傷病手当の4つの条件と、切れる前の準備

傷病手当,切れる

 

 

百年に一度の大不況。会社勤めで過労が続き「うつ病」

 

を発症する例もあります。その時には傷病手当を適用します。

 

 

 

傷病手当は病気で会社を休んでいる時に給付を

 

受け取る制度です。1年半は適応期間です。

 

 

 

 

傷病手当で一番困る時は期間が切れる事です。傷病手当

 

が切れる時に職場復帰が出来る状態だと良いのですが、

 

病状が続くのに切れると困ります。

 

 

 

 

 

そこで傷病手当が切れる4条件と切れる前にしておきた

 

いことをお話しします。

 

 

 

1・私傷病の療養の為、労務に服せない。
2・労務不能の日が継続して3日間ある。
3・上記2後、同一の傷病による労務不能で報酬がない。
4・傾向保険の被保険者である。

 

 

 

この4条項に該当しなければ、傷病手当は適応しないの

 

です。適応しても1つでも該当が外れると切れます。

 

 

 

 

 

傷病手当が切れる前にしておきたい事は、期間後も症状

 

が続くのであれば障害手当に頼るしかありません。

 

その時は医師に傷病手当が切れることと、症状が続くの

 

で労務が出来ないことをしっかりと言いましょう。

 

 

 

 

 

また退職の際の傷病手当の例も色々と問題がありますの

 

でご説明します。

 

 

 

有給などで休日を取って病気で休んでいて、有給が切れ

 

ると退職なり、その後は傷病手当に切り替えられるのか

 

という疑問はあると思いますが、出来ます

 

その時は自分で有給が切れる時に、退職後の傷病手当申

 

請を行う事で1年半は給付を受けることが出来ます。

 

→傷病手当についての詳細はこちら


TOPへ