自己視線恐怖症の治療は自己愛障害の治療

 

 

 

 

 

 

自己視線恐怖症の原因は、相手の態度や視線が全て自分に

 

対するものだと誤った認識をしてしまう事により起こり、

 

自己愛障害とも言われます。

 

 

 

従って自己視線恐怖症の治療を行う場合は、

 

薬による治療も行いますが薬に出来る事は、

 

緊張した状態を落ち着かせたりする事くらいしかありません。

 

 

 

 

では自己視線恐怖症になればどう治療していけば良いのかを

 

考えてみます!

 

 

自己視線恐怖症の治療を行う場合、

 

自己愛障害を治療するという目的を持たないと行けません。

 

 

 

確かに自己視線恐怖症なので、周りの目や

 

自分の視線を気にしなくするような訓練をする事が考えられますが、

 

それよりも前に自分の発言や行動が周りの人に影響を与えているという

 

自己愛障害を治さなければいけません!

 

 

 

自己視線恐怖症の治療も、自己愛障害の治療を

 

しなければ治りません。

 

 

分かり易く言えば自己愛障害は自意識過剰と言え、

 

それが故に他人の視線や行動が自分に対する反応だと勘違いします。

 

 

 

よって自己視線恐怖症の治療においては、

 

その間違った認識を正していく事を中心に治療を行っていきます。

 

 

 

 

例えばカウンセリングや認知行動療法などで治療していく訳ですが、

 

自己視線恐怖症や対人恐怖症は成長していく過程で、どこにそうなる

 

きっかけがあったのかやなどを探していく事が大切になります。

 

 

 

 

自己視線恐怖症の場合は、自己愛障害の治療と言いました。

 

薬で状態を落ちつかせながらカウンセリングに精神療法などを

 

組み合わせた形での治療が必要で、同じ自己視線恐怖症でも

 

人それぞれに合った形を見つける事も必要です。


TOPへ