うつ病と記憶障害 その物忘れ、うつかも知れません

 

 

 

 

 

うつ病の記憶障害?

 

 

 

 

今日の社会不安の
一つの要素として
うつ病”が挙げられます。

 

 

それ程までに危険視
されているうつ病に対して
我々は少し無知なのかもしれない。

 

 

例えば、うつ病の症状の中に
「記憶障害」を起こして
しまう事も広く知られていません。

 

 

一般的には、加齢に伴い
物忘れのようなイメージで、
記憶障害が生じると
思われがちですが
うつ病でも記憶障害が起きるのです。

 

 

うつ病の記憶障害の症状は、
直前の記憶が飛んで
しまうことがしばしあります。

 

 

例えば、食事の摂取も
忘れてしまうのです。

 

 

全く覚えられません。

 

 

このように加齢によるボケと、
うつ病の記憶障害は似ているのです

 

 

うつ病の記憶障害が進んで
悪化が進行して行くと
”曜日感覚”も失うこと
さえあります。

 

 

このようにうつ病は
とても恐ろしい病気なのです。

 

 

もし貴方の周囲の方が
記憶障害になったとしたら
貴方は気付けますか?

 

 

私は気が付かないかもしれません。

 

 

現在は本当に物事を
”見極める”には
難しい時代であり、

 

 

相手の言動が
正気がどうか中々
把握は出来ない物です。

 

 

相手がただ物忘れが
酷い性格なのかもしれませんし、
記憶障害のジャッジが
容易に出来るとは思えません。

 

 

そういう時はうつ病や
健常者問わず、
相手の力になって
上げることが最良です。

 

 

若い方や加齢の方を
問わずに記憶障害で
欠けた空白の記憶の
手助けをすることが良いです。

 

 

うつ病の記憶障害の方も、
自分の現状を知ると
ショックを受けて症状が
深刻化
することも
考えられますので、

 

 

サポートする方向へ
気持ちを傾けるようにしたいです。


TOPへ