”うつ”になったら自立支援医療制度を利用しないと損!申請方法

 

 

”うつ”になったら自立支援医療制度を利用しないと損!申請方法

 

 

実際”うつ”になった時の自立支援医療制度の申請方法
を、市役所へ行き、聞いてきました。

 

 

実は、いとこが市役所で働いているので、”うつ”にな
った場合の自立支援医療制度の申請方法を聞いてきまし
た。”うつ”になってしまった場合、自立支援医療制度
を申請するには、具体的に何が必要なのでしょうか。

 

 

”うつ”と診断されて、自立支援医療制度を申請する場
合には、まず一番最初にすることは、医師に診断書を書
いてもらうことです。

 

 

あとは、保険証、印鑑、収入を確認できるものをもっ
て市役所へ行き、自立支援医療制度を申請したいと言え
ば、担当の人が詳しく案内してくれます。

 

 

”うつ”になった時の自立支援医療制度の申請について
の、細かい部分は、各自治体で微妙に違うようですから、
電話で確認をしてから行ったほうがいいとのことです。

 

 

なおこの自立支援医療制度は、”うつ”だけでなく、
統合失調症、躁うつ病、てんかん、薬物依存等の精神疾
患でも利用できるようですので、”うつ”以外の精神疾
患で通院されているかたも、医療費が安くなりますから、
この自立支援医療制度を利用しないと損です。

 

 

 

”うつ”になったら自立支援医療制度申請まとめ

 

 

自分で持っていくもの

 

 

〇”うつ”であるとの医師の診断書
〇健康保険証
〇印鑑
〇収入を確認できるもの

 

 

 

市役所ですること

 

 

市役所の福祉課へ行き、自立支援医療制度の申請をした
いと言う。

 

自立支援医療制度の申請書を持ってきてくれるので、そ
こに記入する。

 

これだけです。

 

なお収入を確認できるものですが、なくても問題がない
ようです。市役所のほうで調べることも出来るとのこと
です。

 

 

 

 

 

 

TOPへ