ブラッドピット・うつ病とドラッグの毎日だった

ブラッドピット・うつ病とドラッグの毎日だった

 

 

 

 

 

 

ブラッドピットというと、押しも押されぬビッグスターですね。
奧さんがアンジェリーナ・ジョリーだということも多くの人が
知っているのではないでしょうか。

 

 

 

84回アカデミー賞でも主演男優賞にノミネートされている
ブラッドピットさんですが、米エンタメニュースサイト
The Hollywood Reporterで以前のドラッグ漬けだったことを
明かしています。

 

 

 

九〇年代の自分は自身でもう嫌だったと話しています。
家のソファーに丸まって大量のドラッグをやっていたと告白
したのです。

 

 

 

自分自身で自分に腹を立てていたとのこと。
でもあれから10年いままでドラッグは一切やっていない
とのこと。

 

 

 

しかし、そんなにドラッグ中毒だった人が簡単にドラッグを
やめられたのかがとても不思議です。
もちろん、やめるまでには医者が徹底的についてやめさせたの
でしょう。

 

 

 

一般人はまず簡単にはやめられないので、簡単にやめられると
思わずに手を出さないようにすべきですね。
さて、ブラッドはユーゴスラビアとモロッコへ旅したことが、
彼の心の中に大きな変化をもたらせた
と言われています。

 

 

 

あまりの貧困層を見たときにそれがショックでドラッグも
やめたということです。
そして結婚もして人生を変えることができたとブラッドは
言っているようです。

 

 

 

またアンジェリーナ・ジョリーに対してはとにかく彼女以上に
尊敬できる人にであったことはないとのこと。
そこまで尊敬できるパートナーに出会えることはとても素敵な
ことですね。
今の彼にはもうドラッグなんてまったくいらないようです。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法