”うつ”  入院して治療すべき人とは?

 

 

 

 

 

”うつ”  入院して治療すべき人とは?

 

 

 

 

こういう人は入院して”うつ”を治療すべき

 

 

 

”うつ”と入院というのは、普通はあまり結びつかない
と思います。ですが、”うつ”の治療で入院したほうが
ベストな場合もあります。

 

 

”うつ”の治療で入院したほうが、よりベストな人とい
うのは、”うつ”の症状が重い人です。

 

 

 

自殺念慮があったり、自宅の環境がストレスとなってい
る場合などは、環境を変えられないのであれば、自宅で
の”うつ”の治療はベストとはいえません。

 

 

 

それにたとえ自宅でのストレスを感じなかったとしても、
”うつ”が長引いていて、いつまで経っても回復しない
ようであれば、やはり入院したほうがベストだと思われ
ます。

 

 

 

入院することによって、今まで治らなかったのが嘘のよ
うに、あっという間に回復したというケースもあります。

 

 

 

 

 

 

”うつ”で入院、仕事が心配ならナイトホスピタルがいい!

 

 

 

重度の”うつ”じゃなくても、軽度の”うつ”でも入院
で早めに治してしまいたいと考える人もいると思います。

 

 

 

しかしそこで考えてしまうのが、仕事の事。経済的な理
由からも仕事を止められない。あるいは、立場上休むわ
けにはいかないなど、いろいろな状況が考えられます。

 

 

 

”うつ”を入院で集中的に治したい、けど仕事も続けた
、という人のために、今はとてもいい”うつ”治療の
入院システムを採用している病院があります。

 

 

 

仕事を続けながら入院治療も出来る、ナイト・ホスピタルです。

 

 

 

 

 

ナイト・ホスピタルとはどういうものか?

 

 

 

 

ナイト・ホスピタルの基本的なタイムスケジュールは、
起床5時・就寝21時。うつ病の治療には規則正しい生
活をして生体リズムを整えることが不可欠です。

 

またうつ病の人にとっては朝がもっとも辛く、朝の過ご
し方次第で会社や学校に行けるかどうかが決まります。
朝さえうまくゆけば、その日一日がスムーズに進むこと
が多いのです。

 

ですから、起床してから出かけるまでの時間の過ごし方
が非常に大事です。ナイト・ホスピタルでは、朝起きた
ら新聞とコーヒーが用意してある大部屋で、リラックス
して過ごしてもらっています。この時間をのんびり過ご
すことは朝に症状の現れやすいうつ病にとってとても有
効です。日当たりの良い病室で朝日を浴びながらの起床
も効果的です。      (初台関谷クリニック)

 

 

 

 

 

つまり、昼間はいつもどおり仕事をして、仕事が終わっ
たら病院に帰ってきて入院治療。というわけです。

 

 

 

普通の入院では、昼間に治療を行いますが、このナイ
ト・ホスピタルでは、夜に治療を行います。病院から出
勤し、病院に帰宅して治療する。この効率的な入院”う
つ”治療により、早い人では2~3週間で、長くても半
年ほどで”うつ”が改善し、普通の生活に戻ることが出
来るようです。

 

 

 

こういった入院のシステムは、アメリカなどではすでに
一般的となっているようです。

 

 

 

 

 

ナイト・ホスピタルを実施している有名な病院です。

 

 

 

■昭和大学付属の烏山病院 電話番号03-3300-5231
http://www10.showa-u.ac.jp/~karasu/index.html
住所:東京都世田谷区北烏山6-11-11
最寄駅は、千歳烏山駅

 

 

 

■初台関谷クリニック 電話番号 03-3370-1981
http://www.life-research.co.jp/doctor/sekiya.html
住所:東京都渋谷区初台 1-7-7 
最寄駅は、京王新線初台下車 南口より徒歩3分

 

 

 

 

■東京逓信病院 精神科 電話番号03-5214-7111
住所:東京都千代田区富士見2-14-23
http://www.hospital.japanpost.jp/tokyo/shinryo/seishin/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ