うつ病療養後に障害者手帳を持つ”メリット”

 

 

 

 

 

うつ病の辛い

 

療養期間を終えて、

 

ほとんど完治した時に

 

役立つ情報をお話しします。

 

 

 

うつ病を回復させて

 

社会復帰する時に

 

”障害者手帳”

 

発行しましょう。

 

 

 

 

障害者手帳を

 

発行するには、

 

医師に診断書を

 

作成してもらい、

 

各市町村の窓口に

 

申請します。

 

 

 

 

うつ病を患っていた

 

経緯から障害者手帳を

 

持つことによって、

 

社会的な”サービス”

 

を受けるメリットが

 

あります

 

 

 

そのメリットはこのようです。

 

 

 

○ 映画が千円で
 鑑賞することが出来る。

 

○ 科学館、博物館、
 美術館の入館料の
 割引もしくは免除。

 

○ タクシーの運賃
 が割引。

 

○ 自動車免許の割引。

 

○ 公共機関の割引
 もしくは免除。

 

 

○ 携帯電話の障害者
 割引サービス。

 

○ 各種税金の免除。

 

○ NHK放送受信料
 の免除。

 

 

 

 

その他には、ハローワーク

 

で障害者雇用という

 

障害者向けの職業紹介

 

を受けるメリットがあります。

 

 

 

 

うつ病の闘病後に

 

障害者手帳を

 

発行すると

 

このようなメリット

 

があるのです。

 

 

 

物凄いメリット

 

ではないでしょうか。

 

 

 

 

障害者手帳を発行せず、

 

このようなメリットが

 

無いと後先きついかも

 

しれません。

 

 

 

 

うつ病という

 

”いつ再発する”

 

か分からない

 

魔の病気を抱えて

 

社会生活をするには

 

リスクが大き過ぎます

 

 

 

 

そのうつ病後の

 

リスクを障害者手帳を

 

持つことで、

 

社会生活にメリットを

 

与えてリスクを

 

和らげているのです。

 

 

 

 

うつ病はどうしても

 

ハンディになって

 

しまいます。

 

 

 

 

障害者手帳を持って

 

社会でメリットのある

 

サービスを受けた方が

 

心にもゆとりが出来ます

 

 

 

 

しかし、このメリットは

 

本当の意味では

 

メリットではありません。

 

 

 

 

うつ病を患い障

 

害者手帳を持ち、

 

障害を持った人間

 

として今日から

 

歩まなければいけない

 

覚悟があるからです。

 

 

 

 

この障害者手帳を

 

持つことで相手には

 

自分がうつ病であった

 

ということも

 

分かってしまいます。

 

 

 

 

障害者手帳を持つことで

 

うつ病という

 

プライバシーが

 

守られないのです。

 

 

 

 

プライバシーと

 

引き換えにサービス

 

を受けるという意味も

 

含まれています。


TOPへ