”うつ”を克服するために今出来ること

”うつ”の治療法記事一覧

”うつ”の治療

”うつ”の治療”うつ”は、早期に発見されれば、十分な療養と、的確な治療によって、その80%が1年以内に完治すると言われています。しかし、”うつ”の治療中に「頑張れ」「そんなに落ち込むな」などの叱咤激励は”うつ”患者には間違っても言ってはいけません。本人は頑張りたいんです。でもその心とは裏腹に、どうし...

≫続きを読む

”うつ”克服のための「薬物療法」

”うつ”の薬物療法で使用される薬について。”うつ”治療の薬物療法では「抗うつ薬」が中心となって使用される。”うつ”のタイプの違いによって、薬は違ってくる。普通”うつ”の治療は、「休養」と「薬物療法」の2つが中心となって行われます。”うつ”治療で薬物療法が行われるのは、激しいうつ気分や、寝られないなど...

≫続きを読む

”うつ”に効果のある自律訓練法

”うつ”を楽にする自律訓練法。自律訓練法は”うつ”の症状を楽にしてくれます。心身の緊張を取り除く効果のある自律訓練法を試してみましょう。”うつ”に効果のある自律訓練法とはなにか?自律訓練法とは、ストレスなどからくる心身の緊張を緩和するための、リラクセーション法の一つです。”うつ”にも効果があることが...

≫続きを読む

”うつ”に効く、認知療法

”うつ”の治療法 認知療法”うつ”の思考パターン変える認知療法考え方を変えると、気持ちが楽になる。”うつ”の人にはもののとらえ方、考え方に、特徴がある場合があります。それを修正することによって、気分的に大分楽になることが出来ます。これを認知療法といいます。こういった認知療法のような、考え方の修正は、...

≫続きを読む

"うつ”の再発を予防する

”うつ”の再発の前にあらわれるサインを覚えておく。”うつ”再発のサインにいち早く気づくことが大切。”うつ”は早めの対応が再発を食い止める。”うつ”再発のサインがあらわれたら要注意。”うつ”は再発しやすい病気。よくなっても、またストレスがたまり始めると、簡単に再発してしまう。”うつ”の再発を防ぐために...

≫続きを読む

自分で出来る簡単”うつ”治療

自分で出来る”うつ”の治療法”うつ”の治療、体を動かせば、心も元気になる。”うつ”治療では「よし、運動するぞ!」と力まないこと。”うつ”の症状が少なく、比較的気持ちのいいときに軽くおこなう。”うつ”の症状がきつい時には、運動などは出来ません。すこしずつ”うつ”が回復し始めてきて、気分のいいときなどは...

≫続きを読む

抗うつ薬と依存性

抗うつ薬を服用することで、依存性はあるのか?。抗うつ薬に依存性はない。信頼して服用すること。精神科などで使用されている、抗うつ薬などの薬は、自分達の周りでも、服用している人が少ないために、副作用や依存性も強いのではないかとの、不安をもっている人もいるようですが、”うつ”の治療でよく使用される、抗うつ...

≫続きを読む

"うつ”と家族の支え

”うつ”に対して、家族として、どう接したらいいのか分からない?”うつ”患者に対しては、ただ話を聞いてあげることが大事です。”うつ”の患者さんにとって、家族はとても重要なサポーターです。身の回りの世話や、病院にいくときなども、そばについていて、医者の話を聞くなど、やるべきことはたくさんあります。”うつ...

≫続きを読む

メランコリー型”うつ”の治療法

メランコリー型”うつ”をどう治療するか?メランコリー型”うつ”の特徴である、「こだわり癖」を直す。メランコリー型”うつ”を再発させないためには、十分休養をとらせ、薬物療法と精神療法をおこなう。治療は、ゆっくりと時間をかけて、休みながらおこなっていく。メランコリー型”うつ”は薬物療法による治療が効きま...

≫続きを読む

”頑張れ”は”うつ”の治療にならない?

”うつ”の治療で頑張れは厳禁?”うつ”患者に対する治療で、一般の健常者には理解できない、注意すべき点がある。それは、”うつ”の患者にたいして、「頑張れ」と応援してはいけないということである。「こんなことで負けてちゃダメ」「あなたなら出来る大丈夫、頑張って」などの、元気づけや応援の言葉は言ってはいけな...

≫続きを読む

”うつ”を食事で治す

”うつ”の治療と食事。心と体のバランスを保つには食事からの栄養が大事一番重要な食事は、なんといっても朝食。一日のエネルギーのもと、活動の元になる。”うつ”の心を落ち着ける作用もある。”うつ”の症状に、食事が面倒、食欲がわかないなどの症状がよくみられます。しかし、毎日の生活をしていく上で、食事をしない...

≫続きを読む

薬物療法で治療できない”うつ”が出てきた!?

”うつ”の治療の問題点現時点では”うつ”はおもに心の病気というよりも、脳自体の機能低下のために起きていると考えられている。脳内の情報伝達をつかさどる神経伝達物質の不足により”うつ”になっているとされているわけである。この仮説によれば、治療は簡単で、要はこの不足している神経伝達物質を治療により増やして...

≫続きを読む

なんと!青魚のオメガ3脂肪酸が”うつ”に効果あり!?

なんと!青魚のオメガ3脂肪酸が”うつ”治療に効果あり!?青魚などに含まれる、オメガ3脂肪酸が、”うつ”の改善に効果が見られたとの研究成果を、アメリカの大学が発表した。”うつ”患者の食事とともに、このオメガ3脂肪酸を一定量摂らせたところ、抗うつ薬にも匹敵するか、それ以上の”うつ”改善効果があったという...

≫続きを読む

運動で”うつ”を撃退する!?

運動で”うつ”を治す!テニスで”うつ”を治療する!?適度な運動は、”うつ”にたいして、治療効果をもたらすことは、昔から言われていた。毎日運動することができなくても、一日おきの運動でも、犬を散歩させる程度の、軽い運動でも、抗うつ薬と同じレベルの改善効果が期待できるという。また、なおっても、テニスやジョ...

≫続きを読む

なんと!太陽の光りに”うつ”の薬効成分!?

太陽の光りを浴びることで”うつ”が改善する!?”うつ”でなくとも健康な人間ですら、明るい太陽の下にいると、なんだか気持ちまで、明るくなってくるし、逆に、どんより曇った空や、雨天の日などは、なぜか暗く重苦しい気分になったりする。健康な人間ですら、このように天候に、簡単に影響を受けてしまうわけだから、”...

≫続きを読む

子どもが”うつ”になったら病院はどうするの?どこがいいの?

子どもが”うつ”になったら、病院はどうするの?どこがいいの?確かに、最初は一つの病院では、はっきりと病名がわからないことがあります。特に”うつ”はそうですが、次から次へと病院を替わることは、かえって”うつ”の子どもを不安にさせてしまいます。”うつ”という病は、治療をはじめてすぐに効果があらわれるもの...

≫続きを読む

自分を”うつ”だと思うと治らない!?

自分を”うつ”だと思うと治らない!?自分を”うつ”と考えることが心に与える影響とは?ほとんどの人は、軽い気分の落ち込み程度の、軽い”うつ”を病気だとすることに抵抗を感じる。自分が”うつ”なのではと考えることが、何か良くない影響を自分に与えるのではないかと感じるのだろう。”うつ”を正しく病気と判断する...

≫続きを読む

”うつ”は治りかけに自殺する!?それは本当なのか?

”うつ”は治りかけに自殺する?それは本当なのか?”うつ”は十分に休養をとることによって徐々に回復していきますが、注意しなくてはいけないのは、”うつ”の治りかけの時の自殺の危険性です。”うつ”という病にには、常に症状として自殺の危険性があります。そして、周囲はおろか自分自身すら気づかずに、進行してゆく...

≫続きを読む

意外と知らない?軽めの”うつ”なら運動で改善出来る!?

意外と知らない?軽めの”うつ”なら運動で改善出来る!?簡単で、楽しく続けることの出来る、有酸素運動が”うつ”の改善にいい!健常な人にも言えることですが、落ちこんでふさぎこんでいる時に、何か軽く運動をして、体を動かすことによって、気持ちがすっきりと改善することは良くあります。軽く体を動かすことによって...

≫続きを読む

不安だらけ、子どもの”うつ”へどう対処する?

不安だらけ、子どもの”うつ”へどう対処する?子どもの”うつ”を見分ける。それほんとうに”うつ”ですか?気持ちの落ち込みや、イライラはどんな健康な人にもあることです。それだけで”うつ”であると判断するのは早計です。子どもを毎日しっかりと見ていて、2週間ほど経っても気持ちの落ち込みが治らなかったり、イラ...

≫続きを読む

子どもの”うつ”治療、薬物使用に国が注意指示!?

子どもの”うつ”治療。薬物療法に注意!子どもの”うつ”治療において使用される、抗うつ薬SSRI、SNRI、NaSSA、の18歳未満への使用は慎重にするようにとの指示が、国から出ています。海外で行われた、子どもの”うつ”に対しての抗うつ薬の臨床試験において、”うつ”の治療に有効性が確認されなかったとい...

≫続きを読む

超画期的!ゲームで子どもの”うつ”を治療する!?

超画期的!ゲームで子どもの”うつ”を治療する!?子どもの”うつ”治療に悩んでいる私にとって、願ってもない、夢のような治療法が開発されたようです。どんな画期的な治療法かというと、なんとそれはゲーム!ほとんどの子どもが、毎日寝ても醒めても夢中でやっている、ゲームなんです。ニュージーランド、オークランド大...

≫続きを読む

漢方薬のみで”うつ”が治るのか?

漢方薬のみで”うつ”が治るのか?”うつ”の治療といえば、休養と薬物療法が基本となっていますが、薬物療法では抗うつ薬が中心となって使用されます。この、抗うつ薬の実際の効果には疑問を持っている研究者がいることも事実です。最近の抗うつ薬は、副作用もほとんど見られないと言われてはいますが、一方では、軽症の”...

≫続きを読む

なんと!美容整形で”うつ”が治った?

なんと!美容整形で”うつ”が治った?よくテレビなどで、年配のタレントが、顔の皺を取るための美容整形で、ボトックス注射をした、などと言っていることがある。この美容整形のボトックス注射には筋肉を弛緩させる作用があり、眉間の皺の美容整形だけでなく、目じりの皺や、ほうれい線を消すための美容整形にも使用されて...

≫続きを読む

”うつ”に効く食べ物とはなにか?

”うつ”の治療になる食べ物”うつ”に効く食べ物とはなにか?”うつ”患者は脳内物質のセロトニンが少なくなっていますので、単純にセロトニンを増やす食べ物が、”うつ”を改善することが出来ます。”うつ”患者に不足がちなセロトニンは、必須アミノ酸のトリプトファンから出来ています。このトリプトファンを多く含む食...

≫続きを読む

セロトニン多くてもダメだった!?”うつ”治療

セロトニン多くてもダメだった!?”うつ”治療”うつ”患者は、セロトニンという脳内物質が不足しているため、セロトニンを増やしてやれば、”うつ”の治療になると言われているが、最新の研究では、どうやらセロトニンをただ増やすだけでは、治療にならないようだ。”うつ”の治療には重要なセロトニンだが、実は、脳内に...

≫続きを読む

ちょっと怖い!?電気でけいれん起こす”うつ”治療

ちょっと怖い!?電気でけいれん起こす”うつ”治療重度の”うつ”患者のみに、以前から行われている”うつ”治療法に、電気けいれん療法という治療がある。文字通り”うつ”患者自身に電気を流して、けいれんさせるというものだが、話を聞くだけだと、なんだか怖い気がする。”うつ”の治療とはいえ、体がけいれんするほど...

≫続きを読む

太陽の光が”うつ”を治療するという事実。

太陽の光が”うつ”を治療するという事実。”うつ”の中でも、秋から冬にかけて発症する”うつ”のことを、冬季うつ病といいます。この”うつ”は冬に発症し、春先になると回復するという、季節性うつ病です。季節性うつは、この冬季うつのほかに、夏季に発症する、夏季うつ病があります。冬季うつ病は、通常の”うつ”と違...

≫続きを読む

"うつ”で食欲ないなら、いっそ断食で治療するのもアリ!?

"うつ”で食欲ないなら、いっそ断食で治療するのもアリ!?絶食、断食で”うつ”を治す方法もある。断食道場などと言えば、ダイエットをまず第一に思い浮かべるが、実は、この断食、”うつ”の治療にも効果を発揮するという。精神にいい影響を与えることの出来る、有効な心理療法として、わが国では、すでに半世紀以上も前...

≫続きを読む

”神”が”うつ”を改善してくれる、奇跡のプログラムがあった!?

”神”が”うつ”を改善してくれる、奇跡のプログラムがあった!?神の”うつ”改善プログラム”うつ”患者のうちで、神様を信じている人の方が、そうでない人と比べて、”うつ”の改善の度合いが高いという、驚きの研究報告がある。”うつ”を改善する、奇跡のプログラムの研究”うつ”患者を改善するプログラムの始まりと...

≫続きを読む

”うつ”で食欲がないのはホルモンが関係していた!

”うつ”で食欲がないのはホルモンが関係していた!”うつ”になって食欲不振となり、体重が減ってしまう人もいますが、その逆に過食となり、太ってしまう人もいます。人は、食事を摂らないでいると、空腹を知らせるホルモン、つまり、食欲を増進させるホルモンが分泌されます。この食欲を増進させるホルモンには、どうやら...

≫続きを読む

"うつ”サプリメントで改善してみる

"うつ”サプリメントで改善してみる”うつ”は脳の神経伝達機能が低下しているために起きているという一面がある。神経伝達に必要なホルモンが不足していたり、”うつ”患者には、特徴的に、ある栄養が不足していたりする。サプリメントによって、”うつ”患者に不足しがちな、セロトニンを増やしたり、オメガ3脂肪酸や、...

≫続きを読む

副作用と無縁!?”うつ”を漢方薬で治療できるのか?

副作用と無縁!?”うつ”を漢方薬で治療できるのか?今まであまり一般の人には、よく知られていなかった、漢方薬の効果と理解が周知されてくると同時に、実際の医療の現場でも、さまざまな疾患に、漢方薬が処方されるようになってきています。そしてこの漢方薬は、”うつ”にも効果があるとして、”うつ”治療の現場でも、...

≫続きを読む

”うつ”  入院して治療すべき人とは?

”うつ”  入院して治療すべき人とは?こういう人は入院して”うつ”を治療すべき”うつ”と入院というのは、普通はあまり結びつかないと思います。ですが、”うつ”の治療で入院したほうがベストな場合もあります。”うつ”の治療で入院したほうが、よりベストな人というのは、”うつ”の症状が重い人です。自殺念慮があ...

≫続きを読む

ご飯を食べない!?食事で”うつ”を根本から治療する新しい方法とは?

ハーバード大学の研究者が考案したご飯を食べない!?食事で”うつ”を根本から治療する、新しい方法とは?”うつ”の治療は薬物療法と休養が基本なのは言うまでもありませんが、しかし、薬物療法は副作用の心配もまだまだありますし、しかも根本からの治療とはなりません。一時的におさえることが出来ても、再発の危険性は...

≫続きを読む

セントジョーンズワートが“うつ”に聞くって本当!?

セントジョーンズワートが“うつ”に効くって本当!?セントジョーンズワート(和名:セイヨウオトギリソウ)はうつ病、うつ症状に対して一定の効果が認められるとされており近年話題になっています。セントジョーンズワートはドイツ・オーストリアにおいて処方箋の必要な医薬品として扱われていますが、日本やアメリカでは...

≫続きを読む

抗うつ薬を飲むと気分が高揚する!?それって…

Ecstasy / Nick.Fisher抗うつ薬を飲むと気分が高揚する!?それって…うつと診断され、抗うつ薬を処方されている方も多いと思います。うつは気分が落ち込んでいる状態であるため、抗うつ薬の効用はその落ち込んだ気分を高揚させるものと勘違いされている人が沢山いらっしゃいます。抗うつ薬は迎うつ気...

≫続きを読む

抗うつ薬リタリンの不幸な歴史!?

抗うつ薬リタリンの不幸な歴史!?リタリンは1957年にうつ病・迎うつ神経症に承認されて以来、50年に渡って抗うつ薬としてうつ病に使用されていた薬でしたが、2007年に難治性うつ、遷延性うつ病がリタリンの適用から外れる事になりました。つまり、抗うつ薬としてリタリンは役割を終えたことになったのですが、様...

≫続きを読む

病院でリーマスが処方された!これって双極性うつ?単極性うつ?

病院でリーマスが処方された!これって双極性うつ?単極性うつ?もし病院でリーマス(リチウム)が処方されたときあなたはどう考えるでしょうか。リーマスに限らず、自分に処方されている薬を知るは不安を軽減する意味でも非常に大切なことです。今回はうつに処方されるリーマスについて知ってもらいたいと思います。うつに...

≫続きを読む

冬特有のうつの独特な治し方

冬になると”便秘”になるという方は多々いると思います。しかし、冬になると”冬特有のうつ”というのをご存知でしょうか?これは知っている人と知らない人が分かれる話題です。では冬特有のうつというのをご紹介致します。「うつ」というワードが付くので一般的なうつと混合される方もいると思いますが、この冬特有のうつ...

≫続きを読む

漢方薬はうつ病対策の「救世主」となるか?

心の時代と言われる現在、貴方はどんな生活を送っていますか?雑誌を開けば「うつ病」という文字を読まない日は無いです。特に芸能人のうつ病問題はマスコミを賑わせている物の一つです。そこで最近話題に上がってるのが「漢方」によるうつ病の治療です。漢方とは、日本固有の”古典的医学”のことです。その漢方が医学が発...

≫続きを読む

高校生のうつ病は家族の”絆”で無くそう

近年うつ病の増加が危ぶまれる中、社会人のうつ病増加はもちろんのこと”学生”にもその魔の手が拡大していると言われています。その中でも一際”高校生”のうつ病の割合が高いのです。では何故高校生にうつ病を発症する方が多いのか?それは”微妙な時期”だからです。中学生程に子供でも無いですし、大学生程まで成熟もし...

≫続きを読む

うつ病は人生の散歩なのかもれない

こんな声がありました。うつ病を患っている方に、散歩をさせて良いものかどうか迷っている声がありました。うつ病患者の状態にもよりますが、出来るなら散歩はさせた方が良いです。外で散歩をすると気分転換には良いです。ですがうつ病を患っている身なので、気分が落ちたらすぐに戻れる範囲が良いと思います。うつ病に限っ...

≫続きを読む

うつ病の薬は相性が全て、次はサインバルタでお試しを!

うつ病に効果のある抗うつ薬と言えば「サインバルタ」です。サインバルタは効能が強い部類の薬です。そもそもうつ病患者は、神経伝達物質の「アドレナリン」と「セロトニン」の分泌が悪くなる症状があります。そのうつ病を患っている方がサインバルタを服用すると、脳の神経を活発化させて”アドレナリン”と”セロトニン”...

≫続きを読む

うつ病に自然と効いているパキシル、その効果は気づきにくい?

■自然と効いているパキシル■うつ病と診断され、処方される薬の中にパキシルという薬がありますがパキシルの効果ってどういう感じなのか?パキシルの効果については色んな事を聞きます。効果がないと言う言葉を結構見かけますが、本当に効果がないのでしょうか。うつ病の症状を改善するには薬だけではどうにもなりません。...

≫続きを読む

パキシルは子供への副作用を注意する

(出典 http://cocokarada.jp/medicine/rx/1179041F1025/index.html)パキシルの副作用については色々ありますが、特に注意が必要なのが子供への副作用の影響です。薬事法にて劇薬指定されているパキシルですが、妊娠中の妊婦さんがパキシルを服用している場合、...

≫続きを読む

パキシルの劇薬指定についてのいくつかの疑問点

■劇薬という言葉はどうだろう?■うつ病での治療で処方されるパキシルは、日本国内では劇薬として指定されています。パキシルが劇薬として指定される理由は、パキシルを過剰投与した場合、激しい眠気や、幻覚、錯乱、及び、痙攣等が現れることがあるので劇薬として指定されていると思われます。ただ、心療内科や精神科で処...

≫続きを読む

うつ病の最終兵器? エビリファイ

うつ病治療の新たな治療薬として、2006年一月に承認がおりたのがうつ病をはじめとする統合失調症の諸症状を改善させるとされるエビリファイです。うつ病治療には様々な薬が開発されていますが、このエビリファイうつ病改善薬の最終手段とも言われています。うつ病や他の精神障害などの病気で、精神が不安定になった状態...

≫続きを読む

絵がうつ病治療のきっかけになる!?

■夢中になれるものがあれば克服の第一歩■うつ病を克服した人の中に絵がきっかけになった人がいます。絵を書く事で気持ちが落ち着き、次第に絵を書く事を生きがいとして感じる事でうつ病を克服したという形になるのでしょうか。こういう形でうつ病を克服させる治療法を「芸術療法」と言いますが、日本ではまだそれほど広ま...

≫続きを読む

うつ病 音楽も好きであれば薬になる?

私、筆者も長い間うつ病と付き合っていますが、皆さんは音楽が好きですか?私はあまり好きではありません。と言えば語弊を生むかも知れませんが、音楽を聴こうと思えないからです。もちろん音楽は好きですが、聞きたくない気分の時に音楽を聴こうとは思いません。それはうつ病患者でなくても同じ事だと思いますが、うつ病の...

≫続きを読む

うつ病の治療にクラシックのアルファ波は有効

■クラシックのアルファ波は有効■うつ病治療の一つとして、音楽療法というものがあります。これはクラシックなど、うつ病などの精神不安定な状態などの患者に音楽を聴かせて改善しようといううつ病改善の療法になります。クラシックと言えば、やはり落ち着いた感じの音楽になるのでうつ病などの改善にも適しているのだと思...

≫続きを読む

うつ病の克服には何が必要なのか

うつ病は心の風邪と言われます。しかし風邪を引いたりインフルエンザにかかったり、突然なりそして短期間で治っていく病気ではありません。それが故になかなか克服・完治することが難しい病気であることを認識した方が良いでしょう。うつ病への社会的認知も広がり、長い機関の治療が必要であれば病院が診断書も出してくれま...

≫続きを読む

早期復帰に向けて整えて欲しい環境

アルコール依存症やギャンブル依存症には、自助グループなどがあり患者自体を救おうという動きが一部ではあるものの存在します。しかしうつ病や精神疾患に関しては、心療内科やセラピーはあるもののなかなかサポートする体制を作れないというのが難しい現実であります。ギャンブルやアルコールと違い、病気として認められて...

≫続きを読む

薬のバランスは自分で考えるべきだ

うつ病治療においては様々な薬が、それぞれ個人の症状にあわせて処方されると思います。しかしこのうつ病の薬一体いつまで飲めばいいのか?終わりが見えないところが不安です。うつ病自体は治りにくい病気と言われていますが、その背景には再発率の高さがあると考えられます。再発回数は多ければ多いほど薬への依存度は高ま...

≫続きを読む

鬱治療の幅を広げる

うつ病などの精神疾患の患者にとって、まだまだ医療施設の不備は直面するひとつの大きな問題であると思ってます。精神科および心療内科など精神疾患を持つ患者を診察するのは、この2つがメインになりますがその病院がどのぐらいあるかというと十分に足りてるとは言えない状態ではないでしょうか。病院の数が少ないという事...

≫続きを読む

鬱病治そうと思うなら人任せにしないこと

鬱病治療においては様々な薬が、それぞれ個人の症状にあわせて処方されると思います。しかしこのうつ病の薬一体いつまで飲めばいいのか?終わりが見えないところが不安です。うつ病自体は治りにくい病気と言われていますが、その背景には再発率の高さがあると考えられます。再発回数は多ければ多いほど薬への依存度は高まる...

≫続きを読む

読書がうつの治療になる!?

読書をすると気分が落ち着くという経験はないでしょうか。実はうつの治療法においても、読書療法という治療法が特に欧米では進んでいます。うつで気分が沈んでいる時に、読書なんてする気が起こらないと思うかも知れませんが、読書は自分をストーリーの中の登場人物などに置き換え疑似体験をする事が、うつに有効なのではな...

≫続きを読む

うつ病と栄養ドリンク

うつの症状がありどうも元気が出ないと感じた時に、栄養ドリンクを飲む人もいると思いますが果たしてうつに栄養ドリンクは効果があるのでしょうか?栄養ドリンクは清涼飲料水と表示がある様に、医薬品ではないのでうつを始めとする他の病気に効果があるという事は考えにくいと思って下さい。うつでない健常者でも、疲れが取...

≫続きを読む

ちょっとした外出も治療になるのか?

うつになると症状がひどい時は外に出る、つまり外出する事も苦痛に感じる時があります。うつの薬を飲んでいるせいもあり、ひたすら家で横になっているまたは寝ている状態の時間が多くを占めてしまいます。しかしうつの治療ではなるべくしたくない事はしないというのがひとつの治療法になります。なので家族や周りの人がたま...

≫続きを読む

うつの人こそアウトドアで楽しむ

うつになると、どうしても外に出たくなくなります。まずお風呂に入らなくなり、顔を洗わなくなったり歯を磨かなくなったりすることも多いようです。そしてだんだん外に出ることができない状態になります。また、どんどん内にこもるようになってしまうのです。それが長くなると自分の力では外に出ることができなくなり、うつ...

≫続きを読む

うつ病には亜鉛が欠かせない

うつ病は今とても増えています。その理由にはストレスが多い社会環境が挙げられます。しかしその裏にはビタミンやミネラルの不足が大きく影響していると言われています。これらが不足することでストレスを上手に対処することができないと言われているのです。特にミネラルの中でも亜鉛は細胞分裂を促進するため、代謝にも大...

≫続きを読む

「うつ」を諦めないこと

「うつ」になって薬を飲み、医者に通い、仕事も長期休んだけど、やっぱり「うつ」が治らないときにはつい諦めてしまいたくなるものです。しかし「うつ」は諦めず、自分が「うつ」になった根本的な原因を探るようにしましょう。例えば骨折をして痛み止めを飲んでも、それはうわべの痛みを抑えるだけで、問題の骨折の部分はそ...

≫続きを読む

鬱には断酒がおすすめ

鬱とアルコールはとても深い関係があるようです。鬱になるとアルコール依存症になる人も多く、逆にアルコール依存症の人の多くが鬱になっていくというのです。お酒は飲むことでとても気分が高揚した精神状態になります。そのためアルコールが抜けるときには、逆にひどい憔悴感を味わうことに。特にそれを強く感じる人はアル...

≫続きを読む

躁うつ病は完治するのか

躁うつ病の完治はとても大変だと言われていますが、完治はあるのでしょうか。躁うつ病はさまざまな治療法があります。薬物療法や精神療法が大きなくくりですが、これらを上手に組み合わせて行うことで完治に向うことはできるのです。精神療法にもいろいろな種類があります。医師からの一方的な話ではなく、患者とマンツーマ...

≫続きを読む

スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法