副作用と無縁!?”うつ”を漢方薬で治療できるのか?

 

 

 

 

副作用と無縁!?”うつ”を漢方薬で治療できるのか?

 

 

 

 

 

今まであまり一般の人には、よく知られていなかった、
漢方薬の効果と理解が周知されてくると同時に、実際の
医療の現場でも、さまざまな疾患に、漢方薬が処方され
るようになってきています。

 

 

 

そしてこの漢方薬は、”うつ”にも効果があるとして、
”うつ”治療の現場でも、使用されることが多くなって
きました。

 

 

 

しかし、素人にとっては未だに漢方薬の取り扱いは難し
く、わかりにくいものです。

 

 

 

まず最初にしっかりと理解しておかなければならないこ
とは、”うつ”は漢方薬のみでは治すことが出来ないと
いうことです。

 

 

 

”うつ”を治療するにあたって、漢方薬はあくまでも
「補剤」
であり、おかしくなった自律神経を整えたり、
体力の回復をはかるなどして、”うつ”の治療を補助す
るために使用するのが普通です。

 

 

 

 

 

軽度の”うつ”なら漢方薬で治せる可能性アリ?

 

 

 

 

かかり始めの”うつ”や、わりと軽めの”うつ”である
のならば、漢方薬での治療でも、十分な効果が望めると
いわれています。

 

 

 

通常の”うつ”の薬と比べても、副作用などはかなり軽
めですから、軽めの”うつ”であるならば、漢方薬での
治療を試してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

現在の”うつ”治療の現場などでは、比較的軽度の”う
つ”であっても、早い段階で、複数の”うつ”薬を使用
しての治療になりやすいようですから、漢方薬の知識を
もっておけば、副作用のリスクの少ない、漢方薬での治
療を選択することも可能となります。

 

 

 

 

漢方薬での治療にも副作用はある?

 

 

 

もちろん、漢方薬だからといって、全く副作用がないと
言うわけではありません。

 

 

 

自然界にある、植物や鉱物などから漢方薬は作られます。
自然のものであるために、目だった副作用はほとんどな
いが、副作用自体が全くないというわけではありません。

 

 

 

 

”うつ”治療で漢方薬を使用したい時は、当たり前です
が、信頼できる医師を見つけること。

 

 

 

そしてその医師の指示の通りに忠実に服用することです。
いくら漢方薬といっても、勝手に服用量や、服用方法を
変えてしまっていいわけがありません。効果も期待できなく
なってしまいます。

 

 

 

軽度の”うつ”であれば、効果が確認されている漢方薬で
すから、はじめからリスクの高い通常の薬で、”うつ”に対処
するよりも、リスクが少なめで安心できるかと思います。

 

 

 

 

TOPへ