こどもの鬱病はあるのか?

 

 

 

 

 

 

高度先進国日本においては、その教育レベルも世界トップクラスである事は

 

証明されています。

 

 

では学生いわゆる子供たちに、鬱病は存在するのでしょうか?

 

 

 

 

私が考えるには思春期を超えると考え方がやはり大人になり、

 

複雑な事まで考える様になります。

 

そうなってくると思い悩む時も増え、うつ状態に陥る場合があると考えています。

 

 

 

 

例えば不登校の生徒や学校を休みがちな生徒は、必ず心の中に

 

学校に行きたくない理由や深い悩みを抱えているケースが

 

すごく多いのではないかと考えています。

 

 

 

 

しかし社会的に子供という立場になり、うつ病ではなくただの反抗期

 

思春期だからと片付けられている様な気がします。

 

 

 

 

学校に行きたいとは思っているけど、いざ行こうとなると体が動かない事などは

 

大人のうつ病で仕事にいけない事と比べても似た感じがするのは

 

わたしだけでしょうか?

 

 

 

 

私も二人の思春期の男子を持つ親としての経験上、

 

色んな事が子供との間でありました。

 

 

もうすぐ高校を卒業する長男は、体も弱く小学校と中学校は

 

すごく学校を休みましたし、彼自身もその事を自分で想い悩んでいる事を

 

感じました。

 

 

 

 

うつ病かどうかは分かりませんが、私は自分がうつ病患者である為、気持ちが

 

分かる様な気がしました。

 

 

 

 

妻は甘えているだけだからと言って、強制的に行かせようとしたり

 

しましたが、私はそういうのは賛同できませんでした。

 

 

 

 

いくら年齢が違おうと、心の中は聞いてみないと分からないのです。

 

私は常に子供のどちらが学校を休んでも、サボリ感覚で休んでも

 

問い詰めはしません。

 

 

 

 

様子がおかしい時はきちんと理由を聞いてあげると、心を開いて話してくれます。

 

そうやってまたスッキリして学校に行き、という事の繰り返しでした。

 

 

 

 

話がそれてしまいましたが、大人も同じで、ただうつ病である事を

 

責められたりするのでは心は開けませんし、

 

もっと自分を責める結果になってしまう恐れがあります。


TOPへ