不安障害で仕事に就くことの可能性は?

不安障害で仕事に就くことの可能性は?

 

 

 

 

 

■仕事に就くのは無理なのか?■

 

 

 

うつ病やパニック障害など、不安障害を持つ人にとって

 

仕事への影響は深く考えてしまう事です。

 

 

 

仕事中に症状が出たらどうしようなど、不安障害は

 

常に付きまとう大きな悩みとなります。

 

 

 

仕事場では不安障害を持っている事を自ら言う事は

 

偏見の目を向けられるかもしれないのも、不安障害者に

 

とっては更なる悩みにもなります。

 

 

 

その為、仕事中は常に嫌な緊張感と不安を持ちながら

 

仕事に取り組まなければならず、病状の悪化に繋がる

 

事もあります。

 

 

 

 

また不安障害が原因で仕事をするのが難しい人もいます。

 

 

求人内容に不安障害者でも可、なんて書いてる企業なんて

 

あるわけないし、でも生きていく上で仕事は必要になる

 

ので仕事選びにも慎重になります。

 

 

 

特に対人恐怖症などが激しい人は、人と接する事が困難な

 

不安障害になるので更に大変です。

 

 

 

収入面を考えずに人となるべく接する事がない仕事を選ぶ

 

事に考え方が集中してしまい、満足な結果にはならないのが

 

現実です。

 

 

 

 

また長年働いている仕事場でも、働いている中で不安障害に

 

なり仕事を辞める人や、長期休養を余儀なくされる人も

 

います。

 

 

 

うつ病やパニック障害、不安障害の人が会社で上手く

 

やっていくには味方を作る事がひとつの良い方法です。

 

親しい同僚でも良いですが、一番良いのは直属の上司が

 

ベストです。

 

 

 

自分はこういう病気がある。

 

そう正直に話す事で、よほどの人でない限り理解してくれる

 

人は自分が思っているより多いと思います。

 

 

 

人に言えない事を自分には正直に話してくれたという気持ちが

 

芽生えて、自分が理解してあげなければいけないという人間の

 

心理も働きます。

 

無理せずうまく味方を作り、安心して出社できる環境を

 

作る事も大切です。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法