お酒でうつ予防!?リラックス効果で緊張を緩和する

うつ, お酒

 

 

 

 

うつとお酒はバランス次第

 

 

 

 

よくうつ病とお酒の関係をマイナスな面で捉える方がいます。

 

それは過剰なお酒の飲酒による”アルコール中毒”があるからです。

 

 

 

何事も適度でバランスが保たれます。

 

 

 

物事もそうであり、お酒はうつに絶対に良くないと

 

決めつけることも違うように感じます。

 

抑圧を開放する時も必要です。

 

 

 

 

あるデータによるとお酒がうつ防止に役立つという記録もあります。

 

それはお酒にはリラックス効果があるので、

 

うつを防止し緊張を緩和させる力があるからです。

 

 

 

もう一度言います、そこで重要なのは

 

お酒の力も時には借りるということです。

 

溺れてはいけません。

 

 

 

私自身、激務が続くので必ず適量のお酒を毎日飲んでいます。

 

うつを防止するという面と、

 

一日の中でリラックスできる時間を作る為です。

 

 

お酒は適量で自分の味方になります。

 

 

 

うつの方も自分で色々と行うべきです。

 

医者と相談して得ることと、

 

自分で実際に行ってみて得ることもあります。

 

うつ対策に打って出る感じで積極性が大切です。

 

 

むしろ、自分流が最大の武器になるように思います。

 

 

 

お酒も相談次第で良いと思います。

 

逆に自分がうつだからと言って行動を規制することも毒に感じます。

 

うつであるのなら、うつなりの行動を見つけるのも

 

貴方次第ではないでしょうか?

 

 

 

自分は病気なんだと思っている時間よりも、

 

その現状を変える思考や行動の方が

 

遙かに次の道を作るように思えます。

 

 

 

うつには特に開放が大切です。

 

 

私はうつでお酒を”適量”飲むことはプラスだと思います。


TOPへ