薬の副作用について

薬の副作用について記事一覧

マイスリーなどの薬を致死量服用して自殺を図る!?

■自殺の為の薬ではない■マイスリーをはじめ、睡眠導入剤は服用量を誤まる、すなわち致死量を飲むと死に至る事があると言われています。睡眠導入剤ではマイスリーやハルシオンと言った薬が代表的ですが、どのくらいの量を飲めば致死量に達するのでしょうか。また致死量になる量を服用すると本当に死に繋がるのでしょうか。...

≫続きを読む

依存という副作用もマイスリーにはあります。

■依存度の強さは予め把握する事■マイスリーは精神不安などの障害などで、睡眠を上手く取れない時などに処方されるケースが多い薬のひとつです。マイスリーを簡単に言い表すと、睡眠導入剤や睡眠剤(薬)と捉えてもらえればよいと思います。マイスリーは依存度が非常に高くなる薬でもあります。でも医師がマイスリーの依存...

≫続きを読む

レンドルミンの副作用は軽いと言われていますが・・・

■薬に対する疑問はきちんと聞く事■うつ病や精神不安で処方される薬にレンドルミンがありますが、うつ系の薬の中では安全性が高く副作用が軽いと言われています。レンドルミンは脳の中枢神経に働き、精神を安定させる効果があります。ただ、レンドルミンに全く副作用がないかというと必ずしもそうは言えなくて、多少の副作...

≫続きを読む

レンドルミンの半減期、薬の効果が現れる時間と効果が薄れる時間

レンドルミンは睡眠薬に分類され、不眠症や睡眠障害に処方される薬になります。レンドルミンは半減期が7から8時間くらいで、ピークが服用後1から2時間と言われています。半減期という意味ですが、薬にはこの半減期というものがあり薬を飲んでから血中濃度がピークに達して、それから血中濃度が半分にまで落ちる時間を半...

≫続きを読む

効うつ薬の副作用って?

最近うつ病を発症する人が増えていますが、やはり社会の中のストレスが多いことも関係あるようです。また高齢者が増えて、加齢による老人うつ病も増えています。そんなうつ病などに使う抗うつ剤の副作用はやはり気になるところです。最近よく使われているNaSSA抗うつ剤は、まず体重が増加するタイプの抗うつ薬がありま...

≫続きを読む

スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法