ちょっと怖い!?電気でけいれん起こす”うつ”治療

 

 

 

 

ちょっと怖い!?電気でけいれん起こす”うつ”治療

 

 

 

重度の”うつ”患者のみに、以前から行われている”う
つ”治療法に、電気けいれん療法という治療がある。

 

 

文字通り”うつ”患者自身に電気を流して、けいれんさ
せるというものだが、話を聞くだけだと、なんだか怖い
気がする。

 

 

”うつ”の治療とはいえ、体がけいれんするほど電気を
流して、はたして大丈夫なのだろうかと、素人の私など
は不安になってしまう。

 

 

しかし、この重度の”うつ”治療は、すでに70年以上
も昔から行われており、その治療効果も、なんと80%

 

 

近くもあるという。中程度以下の”うつ”の場合は薬物
療法中心となるが、薬物療法でも治療効果の見られない、
重度の”うつ”の治療にのみ、この電気けいれん療法が
行われるという。

 

 

頭に電流を流して、体にてんかんのようなけいれんを起
こして治療するとは、なんとも怖い気がするが、すでに
70年以上も昔から行われていて、高い治療効果をあげ
ているという事実を考えると、優れて有効な”うつ”治
療の方法なのだろう。

 

 

 

電気けいれん療法で”うつ”の自殺を食い止める。

 

 

 

国内の自殺者数は毎年3万人を超えている。これには”
うつ”などの精神疾患が大きく関連しているといわれて
いる。

 

 

”うつ”などの精神疾患をこのまま放置しておけば、こ
の自殺者数はますます増加していってしまうことも考え
られる。自殺の危険性が十分にある、重度の”うつ”患
者に対しては、電気を使った荒療治が必要なのかもしれ
ない。

 

 

なおこの”うつ”治療の電気けいれん療法は、中高年で、
中程度から重度の”うつ”患者が、主な治療の対象にな
るという。

 

 

 

 

TOPへ