意外と知らない?軽めの”うつ”なら運動で改善出来る!?

 

 

 

 

意外と知らない?軽めの”うつ”なら運動で改善出来る!?

 

 

簡単で、楽しく続けることの出来る、有酸素運動が”うつ”の改善にいい!

 

 

健常な人にも言えることですが、落ちこんでふさぎこん
でいる時に、何か軽く運動をして、体を動かすことによ
って、気持ちがすっきりと改善することは良くあります。

 

 

軽く体を動かすことによって、脳内にアドレナリンやエ
ンドルフィン、セロトニンなど、精神に作用するホルモ
ンが分泌されることがわかっています。

 

 

”うつ”ではない私なども、元気で余り調子の出ない時
に、軽く低山登山をすると、途中から気分が改善され爽
快になってきます。頂上につく頃には、体は疲れるので
すが、それも心地よい疲れで、何よりも心が晴れ晴れと
して、元気になって改善していることが、経験上よくわ
かります。

 

 

スッキリはセロトニンのおかげ?

 

 

”うつ”の人に登山はおすすめできませんが、登山とま
では行かなくても、ウオーキングやジョギング、ストレ
ッチなどの有酸素運動をすると、セロトニンが分泌され
やすくなります。

 

 

このセロトニンは人間の精神に作用し、心を安定させ、
”うつ”を改善していく作用があります。

 

 

”うつ”などにより、このセロトニンが不足すると、精
神が安定せず、不安になったりイライラしたりしてしま
います。セロトニンを増やすことは”うつ”の改善にと
ても重要です。

 

 

”うつ”の改善にセロトニンを増やす

 

 

セロトニンは運動を開始して5分で活発になり始めて、
30分で最大になります。30分程度の軽めの運動が、
気分をスッキリと改善させるのは、このセロトニンの作
用です。

 

 

運動して何かをやり遂げたという、達成感や心地よさを
感じることが”うつ”の改善には大切です。

 

 

軽めの運動で、セロトニンが分泌され、気持ちがいいと
感じたあたりでやめるようにします。あまり長時間やり
すぎると、疲れのほうがたまってしまい、”うつ”の改
善どころか、かえって逆効果になってしまいます。

 

 

 

 

 

TOPへ