”うつ”と家族の支え

うつ,家族

 

 

 

 

”うつ”に対して、家族として、どう接したらいいのか
分からない?

 

 

”うつ”患者に対しては、ただ話を聞いてあげることが
大事です。

 

 

”うつ”の患者さんにとって、家族はとても重要なサ
ポーターです。身の回りの世話や、病院にいくときなど
も、そばについていて、医者の話を聞くなど、やるべき
ことはたくさんあります。

 

 

 

”うつ”の治療にとって、家族がいるることは大きな支
えになります。

 

 

”うつ”患者の話しを聞いてやるだけでい。それが重要
な、家族のサポートになる。

 

 

特に重要なのが、なんと言ってもただ”うつ”患者さん
話をきいてやること。これが家族のサポートで最も重
要といってもいいです。

 

 

”うつ”患者さんも、話を聞いてもらえることで、気持
ち的に、大分楽になるはずです。

 

 

もちろん、”うつ”患者さんの元気のないときに、無理
やり話をきこうとしてはダメです。そういう時はそっと
してやってください。元気な時や自分から話そうとして
いるときには、積極的に話を聞いてあげましょう。

 

 

”うつ”患者さんは精神的に不安定ですから、時おり攻
撃的な言葉をぶつけてくるかもしれませんが、そこで言
い合いになってケンカをしてしまってはいけません。

 

 

相手は”うつ”患者なんだと理解して、的確な対応が、
家族に求められます。

 

 

 

 

 

”うつ”治療は、患者さん一人ではうまくいきません。
家族が、医師と患者の間にはいって、スムーズに治療を
進める必要があります。

 

 

家族が心の支えになる

 

 

ただ話を聞くだけで、”うつ”患者にとっては大きな安
心になる。どのような内容の話であっても、否定したり
しないで、ちゃんと聞いてやる。

 

 

 

”うつ”患者は通常の生活が難しい面があるので、家族
の支えがどうしても必要になる。

 

 

”うつ”患者の身の回りのことを、すべてやってしまう
のではなく、補助する感じで手伝う。

 

 

”うつ”の治療中は、とにかく休養することが重要なの
で、家事など日常生活のことは、家族がサポートする。
自分でやりたいと言ってきたときは、無理のない程度に
やらせてみるのも大事なこと。

 

 

 


TOPへ