知らないと損する!うつ病なら年金もらえます!

 

 

 

 

 

 

うつ病になれば、退職、休職を余儀なくされることもありますし、
治療費や生活費、薬代など、経済的負担も重くのしかかってきます。
そのためにうつを悪化させてしまっては、治るものも治らなくなってしまいます。

 

 

 

うつ病を治すためには、この問題を解決しておきましょう。
お金が潤沢にあるという人はいいでしょうが、
ほとんどの人はそういうわけにはいきません。

 

 

 

うつ病と診断されれば、障害年金を受けることが可能ですので、
先のことを考えて、めんどうでも申請はしておくべきです。

 

 

 

うつ病の診察に初めて行った時点で国民年金に加入している人は、障害基礎年金
厚生年金、共済年金に加入している人は、障害厚生年金を申請します。

 

 

 

うつ病は他の疾患と違い、レントゲン等で客観的に証明することが困難ですから、
障害年金の認定が難しいのが難点です。

 

 

 

全く知識のないまま申請しても、不受理となる可能性が高くなってしまいます。
受給には細かな条件があり、申請手続きがとても複雑なので、書類一つ一つの条件を
満たしていないと受け付けてもらえません。

 

 

 

例えば

 

 

・受給要件が満たされていなかった
・初診証明が添付されてなかった
・診断書の現症年月日が3ヶ月を過ぎてしまっていた
・「診断書」の記載に不備
・提出書類の記載事項に記入漏れがあった
・添付資料の不足や期限切れ書類を提出してしまった
・障害年金の請求期限が過ぎている、または請求年齢(65歳)をこえてしまっていた。

 

 

 

など、とても面倒です
ですから、確実に申請を受理してもらうためには、
経験豊富な専門家に依頼するのが一番の近道であり、確実だと思われます。

 

 

 

この社労士の先生は個人的におすすめです↓(クリックで先生のサイトに飛びます)

 

特定社会保険労務士 三嶋 道明 
「うつ病でも生活費を気にせず療養生活に専念したいとお考えの方
障害年金2級(月額18万円)を受給できれば、それも可能です。
経験豊富な社会保険労務士がそのお手伝いをします。」

 

 

 

 

申請後の結果の目安は3ヶ月程度かかると言われています。
本当にうつ病で苦しんでいるのなら、受理されるはずなので申請しておくべきと思いますが、
障害年金の申請が審査される時の判断材料とされる、「診断書」と「病歴・就労状況等申立書」には
作成のポイントや注意点があり、自分だけではなかなか難しいですから、
確実に受理されるためにも、専門家のアドバイスで申請したほうが早いですし、
結果的には一番安くできると思います。

 

うつ病で障害年金を受給する方法はこちら

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ