親密さや信頼を学習していきます
偏見の目で見られるうつ。あなたの何気ない言動がうつを加速させている!?
うつ病患者が年々増える事もあり、ニュースなどで取り扱われることが増えてきました。それにより、うつ=怠け者といった偏見は以前より減ってきているのが実情です。しかし
生きがいの喪失とうつ
つと生きがいは切っても切れないものだといえます。生きがいの喪失でうつ状態になってしまった方が、うつ状態の中で生きがいを見つける事が出来たなら、そこはもうゴールに近いでしょう
うつ病は持病ではなく、アダルトチルドレンが引き金になる
うつ病に対してアダルトチルドレンがどのように関連しているのか少し説明しよう。 挙げられるのは、「機能不全家族」である。
うつ病とマイナス思考の線引き
「いざっ」という時には人生勝負をしたいものですが、思考はついていかないものです。 失敗するかもしれない、というマイナス思考は付き物です。そのマイナス思考が引き金でうつ病になる事もあります。
うつ病と家系は個人対応で終息
うつ病は家系からの遺伝要素が大きく、絶対に治らないものという声もありますが、 完治した例は多くありますので不治の病ではないです。
うつ病の症状の1つが過食症状です
うつ病は治らないのではなく、治そう。
うつ病を甘えというより、イエローカードと見る
うつ病の朝起きれないは受け止める
うつ病と悪夢は逸らさず、受け止めるから次へ進む
うつ病を悪化させるのは自分?
苦しいうつ病は、思考で回避
うつ病の人の結婚と社会経済へ
うつ病と血液型とゲノム
芸能人のうつ病は”瞬時”にマイナスをプラスへ
鬱病の根源は社会に”存在”している
鬱に対する危険性と患者さんの気持ち
鬱になった友人をみて、生き方について考えさせられた。
「鬱なのかな」は自分の心の本音 見逃せないシグナル!
「憂鬱です」と、ぼやく毎日が掛け替えのない日々だったり・・・
「鬱かな」という心の叫びに答える自分
食欲の秋、読書の秋、そして・・うつの秋?!
うつのイライラは”受け”流すべし
うつの方の「一人になりたい」は言葉の裏読みで・・・
育児ストレスでうつは”自分磨き”が不足している!?
うつと栄養の関係は見落とされやすい!?
うつの”心の深層世界”へ行くと、朝起き上がれない
夫のうつは、自分たちの”環境”に元凶がある!?
うつでお金がない?自分の再構築の時期のチャンスと考える!
音に敏感に成り始めたら”うつ病”?
うつ病の平均治療期間は”貴方の期間”ではない
うつ病と記憶障害 その物忘れ、うつかも知れません
新型のうつ病は”仮病”と誤解されやすい!?
攻撃的なうつ病 ほとんどの人が気づかない、新型うつ病の特徴とは?
このうつ病は従来のうつ病と 決定的に違うことは ”攻撃的”な所です。 従来のうつ病は 内向的だったのに 対して攻撃的なのです。
コーヒーはうつ病にいいの?ダメなの?どっち?
うつ病は恋人にうつる、それは当然の事!!?
うつ病の後遺症と”向き合う”
うつ病の孤独感は”新しい自分への道”
うつ病を再発する原因は”自分の中”にある
うつ病でも生活保護を受けられます!
うつ病で精神的にも家族バラバラに
激しい気分の波はうつ病のサイン
うつ病を寝たきり廃人と呼ぶな!
うつ病とアルコールは密接な関係を持ってしまいます
最近、うつ病とadhdとの関係性が話題になりつつあります
痛みを伴ううつ病について
うつ病で息苦しい?
うつ病が怒りっぽくなる訳とは?
医療保険では難しいうつ病の保障
うつ症状が悪化すると身体も動かない
うつ病とうつ状態 言葉の使い方で意味は変わる?
うつ病の可能性?落ち着かないのは注意が必要です
うつ病で音に過剰に反応するのは精神状態が悪いため
うつ病における寛解 完治に近いけど様子見ということ
注意!うつ病で消えたいと思ったら最後です
心臓が悪いの? うつ病における胸痛
判断が難しいうつ病の倦怠感とは?
現代社会が生み出したうつ病
うつ病と肉体の関係
考え方を変えると視点も変わる?
うつ病と妄想
鬱の苦しみを乗り越えるには受け入れる事
鬱病患者と患者にならない人の僅かな差
海外での鬱病事情について
ずっと鬱病と付き合う事も考える
こどもの鬱病はあるのか?
鬱病の薬と血圧の薬の共通点とは
うつ病にも治験モニターってあるの?
うつからの脱出とはどういうことか?
知っておくべき!鬱とダイエットの密接な関係
動悸に悩まされる、うつ症状について
うつ病患者の約50%がEDを合併する!?
うつと震えの関係とは?
愛情とうつ症状の関係
うつの恋人と会うときの心構え
“うつ”という病気についてさまざまな症状
赤ちゃんができたてからの「うつ」について
ムズムズする「うつ」と言われるアカンジアについて

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法