"うつ”を克服するために今出来ること

 

”うつ”を予防するには記事一覧

”うつ”と発達障害!90%の親御さんが知らない意外な関係とは?

Photo credit: xandert from morguefile.com”うつ”と発達障害自分お子どもはキレやすい、友達とも仲良く出来ないと感じたら。それは将来”うつ”につながる、発達障害かも知れません。”うつ”につながる発達障害落ち着きなく走り回る、友達と仲良くできずにケンカばかりしてる...

≫続きを読む

実は優等生ほど危ない?発達障害

実は優等生ほど危ない?発達障害発達障害というと、何か重大な障害のように聞こえますが、これは決して珍しい障害ではなく、どこにでもよくみられるものです。発達障害は、人より注意力が足りなかったり、落ち着きがなかったり、忘れものが多かったり、というくらいなので、大人たちは気が付かず、見過ごしてしまいがちです...

≫続きを読む

危険!発達障害を見逃すと”うつ”や不登校になる

危険、発達障害を見逃すと、”うつ”不登校に!発達障害の子どもの問題は、発達障害がある、ということではなくて、この発達障害を持つ子どもは、普通の子どもに比べて、脳の中枢神経が脆弱なために、ストレスに対する抵抗力が弱く、普通の子どもからしたら、些細なこことでも、大きく反応してしまうということです。そして...

≫続きを読む

ブッシュマンに学ぶ ”うつ”予防!?

出典  http://blogs.yahoo.co.jp/toshi88104/44398442.htmlブッシュマンは”うつ”になりにくい!?心も体も健康になる、狩猟採集民ブッシュマンの食生活とは?アフリカのブッシュマンなどの、狩猟採集民には”うつ”が非常に少ないそうだ。それは、彼らの昔から変わる...

≫続きを読む

"うつ”とオメガ3脂肪酸の決定的な関係とは?

”うつ”とオメガ3脂肪酸の決定的な関係とは?”うつ”とオメガ3脂肪酸が密接に関連しあっていることが、最近の研究から解明されつつある。オメガ3脂肪酸といえば聞きなれないが、DHA、EPAといえばほとんどの人が理解できるだろう。このオメガ3脂肪酸は、人間の脳の働きをに作用する、重要な物質だ。不足すれば、...

≫続きを読む

子どもが”うつ”になりやすい環境を、大人が作ってしまっている!?

自分の子どもは”うつ”になりやすいのか?うつになりやすい子どもには、本人の性格からのものと、周りの環境からのものがあります。それらの条件がいくつか重なってしまうと、子どもはうつになりやすくなってしまいます。”うつ”になりやすい子どもの性格と環境家族や親戚に”うつ”患者がいる、または過去にいた。親が離...

≫続きを読む

セロトニン不足と”うつ”の危険な関係とは?

セロトニン不足と”うつ”の危険な関係とは?食生活の偏りが”うつ”を招く危険性疲れた時は甘いものがいい、ということで、甘いものを食べる人がいます。私などは、単に甘いものが好きなので、疲れていなくても食べてしまいます。しかし経験上、甘いものを食べたあとは、いつもの作業が全くはかどらないことが多いようです...

≫続きを読む

知らなかったでは済まされない!家庭環境から子どもの”うつ”が生まれる!

家庭環境と子どもの”うつ”の関係とは?機能不全に陥っている家庭環境では”うつ”になりやすい?精神的な虐待のある家庭環境。肉体的な虐待のある家庭環境。そして性的な虐待のある家庭環境。こういった問題のある家庭環境を、機能不全家族といい、”うつ”の要因となりえます。このような家庭環境で育った子どもは、この...

≫続きを読む

”うつ”を知り、”うつ”になりやすい環境と要因に注意する!

”うつ”を知り、”うつ”になりやすい環境と要因に注意する!現代社会は”うつ”になりやすい環境と要因が多くあり、15人に1人が”うつ”になると言われています。「最近疲少しれやすい」など、軽く考えてしまいがちな症状であっても、”うつ”の可能性もありますから、重症化してしまう前に、早めの受診をすべきです。...

≫続きを読む

”うつ”予防の特効薬はコーヒー!?

”うつ”予防の特効薬はコーヒー!?コーヒーに含まれるカフェインは、脳の中枢神経に作用する。眠気予防効果を期待して、ドライバーの仕事や勉強する時などに、世界中で飲まれている。このコーヒーが、”うつ”を予防するかもしれないという。アメリカで行われた調査によると、週に一杯程度しかコーヒーを飲まない人と比べ...

≫続きを読む

コーラを飲むと”うつ”になる!?ダイエットコーラの危険性とは?

コーラを飲むと”うつ”になる!?ダイエットコーラの危険性とは?しかも、コーラなら普通のコーラより、ダイエットコーラのほうが、さらに”うつ”になるリスク高まるとのこと。ある研究機関がおよそ10年かけて大規模な調査研究をした結果、コーラなどの清涼飲料水は、飲み続けると”うつ”になるリスクを高めてしまうと...

≫続きを読む

”うつ”になるハンバーガーセット トランス脂肪酸の塊。

”うつ”になるハンバーガーセット トランス脂肪酸の塊。トランス脂肪酸をたくさん取りすぎると、”うつ”になるリスクを高める危険性があるという。報告では、12000人の健常者(”うつ”ではない人)を対象に、6年間、食生活やライフスタイルを追跡調査したところ、当初”うつ”患者は一人もいなかったのに、調査が...

≫続きを読む

超簡単”うつ”予防は、幸せホルモン、セロトニンを増やすこと。

超簡単”うつ”予防は、幸せホルモン、セロトニンを増やすこと!最近眠れない、体の調子が悪い、イライラするなどの症状が出ている場合は、セロトニンが不足している可能性があります。セロトニンが不足すると、幸せを感じることが出来なくなり、やる気や意欲がなくなってしまいます。”うつ”患者はこのセロトニンが少なく...

≫続きを読む

実は驚くほど簡単にできる!"うつ"の予防

実は驚くほど簡単にできる!"うつ"の予防"うつ"のつらさは、実際に経験した人にしか、なかなか理解できないものですが、一度経験した人や、自分の周りで"うつ"になった人を見てる人などは、その辛さがある程度理解できると思います。"うつ"のつらさや、大変さをわかっているなら、"うつ"にならないための簡単な予...

≫続きを読む

イタリア人は”うつ”になりにくい!食事のオリーブオイルが予防の決め手に!?

イタリア人は”うつ”になりにくい!食事のオリーブオイルが予防の決め手に!?地中海沿岸の国々、例えばスペイン人やイタリア人などは、陽気な人々で”うつ”なとという病気とは無縁のイメージがありますが、これは単なるイメージだけではなく実際にヨーロッパの北の国々と比べても、”うつ”の発症率は低いということです...

≫続きを読む

うつ病には飲酒は厳禁、発症前では予防効果?

仕事疲れや気分転換には飲酒をするものです。とても気持ちはリラックス出来て心を解放してくれます。ですが過度の飲酒は絶望感や孤独感を強めます。現代では4人に1人は不眠と言われ、寝酒をする傾向にありますが、結果的に飲酒は睡眠の質を低下させます。アルコールは気分を安定させるため、うつ病患者は飲酒します。場合...

≫続きを読む

目に見えない”うつ”の元凶には 見えないアロマの香りが効果絶大!?

仕事は忙しくなり過ぎると体には”毒”になってきます。普段は然程気にしないことも気になり始めて、それがストレスへと転換して蓄積していきます。ビジネス、家事、育児のどれもがストレスになってしまいます。そして、その状態が緩和されることなく続いてしまうと「うつ」になってしまいます。せっかく頑張って行ってきた...

≫続きを読む

うつ気味や頭が回らない時は、次の手をすぐに!!

仕事でもっとも重要なことは職場環境です。その中でも人間関係がほとんどではないでしょうか?私の経験上、人間関係が悪い所は干渉気質と自信の無い人達が集まり、良い場所は他人を無暗に干渉しない自立した場所が多かったです。自分に合わない場所で仕事をすると”うつっぽく”なり、頭が回らない状態になります。私もそん...

≫続きを読む

鬱になりそうな時は”真面目具合”を調整する

こういうことをしたことはありませんか?鬱になりそうな性格のタイプか調べて、自分と照らし合わせたことを。私はこう思います。大概の鬱になりそうなタイプのパターンは、日本人ならほとんどの方が当てはまりそうな感じではないでしょうか?責任感があって真面目な方が多いという典型的な鬱になりそうなパターンは、実は私...

≫続きを読む

お酒でうつ予防!?リラックス効果で緊張を緩和する

うつとお酒はバランス次第よくうつ病とお酒の関係をマイナスな面で捉える方がいます。それは過剰なお酒の飲酒による”アルコール中毒”があるからです。何事も適度でバランスが保たれます。物事もそうであり、お酒はうつに絶対に良くないと決めつけることも違うように感じます。抑圧を開放する時も必要です。あるデータによ...

≫続きを読む

うつ病を患うきっかけは、ほんの小さなきっかけの蓄積から

日本では不景気の煽りを受けて>”うつ病”の旋風が吹き荒れています。その旋風の最中、人によってうつ病を発症したきっかけも人それぞれです。まずうつ病の原因となるのは「ストレス」です。そのストレスが原因で脳内の神経伝達物質の働きが鈍ってうつ病を患ってしまうのです。うつ病を患った直接的なきっかけも”オーバー...

≫続きを読む

鬱にならない体質を作るには

うつ病という難病にどう対処していけば良いのだろうか。自分自身で考えたけど、納得のいく答えはみつからないのです。医学的には神経伝達の異常として社会的な認知を得たものの、じゃあどうするの?どうやって治すの?みんな同じ薬で治すの?様々な疑問が出てくるばかりです。精神的な疾患を持つ人は、一人一人環境が違いま...

≫続きを読む

うつや他の精神病の原因のひとつに、栄養不足が考えられます。

うつや他の精神病の原因のひとつに、栄養不足が考えられます。ただ栄養不足だけが原因でうつになる事は考えにくく、あくまでもうつの原因のひとつだと言えます。うつでも普通に食欲があり、問題ない程度で食事を摂れているので栄養不足ではないと思うかも知れませんが、ここで例える栄養不足とはビタミンや脂質などを含めた...

≫続きを読む

あくびはうつ病の初期症状

うつ病の症状の一つには、あくびがあります。もちろんうつ病の症状にはいろいろあり、あくびはその中の一つと言えるでしょう。また眠いときに自然に出るあくびとの違いもはっきりしていて、吐き気などのあるときにも生あくびが出ます。例えば脳梗塞などの脳に疾患のある重大な状態のときにも起こるものです。あくびは脳に刺...

≫続きを読む

うつは予測できないのか

うつは確かに予測>できないことも多いようです。実際にはうつの予兆はあります。しかしそれを見逃してしまっていることが多く、気付いたときにはうつがもう発症していたということも多いのです。うつは心の中で処理できないことでいっぱいいっぱいになってしまいますが、これ以上は無理という限界は自覚できないことが多く...

≫続きを読む

スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法