“うつ”という病気について その2

“うつ”という病気について その2記事一覧

耳鳴りの原因がうつ!?うつの原因が耳鳴り!?

Tinnitus Treatment / gurucrusher耳鳴りの原因がうつ!?うつの原因が耳鳴り!?うつの症状の一つに耳鳴りがあります。夜眠ろうとするとキーンとするような音が聞こえ始め、それが原因で不眠になったり、終始耳鳴りがする事でイライラや不安を感じるといった事例がよくあります。また、う...

≫続きを読む

腹痛がうつの引き金!?

腹痛がうつの引き金!?ストレスで胃に穴があいちゃって――そんな話を聞いた事は誰もがあるはずです。消化器官は体の中でも特にストレスの影響を受けやすい器官です。また、腹痛により今まで行えていた生活が普通に行えなくなる可能性が高いのも特徴です。大切な会議のプレゼン中に急に腹痛が…耐え切れずトイレへ…といっ...

≫続きを読む

母親のうつが子供に与える多大なる影響とは?

母親のうつ病が子供に与える影響が大きい事はご存知でしょうか。子供は母親から安定した愛情を受ける事で、対人関係においての親密さや信頼を学習していきます。しかし、うつである母親からの愛情表現が気まぐれによって大きく変化する事は子供にとって混乱を招く原因となり、成長過程で非常にマイナス要素なのです。その為...

≫続きを読む

偏見の目で見られるうつ。あなたの何気ない言動がうつを加速させている!?

うつ病患者が年々増える事もあり、ニュースなどで取り扱われることが増えてきました。それにより、うつ=怠け者といった偏見は以前より減ってきているのが実情です。しかし、こんなのはどうでしょう。うつのような症状で会社を休んでいる若手社員が、プライベートで旅行に行ったり、飲み会にいったり楽しそうに過ごしている...

≫続きを読む

生きがいの喪失とうつ

定年や子供の独立などの喪失感がうつの引き金になる事があります。仕事一筋で頑張ってきた男性が定年と共にやることがなくなった。大切に育てた一人娘が結婚して家を出て行ってしまった。これらの喪失体験は生きがいと関係が深く、うつと生きがいは切っても切れないものだといえます。生きがいの喪失でうつ状態になってしま...

≫続きを読む

うつ病は持病ではなく、アダルトチルドレンが引き金になる

うつ病は持病ではなく、アダルトチルドレンが引き金になる社会的問題と化している「うつ病」。このうつ病が発症する原因は種々様々と言われている。特定できない、と言っても過言ではない。その中の原因とされる事の一つにアダルトチルドレンという心の病が見え隠れしている。ではうつ病に対してアダルトチルドレンがどのよ...

≫続きを読む

うつ病とマイナス思考の線引き

http://mrg.bz/wNabHz うつ病とマイナス思考の線引き「いざっ」という時には人生勝負をしたいものですが、思考はついていかないものです。失敗するかもしれない、というマイナス思考は付き物です。そのマイナス思考が引き金でうつ病になる事もあります。そもそもマイナス思考が生み出される過程に、どのような心理が含まれているのか少しお話しし...

≫続きを読む

うつ病と家系は個人対応で終息

うつ病と家系は個人対応で終息世の中には様々な悩みや相談事は山のように溢れていると思います。そこで今回、うつ病と家系についての関連性について言及したいと思います。うつ病は家系からの遺伝要素が大きく、絶対に治らないものという声もありますが、完治した例は多くありますので不治の病ではないです。そもそもうつ病...

≫続きを読む

うつ病の症状の1つが過食症状です

うつ病の一つの症状に過食があります。もしくはうつ病で服用している薬の副作用によって過食になっているケースがあります。うつ病による過食症状の定義は3つあります。○ 食欲増進・・・週3回以上、食欲に過剰な衝動がある場合。○ 過剰摂取・・・週2回以上、度を越した量を食べる事、余分な軽食を毎日摂る場合。○ ...

≫続きを読む

うつ病は治らないのではなく、治そう。

うつ病に関してもっとも気になる事は、治るのか治らない物なのかという曖昧な事だと思います。うつ病患者の方にしてみると死活問題です。そこで色々とうつ病に関して完治した事例や、未だに治らない方の意見などの情報を収集していくとある事に気が付きました。ずばり申しますと、うつ病の完治する確率は50%で、治らない...

≫続きを読む

うつ病を甘えというより、イエローカードと見る

うつ病に対する社会の懸念がある一方、うつ病患者は甘えなどと誹謗中傷する声も中にはある。一体どういうことなのだろうか?うつ病患者を甘えと決めつけている方の声に耳を傾けてみよう。「うつ病はただの甘えで、みんなストレスを抱えてやっている」という内容が大筋である。私も以前まで、この問題には一切関心がなかった...

≫続きを読む

うつ病の朝起きれないは受け止める

うつ病の朝起きれないは受け止めるうつ病患者の代表的な症状は朝起きれないことです。うつ病自体が徐々に進行していく病気ですから、徐々に朝起きれないようになって行きます。最初は発症には気が付かないと思いますが、徐々に昼夜の生活が逆転していきます。うつ病患者が朝起きれないのを無理矢理治そうとする動きもありま...

≫続きを読む

うつ病と悪夢は逸らさず、受け止めるから次へ進む

うつ病と悪夢は逸らさず、受け止めるから次へ進む普段何気なく睡眠中に夢を見ますが、体が健康なうちは良い夢を見ます。しかし、体の調子が悪くなっていくと悪夢を見る事もしばしあります。うつ病の初期症状の一つに悪夢を見る事が挙げられます。それは心が緊張して、体も硬直するので思考もネガティブに傾いているからだと...

≫続きを読む

うつ病を悪化させるのは自分?

うつ病の悪化については色々なケースがあります。回復期における無理な行動が、うつ病の悪化を招いてしまう事もあったり、自らがうつ病が治ったと思って抗うつ薬を服用しなくなり悪化してしまうケースもあります。うつ病と悪化は常に隣り合わせだと思っても過言ではありません。うつ病を完治させる為にも、悪化させない為に...

≫続きを読む

苦しいうつ病は、思考で回避

うつ病で苦しいという声をよく聴きます。口に出している分、少しは和らいでいると思いますが、これでは一生続く可能性も指摘できます。私自身うつ病における着地地点は薬ではなく、自分自身の思考の変化による再発防止が決め手となると確信しています。苦しい感じを緩和させるために抗うつ薬があるので、苦しい思いを今後し...

≫続きを読む

うつ病の人の結婚と社会経済へ

うつ病の人が結婚するという事について少しお話しさせて頂きます。私の正直な答えは、お付き合いすることも結婚することも遠慮させて頂くと思います。うつ病を発症された方の性質についても少し疑問を持つところはあります。真面目で責任感が強く、人あたりもよく、周囲の評価の高い人とありますが、最初から人に好かれよう...

≫続きを読む

うつ病と血液型とゲノム

うつ病と血液型についてお話しします。血液型は性格を見極める物差しとして見るようですが、それにうつ病が関連しているのか少し調べて見ました。うつ病の多い血液型はないような感じです。そもそも同じ血液型でも違う性格が目立つように、輸血や遺伝の研究などの分野に限られてくると思います。血液型は遺伝子の関係で型と...

≫続きを読む

芸能人のうつ病は”瞬時”にマイナスをプラスへ

用を足しに出掛けた時に、ちょっとした合間に週刊誌を手にすることがあります。内容は言わずと知れた芸能人にまつわる話題です。その中でも一際目を引いた見出しは”うつ病”です。一見、芸能人とうつ病は無関係のように思われますが、芸能人は世相を表しています。それは表舞台の方々だからです。芸能人がうつ病を発症する...

≫続きを読む

鬱病の根源は社会に”存在”している

現在の日本経済は不況の流れが完全に定着してしまい、その中から脱却する術も非常に困難です。不況が続いていくことで、底知れぬ”ストレス”が降りかかっています。そこで問題視されているのは「精神病」です。現在、精神病でもっとも耳にするのは、統合失調症や鬱病という病名です。この2つは特に一般化し、特別な人がか...

≫続きを読む

鬱に対する危険性と患者さんの気持ち

人々がすれ違う街の交差点。素通りでは何も感じられませんが、きっとそれぞれの心の中に”苦悩”がある筈でしょう。 現代では表面的な病気よりも、内なる心の病に苦しみを覚える方が多いといいます。その中でも精神病の一種の「鬱」について書いて行きたいと思います。現代は「鬱との戦い」と言っても過言ではないと思いま...

≫続きを読む

鬱になった友人をみて、生き方について考えさせられた。

目まぐるしく忙しい日本社会。そんな日々が続き、心がくたびれてしまう時もあります。私の友人の一人に”鬱になった”方がいます。そのカミングアウトを本人から聞いた時は、酷く動揺しました。そして月日が経ち、その友人が「何故、鬱になったのか」を考えてみたいと思います。これは個人的な”ただ”の呟きではなく、現代...

≫続きを読む

「鬱なのかな」は自分の心の本音 見逃せないシグナル!

私は過去にこんなことがありました。仕事に一度集中してしまうと、中々熱が冷めないタイプなので”限界以上”にやってしまうことが多かったです。そのオーバーワーク後にやってきたのが「燃え尽き症候群」でした。一気に気持ちが浮遊し、ぼんやりしてしまいます。その時一度「鬱なのかな」と思うこともありました。結果的に...

≫続きを読む

「憂鬱です」と、ぼやく毎日が掛け替えのない日々だったり・・・

忙しい毎日が続いて気持ちが沈みそうな時があります。そういう時は本当に憂鬱です。何をしても気持ちは晴れず、ただ疲れ切った体を休めるだけです。物事は嫌なことが重なる物で、そういう時はあらゆることに連鎖していきます。急な出費が続き手持ちのお金が減って、クレジットカードだけで生活する時もかなり憂鬱です。小銭...

≫続きを読む

「鬱かな」という心の叫びに答える自分

寒い季節、体調管理はいかがでしょうか?体調管理をマニアックに考えると、精神面も管理するということになります。そこで体が弱ってくると心も弱ってきて、時には「鬱かな」と思う時もあるかと思います。そこで鬱かなと思う時の心の動きに関して考えてみます。鬱かなって思う時は大概、疲労の限界に達している時です。体と...

≫続きを読む

食欲の秋、読書の秋、そして・・うつの秋?!

よくこんな話を耳にすることがあります。季節の変わり目である”秋口”に気持ちがどんどん下がっていき、冬には「うつ」っぽくなってしまうという話です。うつにまでいってしまうのかと驚かれることでしょう。それには訳があり、秋口からかかってしまうことがポイントです。この症状は季節性のうつ病で秋から発症して行く性...

≫続きを読む

うつのイライラは”受け”流すべし

現代社会でもっとも多い病気は”精神病”です。今では外傷以上に命に関わるケースがあります。中でも「統合失調症」と「うつ」が多いのは、現代社会の歯車に何かが起こっていることを暗示しているようにも感じます。それは何かは”ハッキリ”と分かりませんが、人間に及ぼす”何かが”きっとある筈です。中でもうつ患者は増...

≫続きを読む

うつの方の「一人になりたい」は言葉の裏読みで・・・

よくある質問でうつの方との”距離感”について質問があります。うつの方の多くは「一人になりたい」とおっしゃることが多いですが、その心理を少し解体して見たいと思います。まずうつになったということから考えてみると、人とのストレスによる影響が考えられます。その為に自分がうつを患い、苦しんでいるんだという気持...

≫続きを読む

育児ストレスでうつは”自分磨き”が不足している!?

次世代の宝である”子供”を育てることは重労働であり、ストレスも半端な物ではないです。世に言う「育児ストレス」が溜まり、うつを発症する話も耳にします。この問題の影には大きな問題があるように思います。私が思うことは、「現代の大人は果たして精神的に大人なのか?」という疑問があります。便利になった時代に、そ...

≫続きを読む

うつと栄養の関係は見落とされやすい!?

生物の体は”食べ物”から構成されています。その原理の中でしっかりと食事を摂らないと体に不調が出てきます。栄養不足から「うつ」が発症することもあります。一見、栄養とうつは結びつかないように思えますが、実は栄養とうつは”体を通して心へ”直接的に結びついています。うつは心の病気なのでストレスや苦悩によって...

≫続きを読む

うつの”心の深層世界”へ行くと、朝起き上がれない

体の病気も生活に支障をきたすことが多いですが、精神的な病気は生活そのものが危うい状態になります。中でもうつを患い、“気分が落ち込み”朝起き上がれない症状もあります。そうなると仕事も難しくなります。健康な場合は、二日酔いや疲労以外では朝にゆううつになり起き上がれないことはあまり無い筈です。しかし、うつ...

≫続きを読む

夫のうつは、自分たちの”環境”に元凶がある!?

ご家族で闘病されている方も世の中にはいると思います。辿り着く先はどこへいくのやら・・・という心理。そこで「大黒柱の夫がうつ」にかかるという話しも頻繁に聞きます。うつの夫が休職し、育児とパートで毎日が生き地獄な日々を送る”奥さん”もいるかと思います。先が見えない、辛いと・・・。夫を憎みが始めた・・・。...

≫続きを読む

うつでお金がない?自分の再構築の時期のチャンスと考える!

世の中はどこか平等ではない、と思う方は多数いらっしゃると思います。中でもうつ患者でお金がないという状況もあると聞きます。とても難しい状態です。しかし、そこで佇んでいても何も状況は変わりません。そこで自分探しではなく、自分を”変化させる選択”しかないのです。まずは真面目に世の中を捉えて下さい。まずはう...

≫続きを読む

音に敏感に成り始めたら”うつ病”?

私達は”うつ病”に関する知識をもう少し深めた方が良いかもしれません。それはうつ病の症状は無気力や倦怠感の他にも様々な症状が見つかっており、自分が不調な時に自己判断が出来るように知識的な事前準備をしておきたい為である。それは貴方のすぐ近くまでうつ病が近付いているからです。うつ病の症状の中に”音に敏感”...

≫続きを読む

うつ病の平均治療期間は”貴方の期間”ではない

ストレスが脳内に悪影響を与えて続けていくと「うつ病」を患ってしまう。うつ病は社会生活を送ることが出来ない程”気持ち”が荒れてしまいます。そこで気になるのはうつ病を患う”平均期間”ではないでしょうか?うつ病の治療期間としての平均は”半年〜一年”とされています。この数値はあくまでも平均期間です。しかし、...

≫続きを読む

うつ病と記憶障害 その物忘れ、うつかも知れません

うつ病の記憶障害?今日の社会不安の一つの要素として”うつ病”が挙げられます。それ程までに危険視されているうつ病に対して我々は少し無知なのかもしれない。例えば、うつ病の症状の中に「記憶障害」を起こしてしまう事も広く知られていません。一般的には、加齢に伴い物忘れのようなイメージで、記憶障害が生じると思わ...

≫続きを読む

新型のうつ病は”仮病”と誤解されやすい!?

うつ病と一言で聞くと定まった症状があるように思えますが、実はうつ病には現在大きく分けて「2パターンの種類」が存在します。その為、従来のうつ病の症状に適合しない”新型のうつ病”を「仮病」扱いしてしまうことも多くなってきました。その新型のうつ病が何故仮病に思われてしまうのかを、従来のうつ病と症状の比較を...

≫続きを読む

攻撃的なうつ病 ほとんどの人が気づかない、新型うつ病の特徴とは?

周囲の”攻撃的”な方もうつ病の可能性が・・・人生を歩んでいくと色んな人間を見ていきます。中でも印象に残っているのは”不誠実”な方の言動です。多くの方はそういう方に対して、一体どういう教育を受けて来たのかと疑問を受けてしまうことでしょう。そこで一つ頭の片隅に置いておきたいことは「新型のうつ病の存在」で...

≫続きを読む

コーヒーはうつ病にいいの?ダメなの?どっち?

うつ病の方はコーヒーの量を調節しよううつ病でお困りな方が多いと思います。うつ病気味でお仕事をされている方は、特に集中力が求められることでしょう。仕事の最中で集中力を高めるのに”コーヒー”をお飲みになる方もいらっしゃるでしょう。しかし、巷の噂でうつ病でコーヒーを飲むと悪化すると聞きます。それは一体どう...

≫続きを読む

うつ病は恋人にうつる、それは当然の事!!?

こういうお話を聞いたことがあります。お付き合いしている恋人の方が「うつ病」だった場合、うつ病はその恋人に”うつる”物なのかという内容です。先に結果を言うと、恋人にうつ病がうつる場合があります。家族ももちろんですが、共に時間を過ごすと同じような考え方や価値観を持ってしまうことがあります。そして、同じよ...

≫続きを読む

うつ病の後遺症と”向き合う”

病気をすると病気以前との違いが必ずどこかある筈です。言わば「後遺症」です。体や心の形が一度崩れると、完全に元通りには戻らないのです。再び造形して新しいスタイルで生きて行くしか道はありません。そこで”うつ病”を患った場合の後遺症についてお話ししていきます。うつ病はとても治り難い病気ですし、完治というの...

≫続きを読む

うつ病の孤独感は”新しい自分への道”

人は生まれながらにして「孤独」という言葉も耳にしますが、うつ病で”孤独感”を感じることも同じ「性」(サガ)なのでしょうか?うつ病の孤独感は物凄い恐怖感が胸をえぐり、うずくまってしまうと言われています。そのうつ病独自の孤独感に押し潰されて、負けてしまいそうになった時はどうしたら良いのか。自然の流れに従...

≫続きを読む

うつ病を再発する原因は”自分の中”にある

心の時代とも称される今日の中で”うつ病”が未だに流行ったままです。そして、うつ病は中々治り辛く1年以上の治療期間が必要です。とても厄介な物です。しかし、更に厄介な事はうつ病の”再発率”が異様に高いことです。うつ病の再発率は8割以上とも言われています。せっかくの長期療養を経ても何らかの原因によって、す...

≫続きを読む

うつ病でも生活保護を受けられます!

多忙な社会生活を送る中で調子が悪いと思いつつも働き続けて行き、うつ病かもしれないというリミットを超えても更に走り続けて行き、結果的にうつ病になってしまう。このようにうつ病になる方は多いです。そして、うつ病を患い、働くことが出来なくなった場合はどうしたらいいのか?明日の生活は誰が保証してくれるのか?こ...

≫続きを読む

うつ病で精神的にも家族バラバラに

■うつ病で家庭崩壊■うつ病の症状がひどく期間も長くなれば、家族にとっても深刻な状態となり最悪は家族バラバラになるケースも多数あります。家族バラバラと言っても家族が離れ離れになるという意味と、精神的に家族バラバラとなる場合があります。うつ病の症状が重くなると、しばらくの間働く事が出来なくなります。一家...

≫続きを読む

激しい気分の波はうつ病のサイン

イライラや不安感や睡眠が上手く取れないというのがうつ病の代表的な症状ですが、他にも気分にものすごく波があるのも特徴です。うつ病になると、苛立ちなどが常にある為気分に波が出てきます。気分が良いかと思えばすぐに落ち込んだりと不安定な気分の波が多くなります。この気分の波は脳内での働きに異常がある為だといわ...

≫続きを読む

うつ病を寝たきり廃人と呼ぶな!

うつ病は正しい理解の仕方が必要です。まず、うつ病は「病」という通り病気です。ただうつ病の症状は人により異なるし、症状の重さにも違いがあります。特に普通に働ける人もいれば、寝たきりになる人、廃人状態の人まで様々です。うつ病になってしまうきっかけは色々ありますが、初期の段階ではうつ病とは思わずに体調不良...

≫続きを読む

うつ病とアルコールは密接な関係を持ってしまいます

うつ病と付き合っていく上で大切な事があります。それはアルコールとの関係です。うつ病とアルコールは密接な関係を持ってしまいます。うつ病からアルコール依存症も併発してしまい、体や心に大きな悪影響をもたらします。反対にアルコール依存性からうつ病にもなってしまうケースも非常に多く、このうつ病とアルコールの関...

≫続きを読む

最近、うつ病とadhdとの関係性が話題になりつつあります

最近、うつ病とadhdとの関係性が話題になりつつあります。まず、adhdとは年齢や発達に不釣り合いな注意不足などで日常生活に支障をきたす事がある発達障害の事を指します。しかしadhdは小児期や思春期など、比較的幼少な年齢での病気と認識されていました。しかし、大人にもadhdではないかと疑われる人が多...

≫続きを読む

痛みを伴ううつ病について

日本でも多くの人が悩んでいるうつ病ですが、時に身体の痛みなどを伴う事があります。逆に痛みからうつ病になる事もあり、思いもよらない事から自分がうつ病だと分かるケースも希ではありません。体を使う仕事であれば、手や足腰など毎日酷使することにより部位的に痛みを感じる事は自然と言えるでしょう。しかし、痛みがい...

≫続きを読む

うつ病で息苦しい?

うつ病患者の人の中で息苦しいと感じる、または息苦しいと訴える人がいます。しかし、うつ病ではあるけど他に疾病がない。何故息苦しいと感じる事があるのでしょうか?そのひとつに精神的圧迫感があるのではないかと思います。うつ病の人は大部分の人が常に精神的に余裕がない、常に追い詰められているような感覚を持つ事が...

≫続きを読む

うつ病が怒りっぽくなる訳とは?

精神的疾患であるうつ病は、時に感情のコントロールが出来ない事もあります。その中でも怒りっぽいと言われる人も沢山いるのではないでしょうか?怒りっぽいのは昔から、と自分で思い込んでいる人はもしかしたらうつ病かも知れません。うつ病の状態で、中でも躁うつ状態では特に感情の起伏が激しいと言われます。うつ病は眠...

≫続きを読む

医療保険では難しいうつ病の保障

うつ病経験者の数は、日本人の30人にひとりと言われています。すぐに回復した人、数ヶ月や1・2年で回復した人などうつ病期間は人それぞれですが、多くのうつ病患者が何十年など長いスパンでうつ病と付き合っているのも事実です。しかしうつ病は特に長い期間、通院をしながら根気強く治療をしなければいけない病気です。...

≫続きを読む

うつ症状が悪化すると身体も動かない

■症状が悪化すると身体も動かない■朝目が覚めても、まったく動けない・・・。起き上がれる気力がない・・・。うつ病になるとそういう事があります。頭に酸素がいってないような、ズシンと重たい感じがあり起きれないと言うより動けないという感じです。うつ病でなくても、他に病気などをすればそういう経験はあると思いま...

≫続きを読む

うつ病とうつ状態 言葉の使い方で意味は変わる?

■言葉の使い方で意味は変わる■うつ病で仕事を長期休む時などに、会社に診断書を提出すると思いますが医師が書いた診断書を見た事があるでしょうか?病院の医師により違いは出てくると思いますが、よく「うつ状態」と書かれています。うつ病ではなくうつ状態です。なんでハッキリうつ状態と書かずに、うつ病と書いてくれな...

≫続きを読む

うつ病の可能性?落ち着かないのは注意が必要です

なんかイライラして落ち着かない、不安から落ち着かない。そういう事があればうつ病の可能性は高いと言えるでしょう。うつ病は、心身のバランスが悪くなるので不安感やイライラ感など感情のコントロールが上手くいきません。落ち着かないという事は人間誰でもありますが、健常者であれば一時的なものですぐに落ち着かない状...

≫続きを読む

うつ病で音に過剰に反応するのは精神状態が悪いため

うつ病になると、音に敏感になったりします。基本的に、うつ病状態であると静かにしていたいという気持ちが出てきます。なので、過剰に音に敏感になりイライラする事があります。テレビの音に敏感になり、ボリュームが大きいとつい下げてと家族に言ってしまったりと言うこともうつ病には出てきます。うつ病を持っていても仕...

≫続きを読む

うつ病における寛解 完治に近いけど様子見ということ

うつ病治療の中で寛解という言葉を聞きます。寛解...難しい言葉です。寛解という言葉には定義があるみたいですが、実際にはその定義も多くの論争がある様です。では、うつ病における寛解とはどういう事なのでしょう。うつ病における寛解とは、簡単に言えばほぼ良くなっていますという意味みたいです。ではなぜうつ病は完...

≫続きを読む

注意!うつ病で消えたいと思ったら最後です

■消えたいと思ったら最後■うつ病の症状が悪化すると、自ら命を絶つ行動、自殺に気をつけなければいけません。うつ病で苦しんでいると、何も考えたくないという思考になり消えたいという気持ちになる事が頻繁に出てきます。うつ病の状態が重症な状態であれば、極端に言うと自分で何を悩んでいるのかさえ分からなくなる事が...

≫続きを読む

心臓が悪いの? うつ病における胸痛

うつ病になると、精神的に落ちこむ事や気分がすぐれないなどの精神的症状と、身体に異変を感じる身体的症状があります。うつ病での身体的症状は人により様々です。頭が痛い、目眩がする、胸が痛む胸痛などです。中でも胸痛はうつ病患者の中では症状として多い様です。また胸痛を感じるうつ病患者の中でも症状は分かれます。...

≫続きを読む

判断が難しいうつ病の倦怠感とは?

■判断が難しい倦怠感■うつ病の様々な症状の中で、もっとも多いのが倦怠感ではないでしょうか。しかしこの倦怠感というのは非常に難しいものでもあります。うつ病での倦怠感も当然ありますが、倦怠感は色んな事が原因で起こります。極端な例で言えば、季節の 変わり目でも倦怠感を訴える人はたくさんいますし、肝臓に疾患...

≫続きを読む

現代社会が生み出したうつ病

現代のストレス社会が生み出したのが精神疾患ではないでしょうか。私は常にそう感じています。うつ病を始めとする精神疾患による患者数はこの20年で、どれだけ増えたのだろうかと考えていたのですが、実はそれはどうだろう・・・。と、感じ始めました。何が違うの? と言うと、もともとは存在していたうつ状態の人が、公...

≫続きを読む

うつ病と肉体の関係

うつ病の原因はストレスである事が分かっていますが、ストレスは誰もが感じるものでありストレスを感じない人は世の中にはいないでしょう。しかし本当にストレスだけでしょうか?そう思う根拠は私自身が体験した事ですが、ストレスと同じぐらいうつ病にとって大きな要因を与えるのは規則正しい生活習慣が、大きく関係してい...

≫続きを読む

考え方を変えると視点も変わる?

筆者である私自身も厳密に言うと、うつ病とは20年近くの付き合いになります。転職も数回行い、2ヶ月3ヶ月仕事を休む事も何年かに一度はありうつ病と付き合ってきましたが、正直な気持ちを言うと治らないと自分では思っています。この治らないという気持ちは、決して悲観的な意味だけのものではありません。言葉にするの...

≫続きを読む

うつ病と妄想

うつ病患者の多くに妄想癖がある人が多いという事実があります。妄想の種類には多くの言葉としての妄想が存在しますが、うつ病の中で一番問題となるのは被害妄想だと私は考えています。妄想は自分の存在自体が罪と思ったり、嫌だと思ったり家族や周りの人に大きな迷惑や被害を与えているという被害妄想になります。そう考え...

≫続きを読む

鬱の苦しみを乗り越えるには受け入れる事

朝起きて身体が動かない。何とか起きたとしても、身体を動かすのが苦痛なくらいの痛みや重たさに嫌気がさす。症状がひどい時にはそれがずっと続き、最悪は仕事が出来ない状態になります。とにかく元気で働きたいと一番感じる瞬間でもありますが、たぶんこの感覚は経験者しか分からないと思います。うつ病で自殺する人の気持...

≫続きを読む

鬱病患者と患者にならない人の僅かな差

鬱病患者と鬱病に近い人との違いはどこにあるのでしょうか?私はその差を言葉では説明出来ません。気分が落ち込んで体が動かない事や、身体に異変が起こることは誰にでもあります。病院に行くか行かないかで、鬱病患者と呼ばれる立場になるのかならないのかは変わってきます。結婚していると仮定して考えた場合ですが、夫婦...

≫続きを読む

海外での鬱病事情について

日本での鬱病を含める精神疾患患者の数は増え続けていますが、外国ではどうなのでしょう。色々と調べていましたが、特に先進国でのうつ病患者は多い様です。数ある先進国の中で身近な存在にある大国アメリカにおいても、うつ病患者の数は実に4人に1人と言われているのですイメージだけで国の国民性を決め付ける訳ではあり...

≫続きを読む

ずっと鬱病と付き合う事も考える

うつ病についてはそれぞれ個人により症状にも差があります。そして差があるのは症状だけではありません。うつ病に対する向き合い方というのは、またそれで個人個人違う考え方を持っていると思います。うつ病である事を悩み続けると、生活に対しての不安が一生つきまといます。私も含めてですがうつ病に対する考え方を、ポジ...

≫続きを読む

こどもの鬱病はあるのか?

高度先進国日本においては、その教育レベルも世界トップクラスである事は証明されています。では学生いわゆる子供たちに、鬱病は存在するのでしょうか?私が考えるには思春期を超えると考え方がやはり大人になり、複雑な事まで考える様になります。そうなってくると思い悩む時も増え、うつ状態に陥る場合があると考えていま...

≫続きを読む

鬱病の薬と血圧の薬の共通点とは

うつ病の改善には何が必要なのか?こうすればうつ病は克服されるといった文句のサイトも良く見かけますが、絶対的な口調で表現する方法は私は嫌いです。うつ病克服には絶対はないと私自身は思っているからで、色んな事を試してきたけどその人にしか合わない方法や生き方がある。そう思っています。医学的には脳の伝達物質の...

≫続きを読む

うつ病にも治験モニターってあるの?

治験モニターや治験アルバイトといった言葉はネット上などでも良く見かけますが、実はうつにも治験があります。治験とは薬を作るメーカーがその薬を社会に向けて販売する前に、治療の実験結果を繰り返し行い薬の安全性や有効性を確認する為に行われるもので、法律で義務付けられています。治験には様々な製薬メーカーが多く...

≫続きを読む

うつからの脱出とはどういうことか?

うつになり状態が酷くなると、中々その状態から脱出する事が難しくなります。うつは元々治すのが難しい精神病で、うつ状態から脱出どころか幾度も再発を繰り返してしまいます。少し状態が良いとすぐに病院に行かなくなったり、薬を自分の判断で止めてしまう事もあるので再発率が高いとも言えます。うつからの脱出を考える前...

≫続きを読む

知っておくべき!鬱とダイエットの密接な関係

うつになると食欲が減ってしまったり、逆にストレスから太ってしまったりとうつによる体重の変化は人それぞれです。また痩せようと必死にダイエットをした結果、うつになってしまうケースもあります。痩せようと決心してダイエットに取り組みますが、ダイエットが精神的に与えるダメージは気付かないだけで結構大きいのです...

≫続きを読む

動悸に悩まされる、うつ症状について

人はは誰でも動悸がする事があると思います。何も病気のない健常者でも、朝起きて急に立ち上がったり激しい運動を急激に行った場合などは動悸がする事がありますが、その場合は一時的なものであり特に問題はありません。うつの場合でも動悸が起こる事もあり、また動悸に悩まされているうつの人も多数いるのが現状です。うつ...

≫続きを読む

うつ病患者の約50%がEDを合併する!?

うつになると心理的な事が起因となり、約50%の患者がEDを合併すると言われています。この心理的要因によるEDを心因性EDと呼び、うつの他にも日常で感じるストレスや不安からも起こる事があります。完全なEDまでに至らなくても、うつになると性欲の減退が起こる人は多くそういう事を考える余裕がないとも言えます...

≫続きを読む

うつと震えの関係とは?

うつになると震えが出る時があり、多くの人がその震えという症状に悩まされています。うつと同じく他の精神病でも震えを感じる事がありますが、震えの原因は極度の緊張状態の為に起こると考えられます。震えは特に手足といううつの人が大半で、中には身体の震えを訴える人もいます。うつであっても仕事をしている人がほとん...

≫続きを読む

愛情とうつ症状の関係

愛情とうつ症状にはとても深い関係があるようです。例えば幼児期の親の愛情をしっかり愛情をもらっていないと大人になってうつ症状になりやすいと言われています。生後3カ月ぐらいから2歳ぐらいまでの幼児期。何も分からない時期のようですが、この時期に親がいつも温かい目で見守っていることで子どもは一生自信を身に付...

≫続きを読む

うつの恋人と会うときの心構え

恋人がうつになったとき、どのような付き合い方をすればいいのでしょう。うつになると電話やメール、それにデートなど、どれもおっくうになっていくことが多いと言われています。うつの状態にもよりますが、何も積極的にすることができなくなることも多いようです。そのような場合は、恋人となかなか今までのような付き合い...

≫続きを読む

赤ちゃんができたてからの「うつ」について

赤ちゃんができて妊娠しているときには、そんな嬉しい時期に「うつ」などあり得ないというのが、当事者でなく妊娠経験のない男性たちの考えだったようです。しかし妊娠中に「うつ」や「うつ状態」になる女性はとても多いとのこと。妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れます。また胎盤からヒト絨毛性ゴナ...

≫続きを読む

ムズムズする「うつ」と言われるアカンジアについて

うつ病の中にはさまざまな症状がありますが、その中でも今とても増えていると言われているのがアカシジアという「うつ」なのです。落ち着きがなくなった、落ち着けないというときには、このアカシジアを疑ってみましょう。アカシジアは正座不能・静止不能といわれる「うつ」の一種ですが、精神科で処方される向精神薬や抗う...

≫続きを読む

うつ状態の悪循環を切らなければ!

うつ状態は何も楽しくない、何もやる気が出ない、集中力も低下し能力が出ない、自己嫌悪に落ち込む、ますます不安で楽しくない、何もやる気が出ない……。このようにうつ状態は悪のトライアルとも言える症状を繰り返しながら、どんどん深みにはまっていき、本当のうつ病になっていきます。これは少しでも早いうちに悪循環を...

≫続きを読む

悪心はうつ病独特の症状

うつ病になると、多く見られる症状に悪心があります。うつ病の場合、特に背中から腰にかけてある深層筋肉が硬くなる傾向があり、そのため胃の働きまで悪くなります。つまり胃が動きにくくなるため、消化不良を起こしやすくなるのです。そのため悪心を感じることが多くなります。特に食事の後に起こる吐き気は、このように胃...

≫続きを読む

うつ病は握力低下と関係している?

うつ病は胃の裏側近くにある深層筋肉をはじめ、体のどこかの筋肉が緊張していることがほとんどです。うつ病はストレスを抱え込んでしまっている状態のため、筋肉の場所には違いがあるものの、ほとんどのうつ病患者は筋肉の緊張があると言われています。その状態が数カ月、数年となっていくわけですから、それが原因でうつ病...

≫続きを読む

うつ病によるアクチべーションの恐怖

うつ病治療をしているとアクチべーションを起こすことがあります。うつ病の薬物治療に新規抗うつ薬を使用することで、攻撃的になったり衝動的な行動を行うことも。特に自傷行為が増えるのがアクチべーションというものです。選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるSNRIなどの新規抗うつ薬はアクチべーションの危険があ...

≫続きを読む

うつ病による亜昏迷について

まず亜昏迷とはどういうものか、意外と知らない人も多いかも知れません。まず昏迷というと言語反応も欠如し、表情も硬くなり言葉もなく、とても不自然な姿勢を取ることが多く、食事や風呂、着替えなども拒否反応を起こすこともあります。意識障害とは違い、昏迷中の記憶などもちゃんと覚えておることが多いようです。亜昏迷...

≫続きを読む

なぜうつ病は足のしびれが起こるのか

うつ病になると自律神経が乱れます。それによって交感神経が異常に活動してしまうと血管が収縮します。それによって血流が悪くなり手足のしびれが起こるのです。この足のしびれなどを改善するには交感神経の働きを抑えることが大切になります。そのためにはまず体を温めるようにしましょう。それによって血管が開いて血流が...

≫続きを読む

老人鬱にはアセスメントが重要

特に老人の鬱病は物忘れがひどくなり認知症と鬱病が同時に症状として出てくることあります。また老人性鬱病は自殺願望が多いので十分注意し、観察しなければならないのです。アセスメントプログラムでは、このように鬱病が自殺などにつながりそうな人を探し出すことを目的としています。観察のポイントは抑鬱の状態、気分の...

≫続きを読む

鬱になる人は頭がいい?

鬱になる人は頭がいいのでしょうか。鬱の人がみんな頭がいいのではありません。頭のいい人は鬱になりやすいのです。こんなことを研究したのがベルギー大学の研究チームでした。ヨーロッパ21国、25歳〜61歳までの16600人の人たちに臨床追跡試験を行ってその結果を報告したのです。会社から求められている以上の学...

≫続きを読む

鬱になるとすぐ泣くようになるって本当?

鬱になると、特に何事に対しても、すぐに泣くようになります。それは心の底に大きな闇を抱えているからこそ起こる症状とも言えるようです。そして鬱病の初期から、泣きやすくなります。亡くなった親のことを思い出しては泣き、ちょっとした人間関係のトラブルを思い出しては泣き、鬱が重度になってくるとこのような理由らし...

≫続きを読む

鬱は睡眠過多になるって本当?

鬱になると睡眠不足になると言われています。でも睡眠過多にもなると言われていますが一体どういうことでしょう。睡眠不足と睡眠過多は正反対のようですが、実は睡眠不足と睡眠過多はつながっているのです。鬱の場合、なかなか寝付くことができなかったり途中で目がさめたり、とても浅い眠りが続くことが多くなります。どれ...

≫続きを読む

新型うつってなに?

最近新型うつが増えていると言われています。特に若い人の間ではやっているとのこと。しかし新型うつは実はうつ病とは違うものなのです。もともと医学的な用語ではなく、メディアが作った言葉と言われています。しかし非定型うつ病にとても似ているといわれているものですが、非定型うつ病かというとそれもちょっと違う。し...

≫続きを読む

うつ病の患者数について考えてみよう

うつ病の患者数は厚生労働省が行っている患者調査によると1999年には44.1万人だったとのこと。1996年には43.3万人なので、この辺ではそんなに急激な増加はありません。しかし2002年には71.1万人、2005年にはなんと92.4万人、2008年では104.1万人と驚くほど増えていることが分かり...

≫続きを読む

うつ病で、閉鎖病棟に入院する

うつ病として入院する場合、精神病棟には解放病棟と閉鎖病棟があります。解放病棟は多くの患者さんとの共同部屋などで生活をするわけですが、閉鎖病棟というと重い扉の向こうに厳重な扉がまたあって、その向こうに孤独の世界が広がっている恐怖の病棟のようなイメージがあるかも知れません。そして閉鎖病棟に入ってしまった...

≫続きを読む

うつ病、 限界超えるとどうなる?

うつ病は自分の抱えきれる限界を超えると発病すると言われています。それでもなんとかそのまま戻れる程度の人もいますが、どんどんうつ病に傾き、うつ病と診断されてしまうまでになってしまうこともあります。それもどの程度限界を超えたかということになります。限界を超えると意味なく悲しくなっていきます。むなしさ、何...

≫続きを読む

うつの初期症状について

うつ病と普通の状態との境目はとても難しいと言われています。うつ病はまじめな人や、責任感の強い人がなりやすいと言われています。もちろんそれだけではありませんが、複雑な人間関係や忙しい仕事のストレスによって、もうつ病が発症することもあります。車で言えばアクセルを踏みすぎてエンストを起こしてしまったような...

≫続きを読む

うつ病だと笑う?笑わない?

「笑ったからうつ病じゃないんだ」「笑わないからうつ病かも知れない」と思われがち。でも実はうつ病でも笑うこともあるし、うつ病じゃなくても笑わない人もいるのです。もちろん本当にうつ病も重度になると自分の意志に反して笑うことができなくなることもあります。しかしうつ病だから笑わないというのは大きな誤解です。...

≫続きを読む

スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法