鬱病治そうと思うなら人任せにしないこと

 

 

 

 

 

鬱病治療においては様々な薬が、それぞれ個人の症状にあわせて

 

処方されると思います。

 

しかしこのうつ病の薬一体いつまで飲めばいいのか?

 

終わりが見えないところが不安です。

 

 

 

 

うつ病自体は治りにくい病気と言われていますが、その背景には

 

再発率の高さがあると考えられます。

 

 

 

 

再発回数は多ければ多いほど薬への依存度は高まるとされるうつ病は、

 

依存度が高まるともはや薬なしでは生活する事は難しい状況になってきます。

 

 

 

 

なぜならうつ病の薬には激しい離脱症状がある為、薬の服用をやめると

 

体自体に大きな異変が起こる可能性があります。

 

 

 

私の周りを見ても、うつ病が完全に治ったという人は見たこ事がありません。

 

 

 

 

一時的に治ったかの様に見えても、数年後にはやはり

 

再発をしているという人も多く見かけます。

 

 

 

それだけ直すのが難しいうつ病なのですが、疑問に思うこともあります。

 

冒頭に述べたように薬に関してですが本当に自分に合った薬を

 

処方してもらっているのだろうか?という疑問も申し訳ないが抱いてしまいます。

 

 

 

 

しかしこの事には私たち患者側にも問題があると思われ、何となく調子が

 

良いからとりあえず薬を切らさない様に貰っておこう、という程度の考え方を

 

持つ事だけでは症状の改善は難しいと思われます。

 

 

 

自分で事細かな変化を観察すれば、どういった状態の時が良いのか、

 

悪いのか、薬を飲み忘れた時はいいのか悪いのか、

 

調子が悪く薬を変更してもらった後は実際どうなったのか?

 

 

 

 

細かく自分を分析し医師に報告相談するこ事が、すごく大事な事だと

 

思われます。

 

 

 

 

特にうつ病の症状は分かりにくく、本人にしか感じない苦痛や

 

体の異変などが考えられます。

 

 

 

 

うつ病や精神疾患に関連する薬も多様に開発されていますが、

 

医師も一度処方して患者が何も言わなければ薬を変える事はありません。

 

 

 

 

しかし薬も個人個人合う合わないもありますし、薬の量に対する問題もあります。

 

 

 

 

うつ病を抱えながらうまくやっていくには、自分自身が薬の疑問や探究心を

 

持たなければ良い状態が保てないと最近は思います。


TOPへ