”うつ”を知り、”うつ”になりやすい環境と要因に注意する!

うつ,環境要因,なりやすい

 

 

 

”うつ”を知り、”うつ”になりやすい

 

環境と要因に注意する!

 

 

現代社会は”うつ”になりやすい環境と要因が多くあり、
15人に1人が”うつ”になると言われています。

 

 

「最近疲少しれやすい」など、軽く考えてしまいがちな症状
であっても、”うつ”の可能性もありますから、重症化
してしまう前に、早めの受診をすべきです。

 

 

 

 

”うつ”になりやすい社会。特に注意すべき環境とは?

 

 

”うつ”になりやすい環境というのは、確かにあります。
普通の環境と比べて、ストレスが大きくかかる環境です。

 

 

自分や周りの人が、今現在、以下のような環境にあると
きは、注意が必要となります。”うつ”発症のリスクが
非常に高まっている環境です。

 

 

 

勤めていた会社をリストラされた。

 

連れ添っていた配偶者と離婚した

 

配偶者が他界してしまった

 

最近引っ越して、環境ががらっと変わってしまった

 

重い病気になってしまった。

 

住宅のローンが重くのしかかっている。

 

 

このような環境では、どんな人間も憂うつな気分になっ
てしまうというものです。

 

 

ストレスが非常に高まっていますから”うつ”になって
しまう前に、何らかのストレス開放の手立てを考えるこ
とが出来るはずです。

 

 

 

 

”うつ”になりやすい社会。”うつ”を誘発する要因を知っておく。

 

 

 

 

”うつ”を誘発する要因を、知識として知っておけば、”うつ”を予防することが出来るはずです。

 

 

なにが”うつ”の要因になるのか?”うつ”を誘発する要因。

 

 

要因1お金にまつわるトラブル

 

要因2子どもの頃の、心理的トラウマ、肉体的トラウマ

 

要因3大都会での生活という要因

 

要因4常にストレスにさらされている環境という要因

 

要因5相談できる友達がいないという要因

 

要因6何らかの持病がある

 

要因7女性である

 

 

女性というだけで、男性よりも”うつ”になりやすい要
因となってしまいます。女性は男性よりも、約2倍ほど
”うつ”になりやすいことがわかっています。

 

 

自分や、周りの人間に、上記のような”うつ”になりや
すい要因がある場合、当然ストレスが高まっていますか
ら、早い段階で、”うつ”になりやすい要因を取り除く
か、軽減することが出来るはずです。


TOPへ