デパス中毒は、ニコチン中毒と同じってどういうこと!?

 

 

 

 

 

■ニコチン中毒と同じ?■

 

 

 

 

中毒性が高いと言われるデパスですが、まずどんな人が

 

飲むのでしょう。

 

 

 

デパスは精神安定剤であり、神経症やうつ病・不安を緩和

 

するための薬で抗不安剤とも言われます。

 

 

 

また整形外科でも、鎮痛剤や筋肉の緊張を和らげるために

 

このデパスを処方される場合があります。

 

 

 

同時に睡眠導入作用もある為、睡眠障害などにも

 

処方されるケースがありますが、デパスには中毒性も

 

あります。

 

 

 

 

中毒性といえば言葉が悪いかも知れませんが、他の

 

抗うつ剤や安定剤と同じでデパスも服用を止めると

 

強い離脱症状が起こります。

 

その為、デパス中毒と言う人もいますが依存度が高くなると

 

いう意味です。

 

 

 

 

精神的な疾患、うつ病やパニック障害などを一度起こすと

 

デパスを始めパキシルやその他の精神安定剤などが処方され

 

服用を始めますが、精神医療の治療ではこういった強い薬を

 

処方するのは当たり前になります。

 

 

 

その中でもデパスは服用を始めてから比較的早い時間で、効果が

 

現れる強い薬の為中毒性は高くなります。

 

パニック障害など、いつどこで症状が現れるかわからない場合などは

 

特にこの効き目の早いデパスを手放せなくなる傾向にあります。

 

 

 

 

また頻繁に症状が起こると、必然的に服用量が増えて中毒性は

 

更に高まりますが、タバコで言うニコチン中毒も同じ感覚です。

 

ニコチン中毒になると、数時間タバコと吸わないと禁断症状が

 

出るのと同じです。

 

 

 

これと同じニュアンスでのデパス中毒と解釈して頂ければ

 

理解し易いとは思いますが、タバコではなく病気の治療や症状を

 

抑えるための薬になるので、ニコチン中毒とは異なります。


TOPへ