統合失調症からうつ病の併発はあるのか

統合失調症からうつ病の併発はあるのか

 

 

 

 

 

 

まず統合失調症の陰性症状ととても似ている
場合があります。
もともとまったく違った疾患ですが症状医師でも
区別がつかないような場合もあると言われているようです。

 

 

 

そこで一度統合失調症と診断を受けてた後にうつ病
言われてしまうこともあります。
この場合必ずしも併発ということではなく、
医師もはっきり判断できなかった結果ということも
あるのです。

 

 

 

逆にうつ病だと診断された後に統合失調症であった
という診断を受けることも。
もちろん本当に併発することも考えられます。

 

 

 

特にうつ病は社会不安障害や全般性不安障害などの
併発が考えられますが、統合失調症よりわりと少ない
とのこと。

 

 

 

逆に統合失調症からうつ病の併発や、社会不安障害、
パニック障害、フラッシュバックなどの併発が多いと
言われています。

 

 

 

最近では統合失調症もうつ病も社会生活を普通に
送ることができるまで回復する薬も出ています。
しかしこの2つは別の薬なので、まず診断をしっかり
行われなければなりませんが、医師でもなかなか
長期間診断しないとはっきりしないこともあるのが
現実です。

 

 

 

この2つは虹のように色は違っても境目がはっきり
しないようなものとも例えられています。
まずはしっかり診断を受けることが大切です。
どちらも精神科というと少しハードルが高く感じられる
かもしれませんが、できるだけ早期発見・早期治療が
判断もつきやすいとのこと。

 

 

 

ぜひ何かおかしいと思ったらとにかく医師に
相談しましょう。
併発が起こる前に治療を始めたいものです。


スポンサーリンク

 

統合失調症からうつ病の併発はあるのか関連ページ

統合失調症とうつ病の違いってどんなところ?
うつという病気は本当に難しい病気で、 命にかかわるほどに深刻な事態を招きかねません。 身近な人間、親や家族が理解を示さなければ、 本人は大変な苦しみを経験することになります。 うつという病気は、そんなに簡単な病気ではないということを、 もっと多くの人に知ってもらいたいです。

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法