”うつ”克服のための「薬物療法」

うつ,薬物療法

 

 

 

 

”うつ”の薬物療法で使用される薬について。

 

 

”うつ”治療の薬物療法では「抗うつ薬」が中心となっ
て使用される。”うつ”のタイプの違いによって、薬は
違ってくる。

 

 

普通”うつ”の治療は、「休養」「薬物療法」の2つ
が中心となって行われます。”うつ”治療で薬物療法が
行われるのは、激しいうつ気分や、寝られないなどの症
状をやわらげ、くりかえすことが多いといわれる”うつ
”の再発を防止する為です。

 

 

 

ここで、薬物療法で使用される薬について、正確に理解
しておくことが大事です。

 

 

”うつ”のタイプによって、使用される薬も量も違うの
で、自分の使用する薬がどのような特徴をもった薬なの
かを、正しく理解しておかなくてはいけない。

 

 

 

薬物療法で”うつ”を克服するために理解しておくべき
こと。

 

 

医師から指示された量と期間は、必ず守る。調子か良く
なってくると、治ったかも?と勝手に解釈して、薬を飲
むのをやめてしまうのはダメ。

 

 

薬物療法を始める前に、今飲んでいる薬があれば、医師
に必ず伝えること。これはどんな病気であれ、常識です。
飲み合わせによっては危険な薬もありますし、効果にも
影響が出てきます。

 

 

 

薬の飲み方を守る

 

 

”うつ”の薬物療法では、最初は効果が実感できないこ
とがあるかも知れませんが、指示された期間は必ず飲む
ようにします。勝手に量を変えてもダメ。

 

 

効果が出てくるまでに、一定の期間が必要になりますか
ら、あせらずに薬物療法を続ける。

 

 

 

薬物療法の副作用。

 

 

”うつ”の薬物療法で使用する薬にも、副作用はありま
す。副作用について、最初に理解しておくこと。

 

”うつ”の薬物療法では、下記の副作用が報告されてい
ます。

 

 

たちくらみがする

 

のどが渇く

 

おしっこの量が少なくなる

 

だるくなる、ねむくなる

 

便秘ぎみになる

 

吐き気がする、嘔吐

 

 


TOPへ