見逃すな!あくびはうつ病の初期症状

 

 

 

 

 

 

 

うつ病の症状の一つには、あくびがあります。
もちろんうつ病の症状にはいろいろあり、あくびはその中の
一つと言えるでしょう。
あくびが出るからといって、全ての人がうつと言うことにはなりません。

 

 

 

 

また眠いときに自然に出るあくびとの違いもはっきりしていて、
吐き気などのあるときにも生あくびが出ます。
例えば脳梗塞などの脳に疾患のある重大な状態のときにも起こるものです。

 

 

 

 

あくびは脳に刺激を送るという重要な働きもしています。
実際には何かのトラブルがあったときには呼吸が浅くなります、
そのため脳に刺激を与えて深く呼吸をするように促していると
言われています。

 

 

 

 

何かのトラブルから自然に回避しようとする作用の一つのようです。

 

そして

 

うつ病の初期にはとても生あくびが多く出ると言われています。

 

 

 

 

自律神経の乱れにより脳のストレスから回避しようとしている
と言われているのです。

 

 

また生あくびはうつ病だけでなく、さまざまな病気とも関係が深いと
言われていますので、あまりにも不自然にあくびが続くようであれば、
病院で1度診てもらうことも大切ではないでしょうか。

 

 

 

 

生あくびの出るうつ病の初期症状は身心のストレスが溜まって起こります。
そのような状態になったら体も心も休むことが一番良いと
言われていますが、実はそのような状態にならない工夫を
することこそ重要であるのはいうまでもありません。

 

 

 

 

つまり身心のストレスは休んで取るより、溜めないことの方が
重要だったのです。
また適度な運動もとても重要だと言われていますが、
当然、うつ状態になると運動もしたくなくなります。
是非、思い切ってすっきり運動をしてみましょう。

 

 

 

 

さて疲れが溜まったときに、下記に挙げる症状が幾つか
あった場合は、うつ病の危険性があると考え、
疲れを溜めないように注意しましょう。

 

 

 

 

イライラする・不満を感じ腹がたつ・集中低下・記憶低下・
怠さ・胃腸の不調・生あくび・憂うつな気分・不安・心配・
自信がなくなる・人間関係が嫌になる・運動がしたくなくなる・
労働意欲がなくなる・つまらない・生きがいがないなど。

 

 

 

 

ここに当てはまるものが幾つかあれば要注意であり、
ストレスを溜めないようにすることこそ、うつ病の予防と
なるのです。

 

 

 

 


TOPへ