薬物療法で治療できない”うつ”が出てきた!?

 

 

 

 

”うつ”の治療の問題点

 

 

現時点では”うつ”はおもに心の病気というよりも、脳
自体の機能低下のために起きていると考えられている。

 

 

脳内の情報伝達をつかさどる神経伝達物質の不足により
”うつ”になっているとされているわけである。この仮
説によれば、治療は簡単で、要はこの不足している神経
伝達物質を治療により増やしてやりさえすればいいとい
うことになる。

 

 

”うつ”に関係している神経伝達物質は、セロトニンと
ノルアドレナリンだと考えられているので、この二つの
神経伝達物質を治療により増やしてやればいいはずであ
る。

 

 

この考えに従って、現在”うつ”の治療に使用されてい
る、治療薬、抗うつ薬が、SSRIとSNRIである。

 

 

SSRIはセロトニンだけを増やす抗うつ薬で、SNRIはセロ
トニンとノルアドレナリンの両方を増やす作用のある抗
うつ薬である。

 

 

これらの抗うつ薬は最近開発された治療薬で、副作用も
少ないために、”うつ”の治療薬として主に処方されて
いる。

 

 

なおSSRI、SNRI以前から使用されている治療薬は副作用
が出やすいために、現在では治療に使用されることが少
なくなってきている。

 

 

 

 

抗うつ薬は”うつ”に万能ではない!?

 

 

 

”うつ”が単純に、脳内の神経伝達物質の不足によるも
のだとすれば、SSRIやSNRIなどの抗うつ薬を投与するこ
とによって、セロトニン、ノルアドレナリンを増やして
やれば、それで治るはずである。

 

 

実際、休養と薬物療法の二本柱の治療により、回復して
いく人もいるが、その一方で、いくら治療薬を飲んでも
いっこうに回復しないという人もいる。

 

 

「薬を飲んでも効いているのかいないのかさっぱりわか
らない」「いつまで飲み続ければ治るのか?」などと訴
える患者さんも多い。

 

 

また、薬を飲み続けていて、効いてきて、楽になったの
で、治ったと思い職場に復帰したら、まもなく気分が落
ちこんでしまって、結局また再発してしまったという人
もいる。

 

 

抗うつ薬に対する耐性のようなものをもっている”うつ
”が増えてきてしまっているのも事実である。
抗うつ薬へ依存せざるを得ない”うつ”の薬物療法の現
状は、今大きな問題となっている。

 

 

 

 

TOPへ