うつ病が怒りっぽくなる訳とは?

 

 

 

 

 

 

精神的疾患であるうつ病は、時に感情のコントロールが

 

出来ない事もあります。

 

 

 

その中でも怒りっぽいと言われる人も沢山いるのでは

 

ないでしょうか?

 

 

 

 

怒りっぽいのは昔から、と自分で思い込んでいる

 

人はもしかしたらうつ病かも知れません。

 

 

 

 

うつ病の状態で、中でも躁うつ状態では特に感情の起伏が

 

激しいと言われます。

 

 

 

うつ病は眠れない、怒りっぽい、イライラする、気分が

 

落ち込んで塞ぎ込むなど様々な症状がありますが、そういう

 

状態であることは脳や心が正常な状態でないと言えます。

 

 

 

 

常に多くのストレスに過敏になっている状態のうつ病では、

 

ちょっとした事で怒りっぽいと言われるほど周りの事が

 

気になります。

 

 

 

 

精神的にいっぱいになってしまい、人が傷つく事を言って

 

しまったり身近な存在の人には口うるさくなってしまいがちで

 

怒りっぽいと勘違いされてしまうのです。

 

 

 

 

怒りっぽい人が、周りから好感を抱かれる事は少ないのが

 

当然で、その為に孤立してしまいうつ病になる事も考えられます。

 

うつ病に限らず、怒りっぽい人は心に余裕のない状態が

 

考えられます。

 

 

 

その為すぐに怒りっぽくなったり、そうかと思えば

 

1人寂しくポツンとしているなどの状態の時もあり、

 

周りからみればちょっと偏見の眼差しで見られる事も

 

あるでしょう。

 

 

 

 

うつ病患者増加の背景には、日本特有のストレス社会が

 

大きく影響しているとも言われています。

 

 

 

 

社会生活の中で精神的に余裕が持てない人が多く、怒りっぽく

 

なったりイライラしたりと、うつ病の症状である感情の

 

コントロールがうまく出来ない人が増えているのです。

 

 

 

 

自分で、最近イライラして怒りっぽくなったなと感じたら

 

うつ病の疑いもあるので要注意です。


TOPへ