漢方薬はうつ病対策の「救世主」となるか?

 

 

 

 

心の時代と言われる現在、

 

貴方はどんな生活を送っていますか?

 

 

 

雑誌を開けば「うつ病」という文字を

 

読まない日は無いです。

 

 

 

特に芸能人のうつ病問題は

 

マスコミを賑わせている物の一つです。

 

 

 

そこで最近話題に上がってるのが

 

漢方」によるうつ病の治療です。

 

 

漢方とは、日本固有の”古典的医学”のことです。

 

 

 

その漢方が医学が発展した現代において

 

重要な役割を担っているのです。

 

 

 

現代医学では未だにうつ病は不治の病である為、

 

古典的療法が用いられるケースは非常に多い。

 

 

数年前、吉本工業のお笑いコンビ・ナインティナインの

 

”岡村隆史さん”が長期休業をして

 

話題になったことがありました。

 

 

 

その休業の真意も表沙汰にはされていないものの、

 

うつ病であったとされています。

 

 

 

そのうつ病になった岡村さんも

 

漢方による治療をしている

 

自身が語っておりました。

 

 

 

その治療に用いられている漢方は

 

「酸棗仁湯」(サンソウニントウ)と呼ばれる方剤です。

 

 

 

この方剤を使用される方の主な症状は、

 

更年期障害や不眠症といった方です。

 

 

この症状はうつ病にも見られる症状です。

 

 

 

おそらく岡村さんもうつ病から来る

 

不眠に悩まされてこの漢方を

 

服用されていると思われます。

 

 

 

うつ病を発症された方の中で、

 

不眠にお悩みの方は睡眠剤を服用されるより

 

漢方を服用することをお薦めします。

 

 

 

西洋医学は確かに先進的ですが、

 

一方では歴史が浅く未知なる病には

 

適応できない場合があります。

 

 

 

しかし、漢方は歴史が深く

 

人間の長い歴史を”共に歩んできた医学”です。

 

 

 

人間的な医学が漢方とも言い切れます。

 

 

 

その漢方を用いることで

 

現代医学ではお手上げのうつ病を

 

攻略する手立てがあると思います。


TOPへ