メランコリー型”うつ”の治療法

メランコリー型うつ,治療

 

 

 

 

メランコリー型”うつ”をどう治療するか?

 

 

 

メランコリー型”うつ”の特徴である、「こだわり癖」
を直す。

 

 

メランコリー型”うつ”を再発させないためには、十分
休養をとらせ、薬物療法と精神療法をおこなう。治療は、
ゆっくりと時間をかけて、休みながらおこなっていく。

 

メランコリー型”うつ”は薬物療法による治療が効きま
す。ですが、またこのメランコリー型”うつ”は他のタ
イプと比べて、再発しやすい特徴があります。

 

治療は慎重にしないといけません。メランコリー型”うつ”の治
療は、薬物療法と「体を十分に休ませること」が、中心
となります。薬での治療が効いて大分よくなったと、自
分で勝手に判断して、治療の薬をやめてはいけません。

 

治療の薬は医師の指示通りに、きちんと飲まないと、
発の危険
があります。

 

また、メランコリー型”うつ”の治療には、精神療法に
より、”うつ”になりやすい考え方を、治していく方法
で、良くなる場合もあります。

 

 

メランコリー型”うつ”では十分な休養が必要不可欠で
すが、このメランコリー型”うつ”の患者さんは、まじ

 

めな人が多く、仕事を休むことに対して、罪悪感を感じ
てしまいます。そのため休ませるのが、非常に難しくな
ります。あなたが今するべき仕事は、このメランコリー

 

型”うつ”を治すこと、十分に休むことだと、言い聞か
せる。休むことが、今の自分の仕事だと思い込ませる。

 

 

 

メランコリー型”うつ”精神療法で治療

 

 

少しずつ回復してきたら、”うつ”になりやすい、考え
方の癖をなおしていく。

 

メランコリー型”うつ”になりやすい考え方。
「なにごとにもまじめ」「ほどよいところで手を抜く」
という考え方をなおしていく

 

 

 

メランコリー型”うつ”の患者さんへの対応方法

 

 

治療には、とにかく休むことが大事だと言う

 

自分が何もかも悪いと考えてしまう。「もう少しちゃん
とできないの?」
などの言葉は、患者さんを追い詰め、
自分を責め始めてしまうので、気をつける。

 


TOPへ