うつ病の薬は相性が全て、次はサインバルタでお試しを!

 

 

 

 

 

 

うつ病に効果のある

 

抗うつ薬と言えば

 

「サインバルタ」です。

 

 

 

サインバルタは効能が

 

強い部類の薬です。

 

 

 

 

そもそもうつ病患者は、

 

神経伝達物質の

 

「アドレナリン」と

 

「セロトニン」の分泌が

 

悪くなる症状があります。

 

 

 

 

そのうつ病を患っている方が

 

サインバルタを服用すると、

 

脳の神経を活発化させて

 

”アドレナリン”と

 

”セロトニン”の量を

 

増やします

 

 

 

 

そうすることで

 

気分が高揚し、

 

気持ちも安定します。

 

 

 

 

しかし、サインバルタは

 

効果が出るには

 

長い時間を要する

 

ので服用を諦めて

 

しまう方がいます。

 

 

 

うつ病患者はサインバルタを

 

長期的に服用し効果が

 

出るまで待ちましょう。

 

 

 

サインバルタを服用し、

 

うつ病の状態をチェック

 

しながら行きましょう。

 

 

 

 

サインバルタは眠気や

 

めまいを起こす作用が

 

あるので、

 

服用後の自動車運転は

 

避けましょう。

 

 

 

 

もしサインバルタを服用しても、

 

うつ病が軽減しなければ考え物です。

 

 

 

薬を変える必要があります

 

 

 

しかし、簡単には自分に

 

合った薬が見つからない

 

のが現状です。

 

 

 

うつ病の方が薬を服用する際に

 

もっとも恐れているのが

 

”離脱症状”です。

 

 

 

 

離脱症状は、耳鳴り、頭痛、

 

悪夢、不眠などの症状が

 

数日間もしくは

 

数ヶ月間続きます。

 

 

 

その為、薬選びに慎重に

 

なることでしょう。

 

 

 

薬には相性があります。

 

 

時間をかけて選びましょう。

 

 

 

色んな薬を体験して

 

再びサインバルタを

 

選ぶかもしれません。

 

 

 

 

しかし、時間を置くと

 

副作用がより強力に

 

感じる場合もあります。

 

 

 

 

一度目は副作用は

 

無かったのに、

 

二度目は強い副作

 

用を感じてしまう

 

こともあります。

 

 

 

 

サインバルタの副作用で

 

代表的なものは”嘔吐”です。

 

 

 

 

酷い時には服用する

 

度に嘔吐し、

 

病院で点滴的を受ける

 

こともあります。

 

 

 

 

サインバルタも

 

全てのうつ病の方に

 

合うわけではありません。

 

 

 

 

このようにうつ病の方は

 

薬選びを怠ると、

 

うつ病以上の苦しみを

 

味わうことになります

 

 

 

 

色んな薬を試して

 

自分に合う薬を

 

探して下さい。


TOPへ