鬱治療の幅を広げる

 

 

 

 

 

うつ病などの精神疾患の患者にとって、まだまだ医療施設の不備は

 

直面するひとつの大きな問題であると思ってます。

 

 

 

 

精神科および心療内科など精神疾患を持つ患者を診察するのは、

 

この2つがメインになりますがその病院がどのぐらいあるかというと

 

十分に足りてるとは言えない状態ではないでしょうか。

 

 

 

 

病院の数が少ないという事は自分にあった医師や治療方法を選ぶ事は

 

難しくなります。

 

 

 

また少ない医療機関に増え続けるうつ病患者が押し寄せる事になる為、

 

一人当たりの診察にかけられる時間は限られてきます。

 

 

 

 

うつ病患者は自分が通う病院の先生に一番話を聞いてもらいたい、

 

一番良き理解者でもある先生にまともに話を聞いてもらえる機会が

 

取れない現状は増え続けているのではないだろうかと考えてしまいます。

 

 

 

 

うつ病の治療において必要になってくるのは、自律神経の異常や

 

神経伝達物質の以上を抑制する薬が必要になります。

 

 

 

 

しかしそれと共に大事なのは、自分の不安な感情などを自分の言葉で

 

表現出来る場所だと感じています。

 

 

 

 

その場所が病院であり、聞いてくれる相手が先生になります。

 

話を聞いてくれるなら誰でも良い訳ではありません。

 

 

 

 

自分やうつ病の事に対して、理解が少なくどとらかというと否定的な感情を

 

持っている人を相手に話してもなんの解決にもなりません。

 

 

 

 

いや、解決なんて望みませんが聞いてくれる安心感が必要になります。

 

 

そういう意味では、カウンセリングを行ってくれるセラピーなどの活用も

 

視野に入れる事は、治療の方向性として可能性は広がる様な気がします。


TOPへ