若い方のうつ病患者には過眠症が注意

若い方のうつ病患者には過眠症が注意

うつ, 過眠

 

 

 

 

一日の中で気の休まる時間は一体いつですか?

 

多くの方はおそらく睡眠と答えるかもしれない。むしろ

 

それが自然な答えであると信じてる。

 

 

 

そこでその大切な睡眠について少しお話しさせて頂きま

 

す。みなさんは過眠症という病気をご存知でしょうか?

 

 

 

それでは説明しましょう。

 

 

 

 

 

過眠症というのは、睡眠が異常に長くなる睡眠障害を指

 

します。日中の眠気、長時間の夜間睡眠が長期化する事

 

で特徴付けられる。

 

 

 

 

 

 

その過眠症が発症する原因は、脳障害、うつ病、尿毒症

 

によって引き起こされます。

 

尚、体重過多の方は過眠症になりやすいとも言われてい

 

ます。

 

 

 

 

その中でも着目したいのは、うつ病による過眠症にスポ

 

ットを当ててみます。

 

 

 

 

 

過眠症の特徴は、若い人が発症する例が多いのです。

 

うつ病になったとしても、若い層のうつ病患者を中心に

 

起こるという事です。

 

その主な原因は絶望感という事が挙げられます。

 

 

 

 

 

若い方は経験不足であり、逆に人生の先が長い分うつ病

 

に対して最悪のケースを考えてしまうので過眠症に陥る

 

のでしょう。

 

 

 

 

 

 

うつ病と過眠症の関連性が分からないと、過眠症に対し

 

てしっかりとした対応はとれません。

 

それはうつ病患者が病院で、うつ病という診断が下され

 

る前には、怠け者という扱いを受けるのと同じことです。

 

 

 

 

 

 

やけに過眠だったり、日中でも眠気が襲ってくる症状な

 

ら、うつ病と過眠症を疑ってみるのも良い事でしょう。

 

若い方のうつ病患者には、特に慎重に扱わなくてはいけ

 

ません。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法