うつ病を患うきっかけは、ほんの小さなきっかけの蓄積から

 

 

 

 

日本では不景気の煽りを

 

受けて>”うつ病”の旋風が

 

吹き荒れています。

 

 

 

その旋風の最中、

 

人によってうつ病を

 

発症したきっかけ

 

人それぞれです。

 

 

 

 

まずうつ病の原因と

 

なるのは「ストレス」です。

 

 

 

 

そのストレスが原因で

 

脳内の神経伝達物質の

 

働きが鈍って

 

うつ病を患ってしまうのです。

 

 

 

 

 

うつ病を患った直

 

接的なきっかけも

 

”オーバーワーク”

 

”不眠症”が主に

 

考えられます。

 

 

 

オーバーワークに

 

陥る状態は、

 

仕事に使命感を

 

燃やすことがきっかけで

 

歯止めが効かなくなり、

 

いつの間にかストレスを

 

抱え込んでいることです

 

 

 

 

社会経済が不況下で

 

あることもオーバーワークに

 

陥るきっかけとなっています。

 

 

 

次に不眠症が挙がります。

 

 

 

うつ病患者にも多いのが

 

この不眠症で、

 

健康な方でも寝不足が

 

続いて行き、

 

 

 

そこにストレスが

 

何らかの形で影響を

 

及ぼしていくと

 

不眠症に繋がり、

 

最悪はうつ病を患う

 

きっかけになってしまいます。

 

 

 

 

うつ病を発症する

 

きっかけは、

 

実はこのように

 

些細な事のきっかけが

 

重なってうつ病を

 

引き起こしているのです。

 

 

 

 

最初はとても小さな

 

きっかけですが、

 

それが悪化していく事で、

 

大きなきっかけとなるのです。

 

 

 

 

そこで私たちは

 

自分の生活を

 

見直していく必要が

 

あります。

 

 

 

自分の生活の中で、

 

うつ病に繋がる

 

きっかけを修正して

 

行くのです。

 

 

 

例えば、仕事に

 

対する姿勢も

 

変える必要があります。

 

 

 

不景気の中で重労働を

 

強いられる時がありますが、

 

その時にふと立ち止まる

 

必要があります。

 

 

 

 

仕事のストレスで

 

”人生”をダメに

 

する必要はない

 

 

 

 

疲れたら休む。

 

 

そう、心掛けて

 

社会生活を送りましょう。


TOPへ