なんと!青魚のオメガ3脂肪酸が”うつ”治療に効果あり!?

 

 

 

 

なんと!青魚のオメガ3脂肪酸が”うつ”治療に効果あり!?

 

 

 

青魚などに含まれる、オメガ3脂肪酸が、”うつ”の改
善に効果が見られたとの研究成果を、アメリカの大学が
発表した。

 

 

”うつ”患者の食事とともに、このオメガ3脂肪酸を一
定量摂らせたところ、抗うつ薬にも匹敵するか、それ以
上の”うつ”改善効果があったという。この栄養補充療
法とプラセボ投与の効果と比較しても、栄養補充療法の
ほうが効果が高かったという。

 

 

世間では健脳食として、青魚などに含まれる、DHAな
どのオメガ3脂肪酸がもてはやされているが、どうやら、
”うつ”の治療にも効果がありそうである。

 

 

このオメガ3脂肪酸を摂取することにより、”うつ”の
改善効果が見られるとすれば、日頃、食事からの、オメ
ガ3脂肪酸の摂取量が少ない人は、”うつ”になりやす
いのかも知れないという、予測が成り立つ。

 

事実、我々現代人の食生活では、これらオメガ3脂肪酸
が不足していると言われている。

 

 

逆に、”うつ”のほとんど見られない、アフリカの狩猟
採集民などは、オメガ3脂肪酸を、われわれの10倍近
摂取しているとの報告もある。

 

 

このオメガ3脂肪酸の中でも特に、”うつ”の治療に効
くのが、EPAとDHAであるそうだ。DHAは脳に作
用することから、脳内の情報伝達の不具合が原因とされ
る”うつ”にも効果があるのかもしれない。

 

 

 

2:1 EPAとDHAのベストな摂取方法

 

 

EPAとDHAは2:1の割合で摂取したときに、”う
つ”の治療にとって最良の効果を示すという。この割合
は、実は、自然界に存在するオメガ脂肪酸の、割合なの
だそうだ。

 

 

もちろん全ての”うつ”患者に効果があるわけではない
が、抗うつ薬と比べても遜色ない効果が期待できるとす
れば、試してみない手はない。

 

 

しかもオメガ3脂肪酸を摂取することは、”うつ”の治
療だけでなく、アレルギーによる、炎症をおさえたり、
生活習慣病を予防できるなどの効果も期待できる。

 

 

 

 

 

 

TOPへ