うつ病の回復期の旅行は悲劇を招く?

うつ病の回復期の旅行は悲劇を招く?

うつ, 回復期, 旅行

 

 

 

うつ病の回復期の旅行は悲劇を招く?

 

 

 

 

 

 

うつ病患者にとって症状がピークの時期は物凄い心の戦

 

いがあると思いますが、

 

もう一つの戦いの時期は回復期だとも言われています。

 

 

 

 

 

うつ病の回復期は行動を起こしたい衝動に駆られてしま

 

いがちです。うつ病の症状も軽減して、

 

意識が社会生活の方に向く影響が考えられます。

 

それと回復期まで体調を回復させた経験が、今後も回復

 

に必ず向かっていくだろうという

 

根拠のない確信を持ってしまうからです。

 

 

 

 

その為、うつ病の回復期にしてしまう事の一つに旅行

 

出てきます。

 

 

 

 

 

旅行は気晴らしになるし様々な物を見れるので、うつ病

 

の回復期には持って来いという

 

考えに至ると思いますがそれは見当違いです。

 

 

 

 

うつ病の回復期の旅行は、過度の疲労に繋がり、うつ病

 

を悪化させてしまう恐れがあります。

 

 

 

 

 

うつ病の回復期は、肉体的にも精神的にも疲れやすい状

 

態なので旅行へいくと思わぬ負担になりかねませんので

 

ご注意ください。

 

多くの医師も旅行は避けて下さいというのは、不安定な

 

時期と見ているからです。

 

 

 

 

 

そういった理に即した見解を無視して、良かれと思って

 

うつ状態の方を旅行に勝手に連れていくと、

 

回復期の短縮はおろか、うつが悪化して最悪の場合は自

 

に繋がってしまいます。

 

 

 

 

 

回復期における自殺率がもっとも高いのも、周囲の判断

 

と無関係とは言い難いかもしれません。

 

 

 

 

 

回復期における旅行は特に気をつけましょう。

 

近所のスーパーなど万が一の際、すぐに帰宅できる範囲

 

が良いと思います。

 

 

 

 

 

正常な方にとっての旅行は本当に生き返る物ですが、そ

 

の感覚を取り払って配慮する事で

 

旅行に行かせるよりも完全回復に近付ける方法論を選択

 

してください。

 

 

 

旅行は健康だから楽しめます。


スポンサーリンク

 

うつ病の回復期の旅行は悲劇を招く?関連ページ

うつ病の回復期の過ごし方は一歩ずつ歩むこと

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法