太陽の光が”うつ”を治療するという事実。

 

 

 

 

太陽の光が”うつ”を治療するという事実。

 

 

 

”うつ”の中でも、秋から冬にかけて発症する”うつ”
のことを、冬季うつ病といいます。この”うつ”は冬に
発症し、春先になると回復するという、季節性うつ病で
す。

 

 

季節性うつは、この冬季うつのほかに、夏季に発症する、
夏季うつ病があります。

 

 

冬季うつ病は、通常の”うつ”と違い、精神的な問題が
あるわけではありません。ただ、この冬季うつ病は、一
度発症すると、毎年繰り返してしまう傾向があります。

 

 

この冬季うつ病は、比較的に軽い症状なので、発症して
も気がつかない人もいるようです。

 

 

また、気が付いても、比較的に症状が軽いために、回復
が期待される春先まで、我慢してしまうという人もいま
す。

 

 

冬季うつ病は、一日の陽が短くなり、日没が早くなるに
つれて、気分が落ち込んできてしまい、酷いときには、
何もやる気がしないという状態になってしまいます。
比較的に軽い”うつ”ですが、日常生活に支障をきたす
場合もあります。

 

 

冬季うつ病の症状の特徴としては、ゆううつな気分、過
食と眠気、そして、甘いものがほしくなるという特徴が
あります。

 

これらの症状は通常の”うつ”では現れにくい症状です
から、冬季うつ病に特徴的な症状と言えます。

 

 

 

 

”うつ”治療、太陽の光で、冬季うつ病を治療する!

 

 

 

秋から冬にかけて日照時間が短くなるにつれて、気分が
落ち込み、冬季うつ病を発症し、春先から夏にかけて、
日照時間が長くなり始める頃から、回復し始めるという
ことで、冬季うつ病の原因には、日照時間が大きく関係
していると考えられています。

 

 

日本列島で、太平洋側の地方と日本海側の地方を比べた
場合でも、より日照時間の短い、日本海側の地方の方が、
冬季うつ病を発症しやすいというデータもあります。

 

 

冬季うつ病は、日照時間が関係しているということで、
陽の光りの当たらない部屋で、長時間過ごした場合でも、
発症のリスクが高まるといわれています。

 

 

要するに、冬季うつ病は、太陽の光の不足により発症す
る、光不足”うつ”ということが出来そうです。

 

 

この太陽の光が不足すると、脳内にセロトニンが不足し、
また体内時計をつかさどる、メラトニンの分泌も狂って
しまい、その結果”うつ”を発症するという説もありま
す。

 

 

太陽の光りを浴びることは、”うつ”の治療になるとは
以前から言われていることです。

 

 

 

光治療、冬季うつ病を治療する

 

 

この治療は、もう言うまでもなく、ただ光りを浴びることで
す。光りの不足によって、冬季うつ病を発症しているわ
けですから、光療法という治療方法によって、治療して
いきます。

 

 

2500~10000ルクスの光りを浴びる、光療法に
よる治療で、多くの冬季うつ病患者に、前向きな治療効
果があらわれたとの報告があります。

 

 

 

 

 

 

TOPへ