ベルソムラ錠の効果について

ベルソムラ錠の効果について

 

 

 

 

 

 

ベルソムラ錠は一般名スボレキサントという睡眠薬です。
2014年に発売されたもので、それまでの睡眠薬の
イメージとは違い、新しい機序の睡眠薬として
注目されました。

 

 

 

まだ数年前の発売ですが効果も期待どおり、
副作用も少ないというとても優秀な睡眠薬なのです。
今では多くの人が処方されている主薬的な睡眠薬と
なっています。

 

 

 

入眠障害にも中途覚醒にも効果があるため、
利用できる人も多い薬です。
また睡眠薬というとやはり耐性や依存性がとても気になる
ところですが、これらの副作用はとても少なくなっています。

 

 

 

しかしまだ使われ出してから歴史が浅いので、
副作用はこれから少しずつ出てくる可能性もあります。
しかし今の時点で少ないので、大きな副作用はあまり
出ないのではないかと期待されています。

 

 

 

さて副作用は安心できるとしても効果が低ければ
やはり役に立ちません。
また麻酔のように強すぎる効果もまた危険であると
言われています。

 

 

 

ベルソムラの場合は今まで使っている睡眠薬と
ほとんど変わらない効果が期待されているのです。
現在他に使われている睡眠薬はベンゾジアゼピン系と
非ベンゾジアゼピン系が主流です。

 

 

 

この辺に人気があるのも効果がしっかり期待でき、
思い副作用がないことにあります。
しかし耐性や依存性についてはやはり問題があります。
ベンゾジアゼピン系の依存性は相当問題となっています。

 

 

 

ベルソムラ錠の場合はまったく違った作用機序のため、
不眠治療やうつ病治療などにも利用されることが
多いのです。
ベルソムラは服用して約1時間半程度で血中濃度が
最高値になるため効果は最高潮となり、
半減期は12時間と言われています。

 

 

 

実際に効きだすのは服用後15分程度となるので
入眠トラブルにも効果があるわけです。
半減期は12時間と言われていますが
実際には6〜8時間とのこと。
そのためが大体次の日の朝起きるころまで効果が続くという
ことになります。

 

 

 

つまり入眠するときは15分程度でスーッと寝付くことができ、
朝には薬の効果も薄れ、めざましの音とともに
無理なく起きられるとう理想的な睡眠薬なのです。

 


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法