うつ病での生命保険加入の難しさは、自殺率の高さがネックに

 

 

 

 

 

 

うつ病の方が”生命保険”へ加入する現状は?

 

 

 

 

現在増加傾向にある

 

「うつ病」

 

 

そんな中、うつ病を

 

患いながらも

 

”生命保険”へ加入

 

したいという声もあります。

 

 

 

家族の将来を案じている

 

わけです。

 

 

 

 

一昔まではうつ病という

 

だけで生命保険へ絶対に

 

加入できなかったのですが、

 

今日では少し事情が

 

変わってきました。

 

 

 

 

社会のうつ病に対する

 

認識が柔らかくなって

 

きたのです。

 

 

 

しかし、うつ病で

 

生命保険へ加入できる

 

のはほとんど無理に

 

等しい状況というのは

 

変わりません

 

 

 

 

それはうつ病特有の

 

”自殺率の高さ”

 

依然としてネックに

 

なっているからです。

 

 

 

 

うつ病の方が生命保険へ

 

加入するには”条件”

 

あります。

 

 

 

 

一つはうつ病が治ってから

 

”5年以上”が経過して

 

いることです。

 

 

 

 

その他には、現在の状態を

 

”診断書”で証明すること

 

”条件付き”で

 

生命保険へ加入する

 

ことが出来ます。

 

 

 

 

生命保険の条件付きとは、

 

保険料が高かったり、

 

保険金が低かったり、

 

通常の生命保険の内容

 

より劣っている保険に

 

なります。

 

 

 

 

しかし、うつ病で

 

生命保険を探している

 

人は諦めないで下さい。

 

 

 

 

世の中、生命保険を

 

扱う会社は多く、

 

ごく稀にうつ病でも

 

加入できる保険も

 

あると聞きます。

 

 

 

そういった生命保険を

 

扱う会社を探し出して

 

みましょう。

 

 

 

 

病を抱えながら保険へ

 

加入するということは、

 

頭を下げるつもりで

 

どうにか加入させて

 

頂くことになります。

 

 

 

 

本来は加入できない

 

のが正論ですし、

 

断られると頭に来ると

 

思いますが、

 

チャレンジするつもりで

 

丁重に話を進めて

 

行くことで、

 

きっと落とし所が

 

見つかるかも

 

しれません。


TOPへ