”うつ”で食欲がないのはホルモンが関係していた!

 

 

 

 

 

 

 

”うつ”で食欲がないのはホルモンが関係していた!

 

 

 

 

 

”うつ”になって食欲不振となり、体重が減ってしまう
人もいますが、その逆に過食となり、太ってしまう人も
います。

 

 

 

人は、食事を摂らないでいると、空腹を知らせるホルモ
ン、つまり、食欲を増進させるホルモンが分泌されます。
この食欲を増進させるホルモンには、どうやら”うつ”
を改善する
効果があるらしいことがわかってきました。

 

 

 

 

実験では、食事を与えられいないマウスは、食事を与え
られ食欲の満たされているマウスよりも、”うつ”の状
態を示すことが少なかったとのこと。

 

 

 

また、遺伝子組み換えにより、この食欲増進ホルモンに
反応できなくなったマウスは、普通のマウスよりも、”
うつ”症状を示すことが多くなるという。

 

 

 

 

どうやら、空腹を知らせ、食欲を増進させるホルモンに
は、抗うつ作用、”うつ”を改善する作用があるようだ。

 

 

 

 

 

 

食欲に耐え、ダイエットすることで”うつ”の改善になる!?

 

 

 

”うつ”の治療に絶食療法というのがあるが、食事を摂
らない
ことによって、食欲そ増進させるホルモンが分泌
され、それでも食欲を満たしてやらないことで、さらに
この食欲を増進させるホルモンが体内に増えることによ
って、”うつ”が改善されていくのかもしれない。

 

 

 

”うつ”の絶食療法も、科学のお墨付きを得たということだろうか。

 

 

 

”うつ”で食欲がなく、体重が減ってしまうことはよく
あること。食欲がないのは、この食欲を増進させるホル
モンが分泌されてないか、少なくなっているのだろう。

 

 

 

食欲を増進させるホルモンに、”うつ”を改善してくれ
る効果があるのなら、”うつ”患者が食欲がないという
のも、納得できる。

 

 

 

 

”うつ”で過食になり、体重が増えてしまったという人
なら、この食欲を増進させるホルモンを、”うつ”の治

 

 

 

療薬として利用できるということだ。食欲が旺盛なわけ
だから、少々苦しいかもしれないが、ダイエットもかね
て食事制限を実施すれば、”うつ”も治ってしまう可能
性があるということだ。

 

 

 

 

 

 

TOPへ