パキシルは子供への副作用を注意する


(出典 http://cocokarada.jp/medicine/rx/1179041F1025/index.html)

 

 

 

 

パキシルの副作用については色々ありますが、

 

特に注意が必要なのが子供への副作用の影響です。

 

 

 

薬事法にて劇薬指定されているパキシルですが、

 

妊娠中の妊婦さんがパキシルを服用している場合、

 

お腹の中の子供に副作用の影響が心配されます。

 

 

 

子供を作るのを諦めざるを得ない人も多数います。

 

パキシルはSSRI、選択的セロトニン再取り込み

 

阻害薬というの略称ですが、その副作用については

 

大きな問題点があります。

 

 

 

パキシルの副作用として、激しい離脱症状を起こします。

 

パキシルの服用を止めると、めまいや耳鳴り、吐き気や嘔吐などの

 

副作用が現れます。

 

 

 

つまりパキシルを飲まないと正常ではいられないという副作用に

 

なります。

 

 

 

うつ病他、パニック障害など精神的な病気の治療を受けている人は

 

大体パキシルの様なうつ剤を服用しています。

 

 

 

 

しかし、この薬を妊娠中の妊婦さんが服用すると生まれてくる

 

子供に先天的な障害をもたらす事が多いという報告があります。

 

 

すなわち、服用している本人だけでなく子供へも

 

副作用が現れるという事です。

 

 

 

 

子供が直接服用する事はありませんが、胎児としての子供へ

 

体内を通じて薬の成分がいき、奇形児などが産まれる可能性

 

あります。

 

 

 

子供への副作用を考えた場合、薬を絶つという選択を余儀なく

 

されますが、中々薬をやめる事は出来ません。

 

 

飲まないと激しい離脱症状という副作用に苦しむ事が分

 

かっている為です。

 

 

 

 

その為、うつ病やパニック障害でパキシルを処方されて

 

服用している女性の患者の中には、子供への副作用を

 

考え子供を作る事を諦めるという決断をする人もいます。

 

 

 

 

また、妊娠してからパキシルという薬の危険性を知ってしまう

 

人も大勢います。

 

 

 

その結果、中絶という形を選択する人も悲しい結果ですが

 

いらっしゃいます。

TOPへ