うつ病 運転に対する認識が甘すぎる件について

 

 

 

 

 

■薬の服用後は運転は危険■

 

 

 

 

うつ病の治療中で、処方された薬を服用中には車の運転

 

気をつけなければいけません。

 

 

 

運転は普通にしていても気をつけなければいけないのは

 

普通の事ですが、うつ病や他の精神的疾患を治療中の

 

場合は特に車の運転に気をつけなければいけないでしょう。

 

 

 

その理由はうつ病の薬に関係があります。

 

 

 

うつ病で処方される薬には、精神を安定させたり

 

落ち着かせる作用のある薬が使われます。

 

 

 

うつ病で服用する薬には副作用として眠気を伴う事が

 

ある為、車の運転は注意が必要です。

 

 

 

短い距離の運転であれば問題ありませんが、遠出する場合は

 

強烈な眠気が起こる事があり事故を起こす可能性があります。

 

 

 

 

また、うつ病の薬は運転する前には飲むのはやめましょう。

 

 

うつ病の薬は内容によっては、服用する時間は変わると

 

思われますが、大抵は夕食後に飲む事が多いと思います。

 

 

しかし、うつ病になると眠れない人も多くそれを改善する為に、

 

医師の判断で睡眠導入薬などを処方される事があります。

 

朝薬がまだ効いている事が多いので、運転は避けた方が本当は

 

良いのですが、仕事に行く為には車を運転する事は必須な事なので、

 

少し早起きしてしっかりと目が覚めた状態で運転するようにしましょう。

 

 

 

 

うつ病を抱えながら普通に仕事をしている人はたくさんいますが、

 

当然車を運転するのも日常的な事です。

 

 

 

交通機関の発達した都市であれば、運転をしなくても公共の

 

交通機関を利用すれば済みます。

 

 

 

しかし、うつ病患者は全ての人がそういう場所に住んでいる

 

わけではないので、車の運転が必ず必要な人がほとんどでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

薬の副作用もきちんと理解して運転を心がけて下さい。


TOPへ