”頑張れ”は”うつ”の治療にならない?

うつ,治療

 

 

 

”うつ”の治療で頑張れは厳禁?

 

 

”うつ”患者に対する治療で、一般の健常者には理解で
きない、注意すべき点がある。

 

 

それは、”うつ”の患者にたいして、「頑張れ」と応援
してはいけない
ということである。「こんなことで負け
てちゃダメ」「あなたなら出来る大丈夫、頑張って」な
どの、元気づけや応援の言葉は言ってはいけないのだ。

 

 

”うつ”患者にとってそんなことは分かりきっている。

 

このままではダメなことは、十分に分かっているが、そ
れでもどうしようもない、できない。

 

 

だから追い詰められて”うつ”になってしまっているわ
けだから、そこでさらに「頑張れ」などの言葉をかけよ
うものなら、そこからさらに”うつ”患者を追い詰めて
しまうことになる。

 

 

”うつ”患者にとって、治療になるどころか、決定的に
悪化することになりかねない。

 

 

 

また”うつ”の治療には休養治療が一番、ということで、
のんびりと温泉治療にでも行こうとか、カラオケに行こ
う、などというのも厳禁である。

 

 

こういったことは、元気な人にとっては、いい気晴らし
になってスカッとするだろうが、

 

”うつ”の患者にとっては苦痛以外のなにものでもない。
旅行に行ったり、カラオケをすのには、かなりのエネル
ギーが必要になる。”うつ”はエネルギー不足の病なの
で、相当の苦痛になることは想像に難くない。

 

 

それに悪いことに、”うつ”患者は、まじめなので、誰
かに誘われると断ることが出来ない。

 

どうしても行かないといけないと考えて、限界を超えて
も付き合ってしまう。その結果旅先で症状が最悪になり、
とうとう自殺してしまったという事例もある。

 

 

とにかく”うつ”の治療にとっては、「何もしない」が
一番の治療になる。なにもしないことが治療になるなん
て、普通は理解出来ないが、”うつ”の治療にとっては、
基本中の基本だということを忘れてはいけない。

 

 

 

 

 


TOPへ