うつ病の孤独感は”新しい自分への道”

 

 

 

 

 

 

人は生まれながらにして

 

「孤独」という言葉も耳に

 

しますが、

 

うつ病で”孤独感”を感じる

 

ことも同じ「性」(サガ)

 

なのでしょうか?

 

 

 

 

うつ病の孤独感は物凄い

 

恐怖感が胸をえぐり、

 

うずくまってしまうと

 

言われています。

 

 

 

 

そのうつ病独自の孤独感に

 

押し潰されて、

 

負けてしまいそうになった

 

時はどうしたら良いのか。

 

 

 

 

自然の流れに従って

 

うずくまって耐えるの

 

が良いです。

 

 

 

元気のない時は、

 

元気のないままが

 

一番良いのと同じです。

 

 

 

 

うつ病に限らず人は

 

どこか無理することを

 

してしまいます。

 

 

 

 

例えば、寂しい感情や

 

孤独感を感じた時、

 

それから逃げるような

 

言動を考えようと

 

しますが受け止める方が

 

人間らしいです。

 

 

 

 

うつ病で孤独感を

 

抱えるのも同じで、

 

その”想い”は

 

自分の中から

 

生まれています。

 

 

 

そうです、それが

 

「自分自身」なのです。

 

 

 

逃げる必要はありません

 

 

 

実は人は寂しがったり、

 

孤独感を感じたりする

 

ことは重要なことなのです。

 

 

 

それは嬉しい時や

 

面白い時に笑う感情と同じで、

 

自分を知る良い機会なのです。

 

 

 

人間はその明暗の

 

バランスを感じて

 

自分を知る物なのです。

 

 

 

 

うつ病の方にとっては

 

孤独感は追い打ちを

 

かけるようなことですが、

 

うつ病の自分を

 

知るには良い機会です。

 

 

 

辛いと思っているうちは、

 

まだ気持ちが子供な証拠です。

 

 

 

うつ病を患っている自分と、

 

孤独感を味わうことで

 

次に新しい自分に

 

”生まれ変われる”

 

と思えるような自分

 

出会って下さい。

 

 

 

人は皆平等に苦しみを

 

覚えていますから・・・。

 

 

 

うつ病で孤独感と

 

戦うことも、

 

うつ病で孤独感から

 

乗り切ったと言える

 

自分へ到達する道なのです。


TOPへ