”うつ”という病気について

”うつ”という病気について記事一覧

”うつ”と不眠の意外な関係とは!?

”うつ”と不眠の関係”うつ”の患者に良く見られる症状として、不眠があります。なかなか寝付けない、すぐに目が覚めてしまうなどの”うつ”特有の不眠症状に悩まされているようです。”うつ”患者の不眠の原因として考えられるのは、自律神経の乱れ、生活リズムの乱れ、睡眠ホルモンの分泌不足などがあります。どれが原因...

≫続きを読む

”うつ”はどのように進行する?

一般的な"うつ"の進行"うつ"の進行はまず、当然ですが軽い状態、軽度の"うつ"から始まります。急激な進行で重度になったりしないようです。ですが、私の息子の経験から、初期の状態が"うつ"の症状であると見抜くことは、とても難しいようです。実際私の息子の身体的症状が、"うつ"からのものであると気付くまでに...

≫続きを読む

こどもの”うつ”が見逃されたわけ

子供は”うつ”にならない?実際に”うつ”と聞くと、ほとんどの人は大人の病気と考えているようです。ですが欧米の最新の研究データによりますと、子供の”うつ”発症率は0.5〜2.5%。思春期のうつ病発症率は2.0〜8.0%もあることが分かりました。”うつ”は大人特有の病気ではないのです。日本でも熊本県で2...

≫続きを読む

大人のうつ病と子供のうつ病の違い

大人の”うつ”と子供の”うつ””うつ”自体がはっきりとは分かっていないことと、ごく最近まで子供に”うつ”はないと信じられていたために、大人と子供の”うつ”には、ほとんど違いがないと一般的には考えられているようです。 しかしこれは実際には誤りで、大人の”うつ”と子供の”うつ”では、その違いがはっきりと...

≫続きを読む

”うつ”の一般的なサイン

”うつ”の一般的なサイン”うつ”はかなり重度の精神的苦痛をともないます。健康を奪い、生活のリズムや睡眠のリズムを乱します。また、考え方や感じ方、健康状態に影響を与えます。そして”うつ”になると、何らかの形で身体的症状、サインが現れてきます。”うつ”のサインとしての症状ものを考えるという行為は、”うつ...

≫続きを読む

”うつ”のサインの実際

”うつ”のサインの実際”うつ”のサインとか言いますが、そんなものハッキリ言って分かりません。医者ですら分からないのですから、素人に分かるはずもないです。”うつ”である私の息子もは最初は「偏頭痛」としてサインが現れましたが、それが”うつ”のサインであったのか?それは未だに不明です。今現在”うつ”という...

≫続きを読む

”うつ”を理解するには?

”うつ”の理解”うつ”というのは一般的に、「憂鬱な気分」とか、やる気がない、出ない、思考が同道巡りしてしまって、うまくまとめることが出来ない、すぐに疲れる、夜寝られない、などの精神的症状や身体的症状が長く続き、社会生活や、学校生活が難しくなってしまう病気と理解されています。”うつ”に理解を示さない人...

≫続きを読む

”うつ”と子供の自殺

実際、私の子供もそうですが・・・”うつ”になる子供は、とても自分に厳しく、少しでも自分に納得のいかないことがあると、すぐに自分を強く責めてしまいます。そのため”うつ”の子供は、最終的に、自分なんかいなくなってしまえばいい、消えてしまえばいいと自殺を考えるようになってしまいます。実際に”うつ”の子供が...

≫続きを読む

”うつ” 体にあらわれる症状

”うつ”というと、何かと精神的な面ばかりが注目され、身体的な症状はさほどないと考える人が結構いますが、実は、”うつ”は精神的症状、いわゆる、うつ気分のほかにも、身体的な症状も伴います。頭痛や腹痛、めまい、ふらつき、倦怠感などさまざまで、”うつ”患者によって全く変わってきます。この”うつ”に伴ってあら...

≫続きを読む

”うつ”は治ってもまた再発する?

”うつ”は再発しやすい?実際問題として、”うつ”は再発する、というデータがあります。治ったとしても、その後の5年間の間に、約50%もの元”うつ”患者がまた”うつ”を再発させてしまっているようです。1年間のなかで、完治と再発を何度もくり返す人もいる。当然、再発までの期間は人それぞれですが、ほとんどの場...

≫続きを読む

喜ばしいことでもストレスとなり”うつ”になる?

原因が思い当たりません。それでも”うつ”?なんと、喜ばしいことがストレスとなって”うつ”になることもあるんです。”うつ”になってしまったけれども、どうしてもその原因となるストレスが見当たらないという人は結構います。全ての”うつ”患者に、ハッキリとした原因やストレスがあるわけではないんです。悪いことな...

≫続きを読む

子どもの”うつ”の特徴

子どもの”うつ”の原因と特徴。”うつ”気分よりも、身体的な症状の方が目立つ。子どもの”うつ”は大人と違って、はっきりとした原因があることが多い。体の異変が起こってくるので、子どもの”うつ”の特徴を理解していれば、比較的気づきやすい。つい最近になってまで、子どもに”うつ”はないと信じられていました。し...

≫続きを読む

"うつ” 4つのタイプ

”うつ”は大きく分けて4つのタイプがある。当然ですが、”うつ”の患者さんなら皆同じタイプの症状をうったえているかというと、そんなことはありません。症状はもちろんのこと、”うつ”に至るまでの経緯なども、人によって変わってきます。”うつ”になるまでのその人の状態から、大きく4つに分けることが出来ます。「...

≫続きを読む

メランコリー型”うつ”

メランコリー型”うつ”とは?メランコリー型うつ。この”うつ”は、まじめで几帳面な人がなりやすい”うつ”どんなことでも、ほどほどにということが出来ない。完璧主義。ストレスも大きくなってしまうので、”うつ”になりやすい。もともと”うつ”といえばこのメランコリー型うつのことを指しました。このメランコリー型...

≫続きを読む

メランコリー型”うつ”の症状

メランコリー型”うつ”の症状メランコリー型”うつ” いつまでも”うつ”気分が晴れることがない。自分を必要以上に責める。メランコリー型”うつ”は”うつ”気分がいつまでも続きます。がんばりたくても、がんばれない自分に嫌気がさしてくる。このメランコリー型”うつ”は”うつ”状態がいつまでも続きます、ほとんど...

≫続きを読む

仮面うつ病

「仮面うつ病」という病”うつ”のように見えない”うつ”?”うつ”のことを調べていると、よく目にする言葉に「仮面うつ病」という言葉がある。この言葉はよく誤解されているようで、”うつ”の患者の表情が「仮面」のように無表情だから、仮面うつ病と言われていると思っている人が多い。私もそのように理解していた。し...

≫続きを読む

子どもの”うつ”心の叫び

子どもが発する、”うつ”のサインを見逃さない子どもの”うつ”心の叫びに気づく。朝起きて、学校に行こうと支度をしている時に、子どもが、「なんか頭が痛い」「少しお腹が痛い」「気分が悪い」「なんかだるい」ということがたまにあります。こんな時は、私もそうですが、「寝起きだから、まだ体が起きてないんだよ、少し...

≫続きを読む

子どもの”うつ”増加と共働きの関係?

今なぜ、子どもの”うつ”が増えているのか?”うつ”という病は、以前はほとんどの人が、あまり知ることのない特殊な病でした。しかし最近では、社会問題化しさまざまなマスメディアに取り上げられ、テレビや映画などでも題材として紹介されるなどして、すっかりポピュラーな病になってしまいました。”うつ”は心の病であ...

≫続きを読む

一生薬を飲み続けなければならない!?”うつ”再発の現実とは?

薬を止めると”うつ”は2年以内に50%が再発!?最近は、テレビ番組や、雑誌の記事などで盛んに”うつ”が取り上げられている。ほとんどの内容が、”うつ”は薬と十分な休養をとれば、必ず治るから、”うつ”の疑いがあれば、早めに病院にいって治療を受けたほうがいいというもの。確かに薬物療法と十分な休養で、ほとん...

≫続きを読む

ほとんどの人が知らない!?”うつ”は誤診されやすいという現実

”うつ”は誤診されやすいのか?いまもし、あなたが”うつ”であると診断されたら、まず間違いなく、抗うつ薬が処方される。私などもそうだが、”うつ”などという心の病が、はたして薬などで治るのだろうか?という疑問を抱くかもしれない。そんなあやふやな気持ちのまま薬を飲む前に、自分は本当に”うつ”なのか?医師の...

≫続きを読む

皇太子妃が実は”うつ”だった可能性!?

皇太子妃は本当は”うつ”なのか?医師がよく患者さんから受ける質問として、最近多くなったのが、いわゆる「適応障害」というのは”うつ”と同じものなのですか?というものらしい。テレビなどで、皇太子妃が体調をくずされ、皇太子妃が「適応障害」と診断されたと、報道されているからである。この、皇太子妃の「適応障害...

≫続きを読む

驚き!人間以外の動物にも”うつ”がある!?

”うつ”は動物にもあるってホント!?”うつ”状態というのは、何も人間だけもものではなく、人間以外の動物にも見られる症状だという。母親がおっぱいを与えて子どもを育てるという、愛情の表現をする動物は、子どもや仲間という、大切な存在を失ったときに、人間と同じように、気分の落ち込んだ”うつ”のような状態にな...

≫続きを読む

大うつと小うつの違いとは?

大うつ、小うつとはなにか?”うつ”といっても、その病には、たくさんの種類、タイプがあることがわかっている。それを正確に分類することが、診断する上でも、治療していく上でも重要になってくる。まず、”うつ”を大きく分けると、”うつ”の状態のみが見られる単極性の”うつ”と、”うつ”と”躁”の状態の両方が見ら...

≫続きを読む

複雑な”うつ”の症状をもっとわかりやすくできないか?

”うつ”に見られる症状 わかりやすくしてみた睡眠にあらわれる症状睡眠については、眠れなくなる場合と、逆に、いつまでも眠り続けてしまう場合の両極端の症状が見られる。俗に躁うつ病と言われる、双極性障害や、典型的でない”うつ”である、非定型うつ、季節性うつでは、睡眠時間が長くなり、朝起きられなくなる。典型...

≫続きを読む

誰も知らない?”うつ”と風邪の以外な関係!?

誰も知らない?”うつ”と風邪の以外な関係とは?”うつ”では風邪でよく見られる、炎症反応が見られる。実は私の息子も風邪ではないかと思い、小児科で診察を受けた時に、のどの炎症反応から、風邪と診断された。当然、風邪などではなかったので、いくら薬を飲んでも改善されることはなかった。その後、手や耳などにも、不...

≫続きを読む

女性が”うつ”になりやすい その本当のワケとは?

女性が”うつ”になりやすい本当のワケとは?女性の、”うつ”になる確率は、男性に比べてはるかに高い。その一生の間で、なんと4人に1人以上の女性が”うつ”になってしまうという。特に中学生頃から、中年期にかけての”うつ”が、圧倒的に多い。中学生の思春期頃から老人になる前までの女性は、男性に比べて特に”うつ...

≫続きを読む

子どもが”うつ”になったら、学校はどうすればいいの?

子どもが”うつ”になったら、学校はどうすればいいの?親はもちろん心配ですが、実際”うつ”になったら子どもは学校なんて行ってられません。現実問題として無理なんです。子ども自身は、行く気はありますし、行こうとします。でもどうしても体がついていけないんです。すぐに体調が悪化して、保健室のお世話になります。...

≫続きを読む

なぜ?”うつ”患者が急激に増加した理由とは?

なぜ?”うつ”患者が急激に増加した理由とは?”うつ”の理解が”うつ”患者を増加させた!?ここ最近になって、”うつ”に関する本が一気に増加したような印象がある。少し前までは一般書店で”うつ”の本などほとんど見つけることが出来なかったが、今では、どの書店にいってもたくさん見つけることが出来るほどに増加し...

≫続きを読む

欧米に比べ、”うつ”の少ないアジア人の謎とは?

東アジア人は欧米に比べて”うつ”が少ないとう事実アメリカやイギリスなどの、欧米諸国と比べると、東アジアの日本は”うつ”患者が少ないのだという。世界的な調査を行うと、常に東アジアの国々、中国や韓国、台湾、日本は、欧米に比べて”うつ”が少ないのだそうだ。また、アメリカ国内だけでの調査でも、東アジア系は、...

≫続きを読む

”うつ”の薬が患者を増やしたという驚くべき事実

”うつ”の薬が患者を増やしたという驚くべき事実!”うつ”の薬の販売と共に、”うつ”に対する正確な理解を促す活動が活発になる。このため、今まで”うつ”と知らずに苦しんでいた人々が積極的に受診するようになり、薬を服用する人は、何倍にも増えている。しかし皮肉なことに、有効なはずの薬の普及と共に、”うつ”の...

≫続きを読む

抗うつ薬で子どもが自殺するという衝撃的な事実とは?

抗うつ薬で子どもが自殺するという衝撃的な事実とは?抗うつ薬と子どもの自殺の因果関係とはなにか?2002年のイギリスのテレビ番組で、ある衝撃的な報告がなされた。抗うつ薬のパジキルと”うつ”患者の子ども自殺の増加には因果関係があるというのである。子どもの”うつ”患者にパジキルという抗うつ薬を処方した場合...

≫続きを読む

突然の頭痛、”うつ”かもしれません!

突然の頭痛、”うつ”かもしれません!”うつ”の症状はなにも憂うつ気分ばかりではない、具体的な痛みや苦痛として、身体に症状が現れることもよくある。その症状のひとつとして、頭痛がある。頭痛は多くの”うつ”患者がうったえる、身体症状で、”うつ”患者の半数以上がうったえるという。偏頭痛に悩んでいる人が同時に...

≫続きを読む

なんと非情な!”うつ”になったら離婚も解雇もやむなしなのか?

なんと非情な!”うつ”になったら離婚も解雇もやむなしなのか?”うつ”は離婚の理由になるのか?家族が”うつ”になってしまったら、仕事はできませんし、家事も十分には出来ませんから、”うつ”患者の家族の負担は大きいものとなってきます。負担に耐えられずに、離婚を真剣に考える配偶者もいるでしょう。常に精神的に...

≫続きを読む

診断を間違えると治らない!?”うつ”と気分変調症の違いとは?

診断を間違えると治らない!?”うつ”と気分変調症の違いとは?”うつ”と間違われやすい疾患として、気分変調症があります。この気分変調症は”うつ”のような、抑うつ状態が2年以上の長期に渡って続く慢性疾患です。 大うつ病の診断条件を満たさない、慢性の気分障害で、不安やあせりなどの不快な気分、軽い抑うつ状態...

≫続きを読む

自律神経失調症、治らないなら、それは仮面うつ病かもしれない!?

自律神経失調症、治らないなら、それは仮面うつ病かもしれない!?この仮面うつ病と、自律神経失調症との違い、とにかくよくわかりません。いろいろ勉強したんですが、未だに、仮面うつ病と自律神経失調症の違いがはっきり理解できないのです。仮面うつ病というのは、”うつ”ではあるけれども、”うつ”特有の症状である、...

≫続きを読む

不安神経症 ”うつ”と間違えやすい病気を知っておく。

「不安神経症」”うつ”と間違えやすい病気を知っておく。”うつ”と間違えやすい病気は、困ったことにいくつもあります。不安神経症もその一つですが、微妙な症状の違いで、”うつ”とは治療方法が変わってきますから、正確な診断が重要なはずです。”うつ”と間違われやすい、不安神経症ですが、この不安神経症が”うつ”...

≫続きを読む

インターネットが”うつ”を誘発するという驚きの研究結果が発表!

インターネットが”うつ”を誘発する?驚きの研究結果が発表!毎日長時間ネットに繋がっていないといられない人というのは多いですが、インターネット依存が”うつ”を誘発する可能性があることがわかったようです。研究報告によれば、毎日長い時間インターネットに繋がっている人は、インターネットが出来ない環境にあると...

≫続きを読む

やっぱりそうか!労働時間が長いほど”うつ”になるリスクが高まる!?

やっぱりそうか!労働時間が長いほど”うつ”になるリスクが高まる!?労働時間が長すぎると”うつ”になるリスクが2倍になるという研究報告がある。まあ、当たり前といえば当たり前のような気がするが、好きでもない仕事の労働時間が長かったら、そりゃ誰だって”うつ”みたいに気持ちが沈んでしまうだろう。イギリスの大...

≫続きを読む

”うつ”は、どうやら本当に遺伝するらしい!?

”うつ”はどうやら本当に遺伝するらしい!?”うつ”が遺伝するとは、以前から言われていたが、それは、”うつ”になりやすい傾向のある性格や性質が遺伝するからだ、ということだったような気がするが、どうやらそうではないらしい。”うつ”は本当に遺伝するようなのだ。”うつ”の発症原因を特定することは難しい。これ...

≫続きを読む

子どもの”うつ”の原因が親にあるかもしれない!?

子どもの”うつ”の原因が親にあるかもしれない!?親のどちらかが”うつ”である場合、その子どもの心身にも影響を与えるとの研究報告がある。親が”うつ”であれば、子どもの感情面に問題が生じるリスクが高まるという。もし今自分の子どもの感情面に、何らかの問題があるなら、もしかすると自分か、配偶者のどちらかが、...

≫続きを読む

心療内科と精神科、”うつ”になったらどっちを受診するのか?

心療内科と精神科、”うつ”になったらどっちを受診するのか?”うつ”の疑いがあるとき、心療内科、精神科、一体どっちを受診すればいいのか、一般の人は良くわからないと思います。私も最初その違いが、よくわかりませんでした。心療内科と精神科は違います簡単にわかりやすく言えば、心療内科は身体症状が主である場合に...

≫続きを読む

インターネットの使い方で”うつ”になりやすいかが分かる!?

インターネットの使い方で”うつ”になりやすいかが分かる!?なんと、日頃のインターネットの使いかたを見てるだけで、その人が、”うつ”になりやすいかどうかが分かってしまうという。”うつ”になりやすい人は、普通の人とは違ったインターネットの使い方をするということだが、実際どのような使い方をするのか以下、こ...

≫続きを読む

ついに”うつ”の遺伝子が発見される!?

ついに”うつ”の遺伝子が発見される!?以前から、”うつ”は遺伝により発症することがあるといわれているが、その場合の”うつ”の遺伝とは、”うつ”になりやすい傾向のある性格、まじめで、几帳面、責任感が強いなどの性質が、遺伝することで、”うつ”になりやすくなるということだった。ところが今回新たに発見された...

≫続きを読む

子どもが”うつ”になってしまったら、まずなにをするの?

子どもが”うつ”になってしまったら、まずなにをするの?子どもの”うつ”が増えてきていると、最近はテレビなどでも報道されるようになってきたが、それでも未だに、子どもが”うつ”になるのかと、驚く人はたくさんいる。約2万人の子どもを調査した、ある研究では、小中学生の約2.5%が”うつ”を発症していたという...

≫続きを読む

誰も分かってない!”うつ”患者に言ってはいけない言葉

誰も分かってない!”うつ”患者に言ってはいけない言葉”うつ”の人じゃなくても、他人の何気ない一言で、気分が沈んでしまうことは、誰にだってある。ましてや”うつ”の人であれば、その落ち込みようは、普通の人とは比べも物にならないだろう。”うつ”の人に言ってはいけない言葉は、なにも特別な言葉じゃなく、”うつ...

≫続きを読む

”うつ”の自殺願望を減らす効果が再発見!

”うつ”の自殺願望を減らす効果が再発見!最近、その使用法の難しさなどから、”うつ”や双極性障害などの病で、処方されることが少なくなっていた、”うつ”治療薬のリチウムに、自殺願望を大幅に減らす効果があることが、最近の研究でわかったという。”うつ”や双極性障害の薬として、処方されていたリチウムだが、中毒...

≫続きを読む

なぜ”うつ”は不眠になるのか?

なぜ”うつ”は不眠になるのか?”うつ”の症状として、不眠を訴える人はたくさんいます。しかし、この”うつ”と不眠の詳しいメカニズムを知る人はあまりいません。なぜ”うつ”になると不眠になってしまうのでしょうか?実は、この”うつ”と不眠というのは、切っても切れない関係にあります。”うつ”患者にはセロトニン...

≫続きを読む

それは”うつ”じゃない!気分変調症かも!?

それは”うつ”じゃない!気分変調症かも!?気分変調症気分変調症とは、”うつ”にとてもよく似た疾患で、”うつ”と同じように、気分の冴えない”うつ”気分が、1日中続いている状態の症状です。わかりやすく言うと、明確に躁状態ではない、”うつ”症状であるが、大うつの症状の基準に達していない気分障害ということ。...

≫続きを読む

”うつ”で頭痛に、頭痛で”うつ”になる!?

”うつ”で頭痛に、頭痛で”うつ”になる!?朝、起きた時に頭痛がある人のうち、実に3人に1人が”うつ”であったという調査報告があります。朝起きてすぐに頭痛があるなら、それは単なる頭痛ではなく、”うつ”である可能性が約30%もありますから、毎日続くようであれば、医療機関を受診したほうがよさそうです。そも...

≫続きを読む

シック・マザー、なんと子どもの中学入学までに40%も!

シック・マザー、なんと子どもの中学入学までに40%も!母親がシック・マザーになるのは、その負担と責任が大きくのしかかっているから。核家族が多くなっている現在では、もし母親が病気などで何かあった場合、その代わりをしてくれる存在が身近にいない。昔のように、一家に父母や祖父母がいれば、自分に何かあっても、...

≫続きを読む

難しい!”うつ”の同僚への接し方

難しい!”うつ”の同僚への接し方最近は”うつ”患者が増えてきているためか、職場の同僚にも”うつ”の同僚がいるという会社が増えてきた。それに伴って、”うつ”の同僚にどう接していけばいいのかという、問題が増えてきている。”うつ”という病が増えてきたといっても、やっぱりまだまだ一般の人には未知の病。接し方...

≫続きを読む

”うつ”を呼ぶ!”何もしない時間”は罪という意識

”うつ”を呼ぶ!”何もしない時間”は罪という意識”うつ”はどこからくるのか?「何もしない時間」はいつから「無駄な時間」となったのか?一体いつから、われわれ現代人は、子どもから大人まで、毎日毎日次から次へと”やること”に、追われるようになってしまったのか?”何もしない”時間というのがほとんどないくらい...

≫続きを読む

”うつ”の子どもが起こす暴力への適切な対処法とは?

”うつ”の子どもが起こす暴力への適切な対処法とは?”うつ”の子どもの精神的状態で大人との大きな違いは、”うつ”の大人に見られる憂うつな気分よりも、イライラがより多く見られるということです。この自分でも訳もわからないイライラの気分のために、ときに暴力的な行動を起こしてしまうことがあります。”うつ”の子...

≫続きを読む

医師でも判断が難しい”うつ”の復職のタイミングとは?

医師でも判断が難しい”うつ”の復職のタイミングとは?”うつ”になって、会社を休職して治療に専念することは、当然の選択ですが。では復職のタイミングはいつなのかというと、実際そのタイミングは、はっきりとは決まっていないのが現状です。”うつ”の症状はさまざまで、個人個人で全く違ってきますから、復職のタイミ...

≫続きを読む

”うつ”で苦しんでいる彼女へのベストな接し方とは?

”うつ”で苦しんでいる彼女へのベストな接し方とは?あなたに今彼女がいて、その彼女が”うつ”で苦しんでいるならば、彼女に対する接し方がとても重要になってきます。女性は男性に比べて”うつ”になる可能性が高いです。月経などで情緒が不安定になりやすく、また環境からのストレスも受けやすいところがあります。彼女...

≫続きを読む

"うつ”の家系というのがあるのか?

"うつ”の家系というのがあるのか?”うつ”と家系の関連を調べた研究によると、家系の中に”うつ”患者がいた場合、その子ども、兄弟、姉妹が”うつ”にかかる割合は1〜2割だという。10人に1人か2人が発症する可能性があるわけで、これは一般に言われている”うつ”の発症率と比べた場合、かなり高い数値ということ...

≫続きを読む

治らないめまいはうつの可能性がある!?

治らないめまいはうつの可能性がある!?うつでは自律神経症状が見られる事はよく知られていますが、その中にめまいを覚える人が多く、心療内科を受診しているうつの方の実に7〜30%にその症状がみられるといわれています。なぜうつの方にめまいが多くみられるかは正確にはわかっていませんが、脳内物質や副交感神経の影...

≫続きを読む

うつ病と抑うつ神経症は全然別物ってホント?

Depression 2 / starpinkerうつ病と抑うつ神経症は全然別物ってホント?うつ病とは別に抑うつ神経症という病気があることをご存知でしょうか。うつ病と診断された知人の診断書をみると、抑うつ神経症と書かれていた事があり混乱した事がありました。当の本人も、抑うつ神経症はうつ病の事だと勘違...

≫続きを読む

心療内科や精神科が有効でないうつがある?頚椎性うつとは一体!?

Depression. / S.Hart Photography心療内科や精神科が有効でないうつがある?頚椎性うつとは一体!?うつ病の治療法の一つにカウンセリングがあります。うつの原因の一つにストレスや心因の関与がある為、うつには有効とされています。しかし、カウンセリングが全く意味をなさないうつも存...

≫続きを読む

もしかして軽度うつ?こんな症状がでたら要注意!

How to Overcome Depression / kevin dooleyもしかして軽度うつ?こんな症状がでたら要注意!最近増えている軽度うつとはなんなのでしょうか。何をしていても楽しくない、だるさが取れない、将来に不安を感じる、集中力が続かない、イライラするなど、誰もが生活していると一度は...

≫続きを読む

うつが伝染するメカニズム

Man in Top Hat / Steve Snodgrassうつが伝染するメカニズムうつが伝染するという話は耳にされたことがあるだろうか。家族がうつになり、しばらくすると他の家族に伝染した。うつの患者さんと長時間関わるカウンセラー自身にうつが伝染し、仕事を辞めてしまった。会社で上司がうつになると...

≫続きを読む

ストレス、吐き気の負のスパイラルって?

Vomiting basin- never seen one of these before!Vomiting basin- never seen one of these before! / ToGa Wanderings
Vomiting Rainbows / HelloImNikストレス、吐き気の負のスパイラルって?夏になると新聞の紙面をにぎわすニュースの一つに食あたりがあります。食あたりはひどい吐き気が必発ですが、本来吐き気は体の中に入った有害なものを、外に排出する為の防御機構です。これとは全く違う吐き気の原因に...

≫続きを読む

吐き気とうつの密接な関係

Cat still in a basket.Cat still in a basket. / flowbadger
Cat / Moyan_Brennうつにより吐き気がみられる患者さんは多くみられます。特に嫌な事を思い出したり、嫌な場面に出くわすなどの強いストレスを感じたときに吐き気を催します。うつの身体症状に自律神経症状が高い確率で見られる事はよく知られています。自律神経の中枢は視床下部であり、情緒の中枢とされ...

≫続きを読む

家族の大切さをお互い知る

うつ病患者や精神疾患で苦しむ人を持つ、家族の方の心労は尽きないと思いますが、やはり家族の助けがないとなかなかうつ病は治る事がないと思います。長い間うつ病と付き合っているとうつ病とは何か?なんで自分はこうなるんだろう?どうすれば直るんだろう?そういう気持ちを本人が一番抱いて、もがき苦しみます。うつ病に...

≫続きを読む

鬱病を悪用した絶対にゆるせない詐欺行為

「鬱病 ・・・」で検索すると、ネット上に様々な鬱病に対する情報が出てきます。当然ほとんどがうつ病の人をサポートしようという思いのサイトが多いのですが、ごくわずか許せないサイトを見かけます。(仮タイトル)うつ病で年額○○万円補助金をもらう方法。とかいうタイトルが多いですが、内容は国や自治体が行っている...

≫続きを読む

うつのイライラから暴力的になってしまうケース

うつになると些細な事でイライラして、周囲に感情的になる事があります。酷い場合は暴力を振るったりというケースもあり、特に一緒に住む家族の人は辛いものがあります。しかしうつになり、暴力を振るうには何らかの原因があると思われます。感情をうまくコントロール出来なかったり、自分の気持ちがうまく伝わらない事で暴...

≫続きを読む

うつは自覚する事が難しい病気です。

うつは自覚する事が難しい病気です。身体の調子が悪い、重たい、やる気が起こらないなどと自分では何となく感じていても、それをうつだと自覚するには至らない方が多いのです。その為、自分がうつかも知れないと思い病院に行くという行動を選択出来ないのが現状で、症状が更に悪化してから始めて病院に行く事になります。ま...

≫続きを読む

うつ病はいつも焦りを感じてしまう

うつになると何かいつも焦りを感じている様な、何かに追われている様な気持ちになる事があります。焦りから仕事に集中出来ずにミスをしたり、イライラした精神状態の場合があり中々落ち着けないのです。実際には焦りを感じなくても良いのですが、うつはその焦りを感じさせてしまうのです。うつと似た様な精神障害で、パニッ...

≫続きを読む

気分の浮き沈みと鬱の関係

浮き沈みの差が多いのがうつの特徴と言えますが、その浮き沈みの原因となるものには色々な事が考えられます。うつになり易い人の性格上、ひとつの事を深く悩んでしまいがちになり、悩み事があると浮き沈みは激しく差となって現れます。悩んでいる時は当然気持ちが沈み、身体を動かす事も困難な状態が出てきたりもします。う...

≫続きを読む

うつ病、電話相談を効果的に利用する。

うつになりひとりで悩んでいても、中々解決には向かいません。 家族や友達に、自分がうつである事を相談する、病院に行くなどの方法を早く選択するべきです。またうつで長い間悩んだ末に、自らの命を絶ってしまうというケースも減っては いないのが現状です。うつは病気なので人に打ち明けるのは恥ずかし事ではありません...

≫続きを読む

うつで良くないのが思い込みです

うつで良くないのが思い込みです。うつは自分を否定したり、物事を悪い方向に考えてしまう傾向にあります。自分は何の為に生きているのだろうとか、自分は必要があるかなど思わなくて良い事を思い込み、自分を追い詰めてしまいます。ただその思い込みが周りから見れば不思議に思うと考えますが、うつで苦しんでいる本人にと...

≫続きを読む

うつはなぜ太るのか?

うつになり太った事がありませんか?うつで太るとは良く聞きますが、ハッキリとした原因は特定出来ません。太るのと反対に痩せる人もいますし、現状維持の人もいるので一概にうつは太るとは言い切れないのです。しかしうつになり太るケースは多く、太る原因は様々な事が考えられます。ストレスから過食気味になり太るケース...

≫続きを読む

お風呂に入るのも面倒になったら“うつ”のサイン?

うつになると、身体を動かすのも嫌な状態の時がありお風呂に入る事さえ面倒に感じる時もあります。お風呂に入るのは、身体の汚れを落とす為と感じる部分が大きいと思いますが、お風呂にはリラックス効果もあるのでうつの人が入るのは、精神状態に良い効果を生むと考えます。またうつの人だけでなく、普通の人でも同じ事が言...

≫続きを読む

うつの相手はとても面倒

うつの人を相手にしていると、正常な人は面倒になります。うつの人はとても後向きにしか物事が考えられなくなっているため、回りの人は付き合っているだけでもうんざりしてきます。もし自分がうつ状態になっているときには、恋人からも別れを切り出されたり、友達が離れていってしまったりすることも起ります。誰でも人と接...

≫続きを読む

明るい「うつ」ってあるのか?

「うつ」というと暗くて、後向きな考えばかりを持ち、ネガティブなイメージがあります。しかし実は「うつ」でも明るい「うつ」という場合もあるのです。笑顔の人の心の中には大きな闇があることもあります。逆に闇があるからこそ笑顔でごまかしている場合もあるのです。では心から笑っていないなら一目で分かるかというと、...

≫続きを読む

うつ病を悪用する人たち

最近うつ病を悪用する人たちがいるといわれています。特にうつ病というのは傷があるわけでもなく、レントゲンに移ることもありません。そして血液検査で分かる病気でもないのです。簡単に言えば、本人が「辛い、何もしたくない、眠れない、不安でしょうがない」と言えば、ほとんどうつ病という病名を付けてもらうことができ...

≫続きを読む

うつになると悪態をつくのはなぜ?

うつにもいろいろなタイプがあります。とにかく暗く1人の世界に潜ってしまうタイプ。そして逆に回りの人に悪態をついたり、文句を言いまくるタイプのうつ病の人もいます。うつ病にまでなる前のうつ状態の人に、悪態をつく人が多いかも知れません。しかし回りの人はたまったものではないでしょう。まして家族なら我慢もでき...

≫続きを読む

うつは朝がつらいってホント?

うつ病の人やうつ傾向の人はどうしても朝がつらいというのは本当でしょうか。実はうつ病の症状の1つに睡眠不足というものがあります。なかなか眠れない場合や、夜中に起きてしまうことなどが多いようですが、そのため熟睡できず朝起きるときがとてもつらくなります。うつ病になると朝が起きられずに仕事もできなくなったと...

≫続きを読む

アスペルガー症候群と鬱病との関係

アスペルガー症候群を発症すると、鬱病を併発することが国際的にも多く報告されているとのこと。アスペルガー症候群とは、想像力の欠如や柔軟性がないなどの特徴があります。つまりこれは相手の気持ちも推し量ることができないので、人間関係も上手に取れないということが多くあります。もともと先天的な特徴を持っていると...

≫続きを読む

鬱はいきなりやってくる

鬱病は最近現代病とも言われているほど多くなっています。その理由はさまざまですが、昔のストレスと現代のストレスでは種類が違っているようです。昔は食べることにみんなが必死だった時代です。そのためみんなが生きるために必死で働いていた時代。悩んでいる暇もないほどだったはずです。そしてどこかに頑張れば報われる...

≫続きを読む

鬱になったら鬱の意味を考えよう

どうも気分がすっきりしない、体調も悪いし、毎日の仕事にもいきたくない、人とも会いたくないなど、いつもと違うというときには鬱あるいは鬱状態になっている可能性があります。鬱症状のうちなら、ストレスを解消することで改善することもあります。もし鬱病になっていたら、やはり医師に相談することもおすすめです。そし...

≫続きを読む

鬱のサインはしゃべれないこと?

鬱は初期にサインが必ずあります。そのためそんな鬱のサインを見逃さないようにして、早い段階でケアをすることで、早い改善が期待できます。そんなサインについて考えてみましょう。自己嫌悪や落ち込み、人と会いたくない、人間関係が嫌になるなどはよく知られていることではないでしょうか。しかし実際には集中力が落ちた...

≫続きを読む

管理職に多いうつ

管理職になるとうつが増えると言われています。管理職はまずとても仕事がハードであり、肉体的にも精神的にも休まる時間が少ないということがあります。また管理者になると、上にも下にも気を使うことが必要になってきます。上と下に挟まれたとてもストレスの強い立場と言えるのではないでしょうか。そして責任感も持たされ...

≫続きを読む

うつ病の人への禁句・あなたはこんな言葉言っていませんか?

現代病とも言われているうつ病。わたしたちの回りにもうつ病の人がいることも結構あります。また診察していないので診断はされていなくても、うつ病傾向の人やうつ病予備軍の人なども結構いるのではないでしょうか。そんな人たちにとっては禁句がいくつかあります。家族などは元気を取り戻させたいと思って、愛情からきつい...

≫続きを読む

微笑み鬱って?微笑んでいるのになぜうつなの?

最近鬱病に悩んでいる人も多くいるようです。そんな中でも微笑み鬱という鬱病があるのをご存じでしょうか。言葉通り微笑んでいるのに心は鬱病ということなのです。一見鬱病と思えない柔和な笑顔。人といると不自然なぐらい笑顔が絶えません。あまり口数は少ないけど、いつもにこにこした感じのいい人のように思われることも...

≫続きを読む

うつ病の正式名称とは?

うつ病の正式名称は大うつ病性障害です。しかし現在うつ病言われることの方が多く、うつ病としても特に問題はありません。さて、この大うつ病性障害ですが、実は障害にかかる率は15〜30%とも言われており、癌を抜くとも言われているほど(世界保健機構)。しかりうつ病の半数は、自分がうつ病だという自覚がなくそのま...

≫続きを読む

スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法