うつ病で慰謝料を請求するケースはどんな時?

 

 

 

 

 

 

■うつ病で不当解雇された場合■

 

 

 

 

うつ病慰謝料を請求するケースはどんな時に

 

起こるのでしょうか。

 

 

 

 

うつ病の症状が重くなると様々な生活面での

 

支障が出てきます。

 

 

 

例えば仕事においては、うつ病で長期会社を

 

休む事が頻繁にあると時には不当解雇にも

 

繋がり慰謝料請求の対象になり得ます。

 

 

 

しかし、慰謝料を請求するにあたっては

 

まず自分がうつ病で会社を休む時に、

 

きちんとした手順を踏んで休んでいるのかなど

 

証拠となるものが必要です。

 

 

 

 

またうつ病になった原因が、上司のパワハラや過剰な

 

残業だったりする場合もあります。

 

 

 

この様な場合に慰謝料を請求する事は不可能では

 

ありませんが、相手が会社となると簡単にはいきません。

 

 

 

慰謝料を請求するという事は、相手の過失を訴える事に

 

なるのでその証拠となるものが必要になります。

 

 

 

 

うつ病で長期に渡り会社を休む時に、きちんと病院で

 

診断書をもらい会社に届け出ているのか?

 

 

うつ病できついから、しばらく休みたいと電話をした

 

だけではないのか?

 

 

 

など、会社がうつ病による休みを認めたという証拠

 

なるものが必ず必要です。

 

 

 

その上で、不当解雇などにあった場合には慰謝料を請求

 

出来る場合があります。

 

 

 

 

慰謝料を請求するにあたっては、個人では行うことは

 

不可能です。

 

 

弁護士など専門に慰謝料請求を行う事ができる味方が

 

必要になりますが、労働関係での慰謝料請求に関しては

 

労働基準監督署なども関係してきます。

 

 

 

 

うつ病による会社の長期休暇取得にあたっては、

 

非常に難しい課題が多いです。

 

 

ある程度の規模の会社であれば、それなりの対応を

 

きちんと規定で作っていますが、小さな会社であれば

 

事実上規定などがない場合があります。

 

 

 

 

うつ病が原因で解雇される事になったと、監督署に

 

相談に行く人もかなり増えているのが実情です。

 

 

 

しかし監督署では、うつ病による解雇で慰謝料を請求したい

 

などの対応は当然行いません。

 

 

 

自分に落ち度がないかをきちんと把握してから

 

相談できる場所に行きましょう。


TOPへ